プロ野球マスターズリーグ

プロ野球マスターズリーグ(プロやきゅうマスターズリーグ)は、日本プロ野球OBがプロ野球のシーズンオフに行っていた野球の興行である。現在はリーグ戦を休止している状態ではあるが、主催する事務局は活動中で、ブログ記事は定期更新されている。

プロ野球マスターズリーグ
競技 野球
代表取締役  一木良文
開始年 2001年
参加チーム 5
日本の旗 日本
最多優勝 札幌アンビシャス (3回)
公式サイト マスターズリーグ

5つのチームが組織され、それぞれ札幌市東京都名古屋市大阪市福岡市に本拠地を置いていた。委員会議長は土橋正幸、初代議長は大沢啓二最高顧問。

目次

概要編集

株式会社エンジェル(代表:一木良文)が2000年に企画・立案し、社団法人全国野球振興会(理事長:大沢啓二)に提案、同会より全面的な支持、協力を取り付ける。翌2001年、日本プロ野球OBクラブへ「プロ野球マスターズリーグ設立」企画を提案、プロ野球OBの人材活用と球界の活性化を模索していた同団体にとってタイムリーな申し出となり、「新リーグ設立」企画に賛同し人材の提供を約束することとなる。

同年4月、株式会社スカイパーフェクト・コミュニケーションズに「新リーグ設立」企画を提案、リーグ設立5つの理念(後述)に深い賛同を得てメインスポンサー契約を交わすこととなる。11月1日東京ドームで行われた東京ドリームス対札幌アンビシャス戦で開幕。

2006年より、長らく特別協賛社として名を連ねていたスカイパーフェクト・コミュニケーションズ(現・スカパーJSAT)が撤退。2007年はソフトバンクモバイルが新たに特別協賛となり、「ソフトバンクプロ野球マスターズリーグ」(大会ロゴには「Presented by SoftBank」のクレジットが入っている)の名で行われた。

しかし、2008年シーズンはソフトバンクモバイル(現・ソフトバンク)が特別協賛から撤退した為、冠スポンサーが無くなり、札幌ドーム、京セラドーム大阪、福岡Yahoo!JAPANドームでの開催が無くなったほか、地方開催の大部分を削る形で試合数が半減した。なお2008-2009年シーズンは2009年5月までに残り10試合のうち札幌戦を中心とした5試合を地方球場で行ったが、残り5試合は行われないままシーズンを終了した。なお、この年は名古屋-大阪戦は1試合も行われなかった。全チームの消化試合数が異なる(札幌8試合、東京7試合、福岡6試合、名古屋5試合、大阪4試合)ことなどから、公式な成績を確定することは見送られた。

2009-2010年シーズンは、2009年12月6日茨城県ひたちなか市民球場で、東西対抗が行われることのみが発表された[1]。肝心のリーグ戦については、11月末ぎりぎりまで開催を模索したものの、スポンサーを得ることが出来ず、「断念せざるを得ない」と発表。しかし、来季については、必ずリーグ戦を復活させ、マスターズリーグを継続していきたい、と合わせて発表している。なお、別途発表されている類似イベントである「プロ野球OBオールスターアスリートカップ」があるが、これはマスターズリーグの主催ではない。

2010-2011年シーズンは試合を開催しなかった。試合以外ではマスターズリーグが企画・運営する「野球知識検定」を2010年9月に行い、試験官はマスターズリーグ選手を中心としたプロ野球OBが務めた[2]。また2011年4月にはマスターズリーグ事務局主催による、東日本大震災被災者支援の募金イベントを実施している[3]

「野球知識検定」以降、マスターズリーグとしての活動はなく、公式ウェブサイトには、プロ野球OBによるブログ記事が定期更新されている。

理念編集

  1. 高齢化社会へ温かな励ましのメッセージを送る
  2. 野球界の底辺拡大と活性化に貢献する
  3. 地域社会の活性化と振興に貢献する
  4. 野球教室の実施により子供たちとの交流をはかるとともに、若い父母との親睦を広める
  5. 野球を文化としてとらえ、日本人社会にとって野球がもつ意義と思想を理解し、広めることに貢献する

沿革編集

2008-2009年シーズン編集

  • 2008年6月27日 今シーズンの5チーム新監督と日程を発表。
  • 2008年11月6日 不況の影響により、当初発表の試合スケジュールが組めなくなり、日程を大幅に変更する と発表。
  • 2009年 15試合で休止すると発表。

2009-2010年シーズン編集

  • 2009年10月30日 「オールイースタン vs オールウエスタン」(2009年12月6日 茨城県ひたちなか市民球場)開催を正式発表[4]
  • 2009年12月1日 今シーズンのリーグ戦開催を断念する、と発表。来シーズン(2010-2011年シーズン)は、必ずリーグ戦を復活させ、マスターズリーグを継続したい、としている。

所属チーム編集

札幌アンビシャス編集

主な選手・首脳陣編集

東京ドリームス編集

主な選手・首脳陣編集

名古屋80D'sers編集

主な選手・首脳陣編集

大阪ロマンズ編集

主な選手・首脳陣編集

福岡ドンタクズ編集

主な選手・首脳陣編集

試合方式編集

  • 延長戦は10回のみ行う。
  • 5チームの2回総当り(ホーム・アンド・アウェー方式で各1試合ずつ 1チーム8試合)の成績で順位を決定する。
  • 1チームの登録メンバーは1チーム35人(監督・コーチ含む)とし、また1試合ごとのベンチメンバーは25人。ベンチメンバーは全員出場できるものとする。
  • 指名打者選手に対する特別代走選手の出場が認められる。
  • 原則として40歳以上の選手が出場できるが、それ以下の選手についても「サポートプレーヤー」として出場できる。
    • 但し1チームでの登録は5人とし、また試合出場に関しても4回以降で1試合当たりの出場者も3人まで制限されている。
    • またサポートプレーヤーの投手は1試合最大3イニングスまでしか出場できない。指名打者・並びにそれに対する特別代走選手としての出場は出来ない。
  • シーズン中の登録メンバーの変更・他チームへの移籍は認めない。但し契約条項により大会主催者が特に認めた場合は契約解除とそれに伴うメンバーの補充登録が認められる。
  • 打者の規定打席数は20打席、投手の規定投球回数は10イニングスとする。また一般のプロ野球とは異なり、勝利投手オールスターオープン戦の勝利投手方式で、またセーブについては公式記録員の裁定によって決定する。

年度別順位編集

プロ野球マスターズリーグ年度別順位
年度 優勝 2位 3位 4位 5位
2001-2002 大阪 福岡 東京 名古屋 札幌
2002-2003 東京 福岡 名古屋 大阪 札幌
2003-2004 東京 札幌 名古屋 福岡 大阪
2004-2005 札幌 大阪 福岡 東京 名古屋
2005-2006 札幌 大阪 福岡 東京 名古屋
2006-2007 名古屋 札幌 大阪 福岡 東京
2007-2008 札幌 名古屋 東京 福岡 大阪
  • 2008-2009シーズンは消化試合数が各チームで異なるため、公式成績を確定しない。

試合会場での演出編集

  • 各試合ごとに、プロ野球中継の実況アナウンスで活躍したベテランスポーツアナウンサー(中田秀作(元文化放送石川顯(元TBSら)が場内解説を担当する。単なる試合の状況説明だけに留めず、その選手の過去の実績等の情報もアナウンスされる。初期には渡辺謙太郎(元TBS)らが務めた。
  • 選手もしくは監督が国歌斉唱をする場合もある。

リーグスポンサー編集

放送について編集

スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(現・スカパーJSAT)がメインスポンサーだった当時は、パーフェクト チョイス(現・スカチャン)にて全試合中継を行っていたが、同社の撤退後は、スカイ・A sports+J SPORTSBS-iBS日テレ他地上波ローカルいずれかで一部のカードを中継。

脚注編集

関連項目編集

  • 日本プロ野球OBクラブ
  • 茨城ゴールデンゴールズ(マスターズリーグが運営面の支援を実施)
  • 四国アイランドリーグplus(発足当時協力関係にあった)
  • 自由民主党(マスターズリーグを応援しており、試合会場では選手名鑑を兼ねた機関紙「自由民主」の特別号が配布される)
  • サンデーモーニングTBS系のテレビ番組。委員会議長であった大沢啓二が出演していたため、番組内でマスターズリーグをよく取り上げられた)
  • プロ野球審判員(マスターズリーグでは審判員もセ・パのOBが務める)
  • 杉浦忠(最優秀投手に送られる「杉浦賞」に名を残す)
  • モルツ球団
  • ランサーズ(同リーグの公式チアリーディングチーム。主にマスターズリーグのテーマソング(曲名は不明)がかかるときに踊っている)
  • 黒田紫(ランサーズ代表 日本初のプロチアリーダーで選手と同世代の現役最年長チアリーダー。公立高校英語教師)

外部リンク編集