メインメニューを開く

千葉県道・茨城県道46号野田牛久線

日本の千葉県と茨城県の道路

千葉県道・茨城県道46号野田牛久線(ちばけんどう・いばらきけんどう46ごう のだうしくせん)は、千葉県野田市を起点とし、茨城県牛久市を終点とする県道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
千葉県道46号標識
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
茨城県道46号標識
千葉県道46号 野田牛久線
茨城県道46号 野田牛久線
主要地方道 野田牛久線
制定年 1994年4月1日
起点 千葉県野田市野田【地図
主な
経由都市
千葉県 柏市
茨城県 守谷市つくばみらい市龍ケ崎市
終点 茨城県牛久市田宮町【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0016.svg 国道16号
Japanese National Route Sign 0294.svg 国道294号
Japanese National Route Sign 0006.svg 国道6号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

千葉県野田市野田の野田市下町交差点を起点として東方向へ向かい利根川を越えて、茨城県守谷市街地、つくばみらい市を経て、牛久市田宮(たぐう)町の国道6号・田宮跨線橋西交差点を終点とする東西に延びる主要地方道である。野田市内で千葉県道7号我孫子関宿線と一部重複して、野田市瀬戸の県道我孫子関宿線より分岐して利根川を越え茨城県守谷市へ向かうが、県境の利根川渡河区間は橋梁が無い未開通区間である。現道に並行してつくばエクスプレスの側道として整備が進められている都市軸道路が、千葉県柏市柏たなか駅付近から茨城県つくばみらい市みらい平駅付近まで、本県道のバイパス路線に指定されている。

路線データ編集

  • 起点:千葉県野田市野田 野田市下町交差点
  • 終点:茨城県牛久市田宮町字上宿35番1地先(国道6号交点=田宮跨線橋西交差点)[1]
  • 総延長:*.* km(千葉県区間:*.* km、茨城県区間:32.150 km[2]
  • 重用延長:*.* km(千葉県区間:*.* km、茨城県区間:0.214 km[2]
  • 未供用延長:なし(千葉県区間:*.* km、茨城県区間:0.0 km[2]
  • 実延長:*.* km(千葉県区間:*.* km、茨城県区間:31.936 km[2]
  • 自動車交通不能区間延長[注釈 1]:なし(千葉県区間:*.* km、茨城県区間:0.0 km[2]

歴史編集

1994年(平成6年)4月1日、それまでの県道牛久守谷線(整理番号54)と県道野田守谷線(整理番号284)の2路線を廃止[3]・統合して、新たに起点を千葉県野田市、終点を茨城県牛久市とする主要地方道野田牛久線(整理番号72)として路線認定された[4]。翌1995年(平成7年)に茨城県道の路線再編に伴って整理番号46となり現在に至る[5]

年表編集

  • 1959年昭和34年)10月14日:前々身にあたる県道小張牛久線(伊奈村小張 - 牛久町田宮、図面対照番号223)、県道野田守谷線(千葉県野田 - 茨城県守谷町守谷、図面対照番号228)が路線認定[6]
  • 1977年(昭和52年)2月14日
    • 前身にあたる主要地方道牛久守谷線(稲敷郡牛久町 - 北相馬郡守谷町、整理番号54)が路線認定される[7]
    • 同時に、前々身にあたる県道小張牛久線(筑波郡伊奈村大字小張 - 稲敷郡牛久町、整理番号279)が廃止される[8]
  • 1993年(平成5年)5月11日 - 建設省から、県道牛久守谷線・県道野田守谷線の一部が野田牛久線として主要地方道に指定される[9]
  • 1994年(平成6年)4月1日
    • 茨城県区間において、野田牛久線(整理番号72)として県道路線認定[4]
    • 道路の区域は、北相馬郡守谷町大字野木崎県界から牛久市田宮町国道6号交点までに決定する[10]
  • 1995年(平成7年)3月30日:茨城県区間において、整理番号が整理番号72から現在の番号(整理番号46)に変更される[5]
  • 2000年(平成12年)
    • 2月10日筑波郡伊奈町大字板橋地内のバイパス(1.38 km)を新設する道路区域が決定する [11]
    • 7月17日:守谷町大字野木崎 - 同町大字大柏まで都市軸道路の道路区域(680 m)が決定する[12]
  • 2003年(平成15年)3月20日:筑波郡谷和原村大字東楢戸 - 同郡伊奈町大字板橋のバイパス(2.373 km)を新設する道路区域が決定する[13]
  • 2004年(平成16年)
    • 3月18日:牛久市田宮町地内のバイパス(0.831 km)を新設する道路区域が決定する[14]
    • 3月22日:守谷市緑 - 同市百合ケ丘の区間が、通行する車両の高さの最高限度4.1 mの道路に指定される[15]
  • 2005年(平成17年)
    • 8月6日:谷和原村大字東楢戸(みらい平駅周辺、現・陽光台地内)の新道の一部(約0.5 km)が開通する [16]
    • 8月17日守谷市大字大柏(天神北交差点) - 同市大字松並の都市軸道路の一部(約2.4 km)が開通。守谷トンネル暫定2車線供用開始[17]。。
  • 2006年(平成18年)8月28日:守谷市大字百合ヶ丘2丁目 - 同市大字ひがし野1丁目(法花坊交差点)間、守谷トンネルを4車線化供用開始[18]
  • 2008年(平成20年)3月27日つくばみらい市板橋 - 同市南太田のバイパス(約0.8 km)が開通する [19]
  • 2010年(平成22年)3月25日
    • 守谷市大字大柏(大柏交差点 - 天神北交差点)の都市軸道路の一部(約0.6 km)が開通する[20]
    • 守谷市大字松並 - つくばみらい市大字成瀬(成瀬交差点)の都市軸道路の一部(約2.9 km)が開通する[21]
  • 2011年(平成23年)1月11日:守谷市大字大柏(大柏南交差点 - 大柏交差点)の都市軸道路の一部(約0.5 km)が開通する [22]
  • 2012年(平成24年)7月25日:牛久市田宮町字班離 - 同市田宮町字上宿(国道6号)の都市計画道路 田宮中柏田線の一部区間(320 m)が開通する [23]
  • 2013年(平成25年)4月9日:つくばみらい市成瀬 - 東楢戸(みらい平地区)の都市軸道路の一部区間(約2.1 km)が開通[24]
  • 2015年(平成27年)12月24日:終点側のバイパス(都市計画道路 田宮中柏田線:825 m)が開通する[25][26]
  • 2016年(平成28年)1月14日:終点付近の牛久市田宮町の旧道(762 m)が県道指定解除され、牛久市道に降格[1]

路線状況編集

道路法の規定に基づき、守谷市大柏(守谷SA) - つくばみらい市陽光台(一般県道東楢戸真瀬線交差)間と、守谷市立沢(守谷市役所) - 同市百合ヶ丘(北園交差点)間および、つくばみらい市豊体(一般県道常総取手線交差) - 牛久市田宮町(田宮町交差点)間は、緊急輸送道路として機能を維持するため、災害発生時の被害拡大防止を目的に道路用地内に電柱を建てることが制限されている[27]

通称・バイパス編集

  • 都市軸道路
    つくばエクスプレスに並行して整備されるいわゆる都市軸道路の一部(柏市小青田 - つくばみらい市陽光台)が、野田牛久線の一部として整備されている。このうち利根川橋梁と小貝川橋梁は鉄道と道路が橋脚を共有する。
都市軸道路は野田牛久線現道のバイパスとして明確に位置づけられているわけではないが、これの整備に伴い、みらい平地区から国道294号までは異なる2本の「茨城県道46号」が存在することになる。また、国道294号以西では野田牛久線現道のほか都市軸道路に隣接する道路も県道46号に指定されており、既存の野田牛久線、都市軸道路、および都市軸道路に並行する既存街路とその旧道とで、地図上に最大4本の「県道46号」が並行する区間もある。
  • 都市計画道路 田宮中柏田線
    牛久市内の国道6号、主要地方道野田牛久線、一般県道谷田部牛久線が合流する変則交差点(田宮町交差点)の慢性的な交通渋滞の緩和を目的に、昭和43年度に都市計画決定された道路で、国道6号以西の825 m区間が、県道野田牛久線現道の終点付近のバイパスとなる[28]。2012年(平成24年)7月、国道6号・田宮跨線橋西交差点側の320 m区間を部分供用し[23][28]、2015年(平成27年)12月24日に残存区間の供用をもって全線開通した[25]

重複区間編集

道路施設編集

  • 船戸橋(利根運河、千葉県柏市船戸)
  • 開成橋(大野川、茨城県守谷市野木崎)
  • 大柏橋(常磐自動車道、守谷市大柏)
  • 守谷トンネル(守谷市中央)
    守谷駅の真下の地下を通る都市軸道路のトンネル。延長740 m、内空断面幅9.2 m(片側2車線)、高さ5.35 m、現場打鉄筋コンクリートボックスカルバート構造。
  • 野木崎橋(常磐自動車道、守谷市立沢)
  • 常総橋(小貝川、守谷市 - つくばみらい市境)
  • 大橋(中通川、つくばみらい市市野深)
  • 上岩崎橋(西谷田川、龍ケ崎市庄兵衛新田町)
  • 茎崎橋(龍ケ崎市庄兵衛新田町)
    牛久沼に注ぐ谷田川に架かる橋で、茎崎橋東詰はつくば市森の里交差点、西詰は同市茎崎に通じる。現橋は、1980年(昭和55年)に旧橋から架け替えられたもので、同2月1日に供用された[29]

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

 
守谷市緑一・二丁目
 
茨城県道46号野田牛久線
つくばみらい市市野深(2013年6月)
 
茨城県道46号野田牛久線・都市軸道路
つくばみらい市成瀬(2014年4月)

沿線にある施設など編集

出典編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 幅員、曲線半径、こう配その他道路の状況により最大積載4トンの普通貨物自動車が通行できない区間。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 道路の区域の変更(平成28年1月14日 茨城県告示第68号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2758号: p. 23, (2016年1月14日) 
  2. ^ a b c d e 『茨城県道路現況調書』平成26年4月1日現在
  3. ^ 県道路線認定に関する告示(平成6年4月1日 茨城県告示第488号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 号外第49号: p. 7, (1994年4月1日) 
  4. ^ a b 県道路線認定に関する告示(平成6年4月1日 茨城県告示第487号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 号外第49号: pp. 7 - 8, (1994年4月1日) 
  5. ^ a b 県道の路線名および整理番号の変更(平成7年3月30日 茨城県告示第436号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第637号: pp. 8 - 12, (1995年3月30日) 
  6. ^ 県道路線認定(昭和三十四年十月十四日 茨城県告示第九百一号) (PDF) ,茨城県報 号外(1959年(昭和34年)10月14日)より
  7. ^ 県道路線の認定(昭和52年2月14日 茨城県告示149号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第6502号: pp.5 - 7, (1977年2月14日) 
  8. ^ 県道路線の廃止(昭和52年2月14日 茨城県告示149号の2) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第6502号: pp.7 - 9, (1977年2月14日) 
  9. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  10. ^ a b 道路の区域の決定(平成6年4月1日 茨城県告示第490号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 号外第49号: p. 12, (1994年4月1日) 
  11. ^ 道路の区域の変更(平成12年2月10日 茨城県告示第152号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1133号: pp. 14 - 15, (2000年2月10日) 
  12. ^ 道路の区域の変更(平成12年7月17日 茨城県告示第868号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1177号: pp. 7 - 8, (2000年7月17日) 
  13. ^ 道路の区域の変更(平成15年3月20日 茨城県告示第391号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1450号: pp. 5 - 6, (2003年3月20日) 
  14. ^ 道路の区域の変更(平成16年3月18日 茨城県告示第384号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1552号: pp. 9 - 10, (2004年3月18日) 
  15. ^ 車両制限令の規定の基づく道路の指定(平成16年3月15日 茨城県告示第371号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1551号: pp. 9 - 14, (2004年3月15日) 
  16. ^ 道路の供用の開始(平成17年8月4日 茨城県告示第960号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1694号: p. 13, (2005年8月4日) 
  17. ^ 道路の供用の開始(平成17年8月11日 茨城県告示第1004号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1696号: p. 22, (2005年8月11日) 
  18. ^ 道路の供用の開始(平成18年7月31日 茨城県告示第879号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1794号: p. 5, (2006年7月31日) 
  19. ^ 道路の供用の開始(平成20年3月13日 茨城県告示第320号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第1959号: p. 16, (2008年3月27日) 
  20. ^ 道路の供用の開始(平成22年3月23日 茨城県告示第307号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2165号: p. 13, (2010年3月23日) 
  21. ^ 道路の供用の開始(平成22年3月25日 茨城県告示第363号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2166号: p. 26, (2010年3月25日) 
  22. ^ 道路の供用の開始(平成23年1月11日 茨城県告示第25号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2247号: p. 8, (2011年1月11日) 
  23. ^ a b 道路の供用の開始(平成24年7月23日 茨城県告示第848号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2404号: p. 4, (2012年7月23日) 
  24. ^ 道路の供用の開始(平成25年3月28日 茨城県告示第296号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2473号: pp. 13 - 14, (2013年3月28日) 
  25. ^ a b 竜ケ崎工事事務所 (2015年12月28日). “都市計画道路 田宮中柏田線が開通しました”. 茨城県ホームページ. 茨城県. 2016年1月4日閲覧。
  26. ^ 道路の供用の開始(平成27年12月14日 茨城県告示第1526・1527号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第2750号: pp. 4 - 5, (2015年12月14日) 
  27. ^ 道路の占用を制限する区域の指定(平成30年3月19日 茨城県告示第299号) (PDF)”, 茨城県報 第2980号: pp. 18–28, (2018年3月19日) 
  28. ^ a b 竜ケ崎工事事務所 (2015年3月4日). “都市計画道路 田宮中柏田線整備事業”. 茨城県ホームページ. 茨城県. 2016年1月8日閲覧。
  29. ^ 道路区域の変更・道路の供用開始(昭和55年1月31日 茨城県告示133・134号) (PDF)”, 茨城県報 (茨城県) 第6804号: pp. 4–5, (1980年1月31日) 

参考文献編集

  • 茨城県土木部『『茨城県道路現況調書』平成26年4月1日現在』(レポート)、茨城県、5頁。

関連項目編集

外部リンク編集