演芸図鑑

演芸図鑑』(えんげいずかん)は、NHK総合テレビで放送されている演芸バラエティ番組である。

演芸図鑑
ジャンル 演芸
放送時間 日曜 5:15 - 5:45(30分)
放送期間 2011年4月10日 - 放送中
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK総合テレビ
音声 ステレオ放送
字幕 字幕放送
テンプレートを表示

目次

概要編集

日曜午後に放送されていた『笑いがいちばん』を継承する形で、放送枠を早朝に移して放送開始。日本を代表する笑芸人をナビゲーター(司会者)に迎え、図鑑のごとく、日本の演芸を視聴者に伝えるのがコンセプト。

ナビゲーターは一定期間のみ担当し、その都度番組タイトルを『○○の演芸図鑑』とする(「○○」にはナビゲーター名が入る)。当初、第1シーズンのナビゲーターには5代目立川談志が予定されていたが、体調不良のため収録前に番組を降板[1]。代わって、当初談志とのトークコーナーゲストに予定されていた3代目三遊亭圓歌(元落語協会会長)がナビゲーターを務めることになった。

演芸コーナーは公開収録。ナビゲーターは演芸コーナーには出演せず、別のスタジオで番組を進行する[2]。後半では「スペシャルトーク」と銘打ち、ゲストを迎えて対談を行う。

過去の芸人のアーカイブ映像も放送することがある[3]

各シーズンとナビゲーター編集

『演芸図鑑』歴代ナビゲーター一覧
シーズン ナビゲーター 放送期間 備考
1 3代目三遊亭圓歌 2011年4月10日 - 6月12日 落語協会最高顧問
2 桂文珍 2011年6月19日 - 9月4日 上方落語協会会員
3 春風亭小朝 2011年10月9日 - 12月11日 落語協会真打ち
4 桂三枝(現:6代桂文枝) 2011年12月18日 - 2012年3月11日 上方落語協会会長
5 3代目三遊亭圓歌 2012年4月1日 - 6月3日 通算2回目
6 桂文珍 2012年6月10日 - 8月26日 通算2回目
7 立川志らく 2012年9月30日 - 12月9日 落語立川流理事
8 4代目桂米丸 2013年1月6日 - 3月10日 落語芸術協会最高顧問
9 6代桂文枝 2013年4月7日 - 6月9日 通算2回目(「桂文枝」名義では初登板)
10 3代目柳家権太楼 2013年6月16日 - 8月18日 落語協会真打ち
11 桂文珍 2013年10月13日 - 12月22日 通算3回目
12 三遊亭小円歌 2014年1月5日 - 3月23日 落語協会所属。女性および色物からの起用は初
13 4代目柳亭市馬 2014年4月6日 - 6月8日 落語協会副会長(当時)
14 6代桂文枝 2014年7月6日 - 9月21日 通算3回目
15 柳家権太楼 2014年10月26日 - 12月28日 通算2回目
16 国本武春 2015年1月11日 - 3月29日 浪曲師では初
17 桂文珍 2015年4月5日 - 6月7日 通算4回目
18 4代目柳亭市馬 2015年7月26日 - 10月11日 通算2回目。落語協会会長
19 6代桂文枝 2015年10月18日 - 12月20日 通算4回目
20 9代目林家正蔵 2016年1月10日 - 3月27日 落語協会副会長
21 桂文珍 2016年4月10日 - 6月12日 通算5回目
22 立川志らく 2016年7月10日 - 10月23日 通算2回目
23 綾小路きみまろ 2016年10月30日 - 2017年1月8日 漫談家では初
24 9代目林家正蔵 2017年1月15日 - 3月19日 通算2回目
25 6代桂文枝 2017年4月9日 - 6月11日 通算5回目
  • 各シーズンおおむね11回前後。改編期までの調整のために、シーズン終了後、数週にわたって過去放送分の再放送を行うことがある(EPGでは「演芸図鑑・選」と題する)。
  • 2014年12月28日午後にトーク総集編「極上のはなし」を、新収録部分[4]を交えて放送。

番組の構成編集

  • オープニングトーク
白いホリゾントの中にナビゲーターが着席し、軽いトークをしてから出演者の紹介を行う。
  • 演芸コーナー
毎回2〜3組の芸人(落語漫才色物など)がネタを披露する。司会者役はおらず、ナビゲーターも(自身が一席演じる以外は)出演しない。演目が始まると経歴をテロップで表示する。
  • スペシャル対談(トークコーナー)
ナビゲーターとゲストの対談。対談は前後編に分けられ、2週続けて放送されることがほとんどである。和室のようなスタジオセットで収録される。両者ちゃぶ台をはさんで座布団に着席する。[5]

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 2011年11月21日、咽頭癌のため没した。
  2. ^ 担当シーズン最終回のみ、演芸コーナーで一席披露する。
  3. ^ お好み寄席』(放送時:NHK衛星第2)で収録された古今亭菊之丞の一席のほか、当初司会を務める予定であった立川談志の『笑いがいちばん』出演時の口演が死去後に放送された。
  4. ^ 三遊亭小円歌と佐高信の対談。
  5. ^ 女性や高齢者の場合は掘りごたつ状のセットが組まれる。小錦八十吉の回は椅子が設けられた。