メインメニューを開く

原田 恭明(はらだ やすあき、1959年[1] - )は日本の美術監督愛知県豊田市出身[1]

日本大学藝術学部を卒業し、フリーの美術助手として東宝東映日活等で映画製作に従事。1987年中原俊監督『シャコタン☆ブギ』で美術デザイナーとしてデビュー。その後、美術助手として多くの映画美術に参加。1992年に井筒和幸監督『東方見聞録』でセットデザイナーとなる。CMでは、ソフトバンクモバイルの「白戸家シリーズ」、静岡のパチンコ新日邦「コンコルド」、UHA味覚糖「さけるグミ」、なども手掛ける。

目次

担当作品編集

映画編集

ショートフィルム編集

  • 2001年 - 山内健司監督『ボヌールハイツ』DVDマガジン「Grasshoppa!」
  • 2006年 - 山内健司監督『bunkatsu』クオークWEB限定

オリジナルビデオ編集

テレビ編集

プロモーションビデオ編集

舞台編集

  • 2004年 - 『葡萄と密会』山内健司作・演出
  • 2005年 - 『乞食と貴婦人』山内健司作・演出
  • 2006年 - 『クレブス・ペルオスの迫害と恐怖』山内ケンジ作・演出
  • 2007年 - 『若い夫のすてきな微笑み』山内ケンジ作・演出
  • 2008年 - 『新しい歌 〜tyto nove pisnicky〜』山内ケンジ作・演出
  • 2008年 - 『新しい橋 〜le pont neuf〜』山内ケンジ作・演出
  • 2009年 - 『新しい男』山内ケンジ作・演出
  • 2009年 - 『食卓ロマン』たけだあき作・演出
  • 2010年 - 『微笑の壁』山内ケンジ作・演出

脚注編集