古今亭文菊

落語協会所属の日本の落語家

古今亭 文菊(ここんてい ぶんぎく、1979年昭和54年)2月23日 - )は、落語協会所属の落語家東京都世田谷区出身。本名は宮川みやがわ 真吾しんご

古今亭ここんてい 文菊ぶんぎく
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}古今亭(ここんてい) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}文菊(ぶんぎく)
古今亭文菊定紋「裏梅」
本名 宮川みやがわ 真吾しんご
生年月日 (1979-02-23) 1979年2月23日(41歳)
出身地 日本の旗 日本東京都世田谷区
師匠 2代目古今亭圓菊
名跡 1. 古今亭菊六
(2003年 - 2012年)
2. 古今亭文菊
(2012年 - )
出囃子 関三奴
活動期間 2002年 -
活動内容 落語家
所属 落語協会
公式サイト 公式サイト
受賞歴
2008年 落語一番勝負若手落語家グランプリ
2009年 NHK新人演芸大賞
2015年 文化庁芸術祭優秀賞

出囃子は「関三奴」。(二つ目までは「浅妻船」)

略歴編集

人物編集

  • 2003年入門の同期、柳家小八三遊亭ときん鈴々舎馬るこ5代目桂三木助柳亭こみち2代目古今亭志ん五古今亭駒治柳家小平太柳家勧之助との10人で、「TEN」というユニットを組んでいた[1]
  • 十二世市川團十郎は文菊の父親と学生時代の同級生で、文菊一家とは家族ぐるみのつきあいをしていた。文菊が真打昇進の時には、二つ目昇進時に團十郎が描いた文菊の似顔絵が手ぬぐいに描かれ[2]、真打昇進披露宴の際には、体調不良で出席できなかった(一か月後に死去)師匠の圓菊の代わりに團十郎が文菊に付き添った[3]
  • 市川海老蔵(11代目)ブログにも「幼なじみの文菊君」として登場している。[4]
  • 2020年4月16日に第一子となる長男「源司」が誕生した。
  • 私服がおしゃれ。
  • 楽屋に入るとまず手を洗う。
  • 前座さんからスタッフにまで頭を下げて挨拶をする。
  • まつげが長い。
  • 最近はキャリーバッグで楽屋入りする。

出演編集

TV編集

ラジオ編集

映画編集

ウェブテレビ編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ TEN-てん-のオフィシャルブログ”. 2018年5月31日閲覧。
  2. ^ 落語家 古今亭文菊(卒業生インタビュー)”. 学習院大学. 2018年7月1日閲覧。
  3. ^ 文菊師匠真打昇進披露宴”. 「たまごの会」こーほー支援ブログ. excite blog (2012年9月9日). 2018年7月1日閲覧。
  4. ^ 文菊くん(2013.10.23)”. ABKAI 市川海老蔵ブログ. abema blog. 2018年7月1日閲覧。
  5. ^ いいとも”. 古今亭文菊のブログ. Ameba blog (2013年8月1日). 2019年5月3日閲覧。
  6. ^ 経世済民の男(第一回~第二回)高橋是清 前編・後編(「経世済民」にルビ「けいせいさいみん」が付く)”. テレビドラマデータベース. キューズ・クリエイティブ. 2019年5月3日閲覧。
  7. ^ 柳亭市馬、笑福亭仁智ら総勢12名が出演する夢の寄席が実現!『第二回ABEMA寄席』生放送決定” (日本語). ABEMA TIMES (2020年5月20日). 2020年5月23日閲覧。

外部リンク編集