メインメニューを開く
日本 > 秋田県 > 秋田市 > 南通 (秋田市)

南通(みなみどおり)は、秋田市中心部の地区(広域地名)。1967年(昭和42年)5月1日に行われた住居表示実施の際に新しく作られた地名である。人口は4,049人(2011年5月1日現在、住民基本台帳人口調査による[1])。

地理編集

秋田市の中央部に位置する。東をJR羽越本線、北を南大通り(秋田市道)、西を旭川、南を楢山広小路(秋田市道。但し南通宮田には貫通していないため別の市道が南端)に囲まれた範囲で、「南通」の名は町名整理前からこの地域を「南通」と通称していたことに由来する[1]。東は東通、南東・南は楢山、西は大町、北は中通に隣接する。

以下の4町からなる。

南通亀の町(みなみどおりかめのちょう)
郵便番号は010-0011。旧町名の「亀ノ丁」から命名された[1]。南通地区の西端で、東は南通みその町、南は楢山南中町楢山登町、西は大町六丁目、北は中通五丁目に隣接する。旭川に沿う秋田県道28号秋田岩見船岡線は有楽町通りと通称され、川反繁華街の南の延長として映画館料亭などが立ち並んでいた[1]が、近年は衰退が著しい。その他、北端の南大通りや南端の楢山広小路沿いなどが商店街となっており、区画内部は住宅地である[1]
南通築地(みなみどおりつきじ)
郵便番号は010-0013。旧町名の「築地」から命名された[1]。東は南通宮田、南は楢山佐竹町楢山本町、西は南通みその町、北は中通六丁目に隣接する。南大通りや楢山広小路沿いは商店街で、その他は武家屋敷の面影を残した住宅地である[1]
南通みその町(みなみどおりみそのちょう)
郵便番号は010-0012。聖霊学園の「聖」「園」を取った「聖園」(みその)から命名された[2]。東は南通築地、南は楢山本町、西は南通亀の町、北は中通六丁目に隣接する。北部に中通総合病院が、中部に聖霊女子短期大学付属高等学校及び付属幼稚園がある。南大通りと楢山広小路に商店が並び、その他は住宅地である[2]
南通宮田(みなみどおりみやた)
郵便番号は010-0014。旧字名の「宮田」から命名された[3]。南通地区の東端で、羽越本線と大堰端(秋田市道)に東西を挟まれた南北に細長い区画[3]。東は東通観音前東通館ノ越、南東は楢山大元町楢山金照町、南は楢山愛宕下楢山字寺小路・楢山古川新町、西は楢山佐竹町・南通築地、北は中通七丁目に隣接する。中部に秋田市立秋田南中学校があり、その裏手や北部にJR東日本社宅が立ち並ぶ。北端の南大通りは明田地下道で奥羽本線・羽越本線を潜り東通へと抜けているが、かつては100mほど南にあった明田踏切が使われており、「開かずの踏切」として知られていた。

河川編集

歴史編集

久保田藩佐竹氏の居城であった久保田城の城下町のうち、中級上位の家臣が在した亀ノ町廓[4]とそれに付随する亀ノ町外張[5]、小禄の家臣が在した外廓の長野下・築地[6][7]、更に農村部であった楢山村の一部を合わせた範囲に相当する。

亀ノ町廓は元和7年(1621年)に町割された[4]中通廓に続く本城正面の要地で、北を中通との境である殻堀、東を上堀、南東から南を下堀、西を旭川に囲まれていた[4]。これらの堀は旭川以外は現存しないが、道路線形に名残を留める(例えば中通六丁目郵便局の150mほど西、南大通りが屈曲する交差点から南西へ延びる道とその1本東の道は上堀跡に沿った道で、南端で接続する楢山広小路がそこでクランクになっているのは廓の出入口の一つ楢山口の跡だからである)。

長野下は長野町(現在の中通二丁目・四丁目・六丁目の各東部)の台地下を意味すると考えられ、延宝元年(1673年)以降に町割された中級・小禄の家臣が居住した町である[6]。元治元年(1864年)8月に、北東端(長野下新町)の一部侍屋敷とその裏の長沼を埋め立てて藩の砲術所を設置し、西洋砲術の教練が行われた[8]

築地は名の通りの埋立地で、延宝元年(1673年)に長野下に続いて町割が行われた[7]富士山の土を舟で運んで埋めたとされ、低湿地のため開発が遅れ、明治以降にも富士山からの土盛りが繰り返し行われたという[9]

沿革編集

町名の変遷編集

以下はすべて住居表示実施に伴う変更である。

実施後 実施年月日 実施前
南通亀の町 昭和42年5月1日 亀ノ丁新町(一部)
かめのちょうしんまち
亀ノ丁西土手町(一部)
かめのちょうにしどてまち
亀ノ丁東土手町(一部)
かめのちょうひがしどてまち
亀ノ丁堀反新町
かめのちょうほりばたしんまち
亀ノ丁本新町(一部)
かめのちょうもとしんまち
田町(一部)
たまち
中亀ノ丁上町
なかかめのちょうかみちょう
中亀ノ丁末町(一部)
なかかめのちょうすえちょう
楢山虎ノ口新町(一部)
ならやまとらのくちしんまち
楢山本新町下丁(一部)
ならやまもとしんまちしもちょう
南通築地 昭和42年5月1日 亀ノ丁新町(一部)
かめのちょうしんまち
築地上本町
つきじかみほんちょう
築地北町(一部)
つきじきたちょう
築地窪町
つきじくぼちょう
築地下東丁(一部)
つきじしもひがしちょう
築地下本町
つきじしもほんちょう
築地中町(一部)
つきじなかちょう
築地東上町
つきじひがしかみちょう
築地南横丁
つきじみなみよこちょう
築地四ツ辻
つきじよつじ
長野下新町(一部)
ながのしたしんまち
長野下新町末南丁
ながのしたしんまちすえみなみちょう
長野下新町東丁(一部)
ながのしたしんまちひがしちょう
長野下新町南丁
ながのしたしんまちみなみちょう
長野下新町南横丁(一部)
ながのしたしんまちみなみよこちょう
楢山上本町(一部)
ならやまかみほんちょう
楢山中町(一部)
ならやまなかちょう
楢山本新町上丁(一部)
ならやまもとしんまちかみちょう
南通みその町 昭和42年5月1日 亀ノ丁新町(一部)
かめのちょうしんまち
亀ノ丁本新町(一部)
かめのちょうもとしんまち
築地中町(一部)
つきじなかちょう
築地西町
つきじにしちょう
長野下新町末南丁
ながのしたしんまちすえみなみちょう
楢山中町(一部)
ならやまなかちょう
楢山本町下丁(一部)
ならやまほんちょうしもちょう
楢山本新町上丁(一部)
ならやまもとしんまちかみちょう
楢山本新町下丁(一部)
ならやまもとしんまちしもちょう
南通宮田 昭和42年5月1日 築地北町(一部)
つきじきたちょう
長野下新町(一部)
ながのしたしんまち
長野下新町東丁(一部)
ながのしたしんまちひがしちょう
長野下新町南横丁(一部)
ながのしたしんまちみなみよこちょう
楢山字観音前(一部)
ならやま あざかんのんまえ
楢山字楢山(一部)
ならやま あざならやま
楢山字宮田(一部)
ならやま あざみやた
楢山桝取町
ならやまますとりまち

交通編集

鉄道編集

南通宮田の東端がJR東日本羽越本線となっているが、駅はない。しかし秋田駅が至近である。

バス編集

  • 秋田中央交通
    • 《楢山大回り線》 - 築地北丁 - 築地下丁 - 楢山本町 -
    • 《桜ガ丘線、明田・築地経由ノースアジア大学線》 - 築地下丁 - 築地北丁 -
    • 《牛島・茨島環状線など》 - 楢山広小路 - 有楽町 -
    • 《駅東線の一部》 中通七丁目 - 南大通り・中通病院前 - 中通六丁目郵便局前 - 五丁目橋 -

道路編集

施設編集

 
ドジャース楢山店
 
聖霊女子短期大学付属高等学校
 
秋田楢山郵便局

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 「角川日本地名大辞典 5 秋田県」p.729。
  2. ^ a b 「角川日本地名大辞典 5 秋田県」pp.729-730。
  3. ^ a b 「角川日本地名大辞典 5 秋田県」p.730。
  4. ^ a b c 「図説 久保田城下町の歴史」p.74。
  5. ^ 「図説 久保田城下町の歴史」p.75。
  6. ^ a b 「図説 久保田城下町の歴史」p.80。
  7. ^ a b 「図説 久保田城下町の歴史」p.81。
  8. ^ 「図説 久保田城下町の歴史」pp.80-81。
  9. ^ 「図説 久保田城下町の歴史」pp.81-82。
  10. ^ 広報あきたNo.0806 明田地下道四月一日に待望の開通 車の流れがスムーズになります
  11. ^ 広報あきたNo.0808 四月一日、喜びの開通

外部リンク編集