メインメニューを開く

八木治郎ショー・いい朝8時』(やぎじろうショー いいあさはちじ)は、1980年10月4日から1983年4月16日まで、TBS系列で生放送されていた毎日放送制作のワイドショー情報番組である。放送時間は毎週土曜 8:00 - 9:24 (JST) 。

八木治郎ショー・いい朝8時
MBS Senrioka Broadcasting Center.JPG
番組の生放送が行われていた
毎日放送千里丘放送センター(現在は解体)
ジャンル ワイドショー
出演者 八木治郎
浜美枝
うつみ宮土理
野村啓司
オール阪神・巨人
ほか
オープニング T-BIRD「モーニング・ライフ」
プロデューサー 大北禎昭
制作 毎日放送
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1980年10月4日 - 1983年4月16日
放送時間 土曜 8:00 - 9:25
放送枠 毎日放送制作土曜朝のワイドショー
放送分 85分
テンプレートを表示

目次

概要編集

八木治郎が司会を務めた番組で、毎週芸能人やその他著名人をゲストに迎えてトークをしていた。元々は1970年1月から土曜8:30枠で放送されていた『八木治郎ショー』をリニューアルした番組で、トーク番組へ路線変更していった同番組末期の内容を引き継いでいた。オープニングタイトルも、同番組末期から使われていた女子大生のランニングシーンを引き継いだものだった。初期においては、オール阪神・巨人が一週間に起こった時事問題を振り返る漫才で始まり、最後に「八木治郎ショー・いい朝8時スタート!」とタイトルコールをしていた。

1982年4月3日の放送では、当日からネットを開始した、南日本放送の地元、鹿児島から生放送された。[1]

1983年4月2日の放送から、当時フジテレビ系列で放送されていたワイドショー『3時のあなた[2]で水曜日の司会を務めていたうつみ宮土理が司会に抜擢されたが、直後の4月18日に八木が出張先の福岡県福岡市内で急逝したため、番組は同タイトルでの放送を終了した。同年5月7日にスタートした後継番組『すてきな出逢い いい朝8時』では、『八木治郎ショー』から13年間使われてきた八木の名が外され、八木が亡くなった週の4月23日にも番組の放送が行われたが、その回では番組タイトルはそのままに、「追悼!八木治郎さん、おつかれさま」というサブタイトルでの追悼企画が行われた。ゲストとして八木の妻の八木一子と元NHKアナウンサーで八木と同期の小川宏が出演した。尚、うつみは後継番組『すてきな出逢い いい朝8時』でも司会を続投し、2001年9月の番組終了まで務め上げた。

出演者編集

司会編集

その他の主な出演者編集

スタッフ編集

ネット局編集

脚注編集

  1. ^ 出典、1982年4月3日付南日本新聞テレビ欄より
  2. ^ 近畿地区は関西テレビで放送。
  3. ^ 1983年4月2日にフジテレビ系フルネット局にネットチェンジしたため打ち切り。打ち切り後は『DOサタデー』(関西テレビ制作、現在の『にじいろジーン』枠)に切り替えた。なお、福島県での毎日放送制作による土曜朝のワイドショーは、1983年12月4日テレビユー福島が開局した後に『すてきな出逢い いい朝8時』から8か月ぶりに再開した。
  4. ^ 1982年3月27日までは『おはようワイド・土曜の朝に』をネットしていた。出典、1982年4月3日付南日本新聞。
  5. ^ 『おはようワイド・土曜の朝に』を1981年3月28日まで打ち切ってこの番組のネットに切り替えた。
毎日放送 土曜朝のワイドショー
前番組 番組名 次番組
八木治郎ショー・いい朝8時
(1980年10月 - 1983年4月)
TBS系列 土曜朝のワイドショー
日本列島8時です
※8:00 - 8:30
八木治郎ショー
※8:30 - 9:30
八木治郎ショー・いい朝8時
(1980年10月 - 1983年4月)
すてきな出逢い いい朝8時