原文良

原 文良(はら ふんよし、1919年 - )は日本映画照明技師栃木県出身。

経歴編集

日本郵船の船乗りとして5年半欧州サンフランシスコ南米航路を周る。その後微兵され、通信役務で電気関係に詳しくなる。終戦後は運送会社に勤務するが東宝撮影所にライトを運送したのがきっかけで1947年に照明部に移籍する。1954年に岸田九一郎の補佐として特撮映画の照明助手となる。1967年に照明技師に昇進。1971年に退社。

映画編集