加奈崎 芳太郎(かなざき よしたろう、1949年2月9日 - )は、北海道出身のシンガーソングライター。本名は金崎芳樹[1]。現在は長野県諏訪市在住。フォークグループ・古井戸の元メンバーで、現在はソロで活動。ブルースを基調にした骨太な音楽性と、声量豊かなボーカルが特色。レイ・チャールズから強く影響を受け、自らのボーカリストとしての「心の大師匠」としている[2]。 海援隊結成後間もない武田鉄矢に食事を奢ったり、コンサートで地方に回った際にも武田にお土産をせがまれるなど、実質的な援助をしていたというエピソードがある。(武田鉄矢著・ふられ虫の唄にその旨の記載がある)

加奈崎 芳太郎
出生名 金崎 芳樹
生誕 (1949-02-09) 1949年2月9日(73歳)
出身地 日本の旗 日本北海道
学歴 東京写真大学除籍
ジャンル フォーク
ロック
職業 ボーカリスト
シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 1970年 -
レーベル エレックレコード(古井戸)
CBSソニー(古井戸)
キティレコード(古井戸)
ワーナー・パイオニア
トランジスターレコード
日本コロムビア
ホルモンタンクレコード
カナーキーレコード
共同作業者 古井戸
仲井戸麗市
生田敬太郎
忌野清志郎
小林和生
坂出雅海
栗山豊二
斉藤剛
新井田耕造
チコヒゲ
橋本はじめ
中西康晴
IMAIKE ACCIDENTS
公式サイト 加奈崎芳太郎ホームページ

経歴編集

  • 1970年 - ソロ活動を経て、仲井戸麗市・奥津光洋・神戸寿と4人組のフォークグループ「古井戸」を結成。また、この頃泉谷しげるRCサクセションとも出会い、以後行動を共にすることが多かった。
  • 1971年 - 仲井戸との2人編成となり、エレックレコードより『唄の市第一集』(オムニバス)にてデビュー。
  • 1972年 - 3月、1stアルバム「古井戸の世界」を発表。6月、シングル「さなえちゃん」がヒット。
  • 1979年 - 1月、ソロ1stアルバム「愛がもしすべてなら…」を発表。11月、久保講堂にて「古井戸解散コンサート」を行う。
  • 1984年 - 生田敬太郎と「K2ユニット」を結成(翌年解散)
  • 1987年 - 坂出雅海、栗山豊二、GOとともに、「加奈崎ユニット」結成。
  • 1991年 - 小林和生と「芳林」を結成。
  • 1992年 - 小林和生、新井田耕造とともに、「加奈崎芳太郎トリオ」結成。
  • 1994年 - 竹中直人監督の映画「119」のサウンドトラックを、忌野清志郎とともに担当。日本アカデミー賞音楽賞を受賞。
  • 1997年 - GO、坂出雅海、CHICO-HIGEとともに、「Grand Arm」結成。
  • 1999年 - 12月、渋谷ジァン・ジァンでの最終ソロライブを行う。
  • 2000年 - 2月、渋谷ジァン・ジァンの閉館ライブを機に、橋本はじめと「古井戸2000」を結成。
  • 2014年 - 8月、信州・諏訪を拠点とするエルシーブイFM769で「加奈崎芳太郎のDig it」の放送開始。
  • 2015年 - 9月、渋谷公会堂での仲井戸のデビュー45周年記念ライブ『MY NAME IS CHABO』で古井戸解散以来36年振りに仲井戸と共演する。10月、長野・諏訪市文化センターと東京・東京キネマ倶楽部で「古井戸『再会』」ライブを行った。
  • 2017年 - 5月、名古屋を中心に活躍する、森真人(g,vo)Shinox(psg)中里祥己(b)坂田こうじ(dr)と「加奈崎芳太郎 with IMAIKE ACCIDENTS」を結成。
  • 2018年 - 11月、ファーストCD「加奈崎芳太郎 with IMAIKE ACCIDENTS」発売。
  • 2019年 - 9月、LCVFM「加奈崎芳太郎のDig it」の書籍化作品『キッス・オブ・ライフ—ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)を刊行。

作品リスト編集

※ 古井戸時代は、「古井戸#ディスコグラフィー」を参照。

シングル編集

発売日 規格 規格品番 タイトル 作詞 作曲 編曲
ワーナー・パイオニア
1979年1月25日 EP L-260 A 女よ泣くな 門谷憲二 忌野清志郎

加奈崎芳太郎

徳武弘文
B 波止場
1979年4月 EP L-269 A ムーンライトシネマハウス 康珍化 亀井登志夫 徳武弘文
B 明日のジョーになれなくても 門谷憲二 加奈崎芳太郎
1979年9月 EP L-308 A 港のふたり 岡本おさみ 鈴木キサブロー
B 陽炎 門谷憲二 加奈崎芳太郎 徳武弘文

アルバム編集

オリジナル・アルバム編集

発売日 規格 規格品番 タイトル
ワーナー・パイオニア
1979年1月25日 LP L-10141 愛がもしすべてなら…
2012年5月23日 CD WQCQ-361
1979年9月25日 LP L-10158 風の生き方
2012年5月23日 CD WQCQ-362
1983年5月28日 LP L-12543 12th fret
2012年5月23日 CD WQCQ-363
トランジスタレコード
1991年10月21日 CD TRCO-3201 Kiss of Life
日本コロムビア
1999年2月20日 CD COCP-50038 さらば東京
カナーキーレコード
2002年6月15日 CD K-ANARCHY-0001 レッツ・ゴー・アンダーグラウンド
ポニーキャニオン
2009年2月18日 CD PCCA-02861 Piano-Forte
2013年5月5日 配信

ライブ・アルバム編集

発売日 規格 規格品番 タイトル
ホルモンタンクレコード
2002年3月15日 CD HTCA-5 1999.12.22 JeanJean Last Solo Night

加奈崎芳太郎トリオ名義

  • SING YOUR LIFE(1995年9月15日)
  • 冬の夜の深さについて(1995年12月1日)
  • Songs,1995(2015年10月21日)
    • 「SING YOUR LIFE」、「冬の夜の深さについて」を2in1にし、「さらば東京」のデモ音源をボーナス・トラックとして収録。

Grand Arm名義

  • 海賊盤 -Live '97~'98-(2000年2月20日)

古井戸2000名義

  • 古井戸2000(2000年9月30日)

加奈崎UNIT名義

  • 青空(2004年11月1日)

加奈崎芳太郎 with IMAIKE ACCIDENTS名義

  • 加奈崎芳太郎 with IMAIKE ACCIDENTS(2018年11月)

デモテープ編集

  • DEMO TAPE(1990年11月)
  • DEMO TAPEⅡ(1993年11月13日)
  • DEMO TAPEⅢ(1996年6月2日)
  • DEMO TAPEⅢファンクラブ限定版(2000年)

ラジオ番組編集

  • 加奈崎芳太郎のDig it(エルシーブイFM769、2014年8月12日~2015年10月27日)
  • 加奈崎芳太郎のDig it Season2(エルシーブイFM769、2018年8月2日~)

著書編集

  • 『加奈崎芳太郎 全仕事集('62~'94)「自我像」瞬間の連続』(発行:フリー=加奈崎クラブ、1994年9月刊)
  • 『ぼくの好きなキヨシロー』泉谷しげるとの共著(WAVE出版、2009年10月刊、ISBN 4872904362
  • 『キッス・オブ・ライフ—ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店、2019年9月刊、ISBN 4903145697

脚注編集

  1. ^ 『加奈崎芳太郎 全仕事集('62~'94)「自我像」瞬間の連続』
  2. ^ エルシーブイFM『加奈崎芳太郎のDig it シーズン1』第26回「レイ・チャールズ特集」(2015年2月4日放送)

外部リンク編集