メインメニューを開く

台湾鉄路管理局TEMU2000型電車

台湾の鉄道車両

TEMU2000型電車(ティーイーエムユー2000がたでんしゃ)は、台湾鉄路管理局(台鉄)の中長距離用車体傾斜式交流電車である。TEMU1000型電車に続く第2弾であり、東部幹線での休日を中心とした旅客輸送需要逼迫への対応と、台東線複線電化後の車両需要を見越しての導入となる。2013年より普悠瑪号(プユマごう)として営業運転に就いている。

台湾鉄路管理局TEMU2000型電車
台湾鉄路管理局TEMU2000型電車(汐止駅にて)
台湾鉄路管理局TEMU2000型電車(汐止駅にて)
基本情報
運用者 台湾鉄路管理局
製造所 日本車輌製造
製造年 2012年 - 2013年2015年
製造数 152両
運用開始 2013年2月6日
投入先 普悠瑪号
主要諸元
編成 8両編成(4M4T)
軌間 1,067 mm
電気方式 交流 25,000V 60Hz(架空電車線方式
最高運転速度 140 km/h
設計最高速度 150 km/h
車両定員 制御付随車:36
動力車:52
無動力車:48
全長 制御付随車:22,095 mm
動力車及び無動力車:20,700 mm
全幅 2,900 mm
全高 4,050 mm
主電動機 かご形三相誘導電動機
駆動方式 TD平行カルダン駆動方式
制御方式 VVVFインバータ制御
IGBT素子PWM方式)
制動装置 電力回生併用電気指令式空気ブレーキ
保安装置 ATPERTMS/ETCS Level1)
テンプレートを表示

概要編集

台湾高速鉄道の恩恵を享受する西海岸と比べて東海岸は大都市も少なく急峻な地形で、高速道路宜蘭県までしかなく、在来線鉄道も複線電化区間は花蓮駅までにとどまっていた。太魯閣号の登場で花蓮までの増発と高速化は実現したものの、花蓮以南へは客車列車や気動車列車を除いて乗り換えを強いられるなど、東部幹線の南半分である台東線沿線では高速化の要求が日増しに高まっていた。

当初は非電化のまま車体傾斜式気動車特急を導入予定であったが、台東駅までの複線電化が前倒しで決定されたことで配備の意義が薄れたため、円高要因で延期されていたTEMU1000型電車の増備分48両の入札と合わせて2010年に136両の車体傾斜式列車の入札が行われ、日本車輌製造住友商事連合が日立製作所丸紅連合を破り、総額約300億円、17編成136両を受注した。

その後2014年12月、政府交通部は当形式2編成16両を住友商事・日本車輌製造連合に発注することを決定し、2016年2月の旧正月に投入された。なお、あわせて同数のTEMU1000型も同時に追加発注される。[1]

設計編集

 
シングルアーム式パンタグラフ
 
静止形インバータ
ND-742M型台車
ND-742T型台車

この車両は、設計最高速度は150km/h、営業最高速度は140km/hとなっている。新幹線N700系電車などで採用されている台車の空気バネを利用する車体傾斜システム(傾斜角1-2度)を搭載する。TEMU1000型電車と同じくアルミニウム合金製の構体ではあるが、塗色が赤系統になり[2]、乗務員用扉の追加、中華西洋折衷の大型のTRAロゴなどの差異がみられる。

座席は台湾の佳豊機械設計工業が納入している[3]

編成編集

 
TEMU2000
← ←(逆行)斗六、彰化、樹林、台北、
宜蘭、花蓮、台東(順行)→ →
号車 1 2 3 4 5 6 7 8
パンタグラフ
形式 40TED2000
(Tc)
40TEMA2000
(M1)
45TEP2000
(T)
40TEMB2000
(M2)
40TEMB2000
(M2)
45TEP2000
(T)
40TEMA2000
(M1)
40TED2000
(Tc)
その他設備 乗, ,  [和]WC [洋]WC,児,  [和]WC,Gr [和]WC,Gr [洋]WC,児,  [和]WC 乗, , 
搭載機器   VVVF,Rc Mtr,VCB VVVF,Rc,SIV VVVF,Rc,SIV Mtr,VCB VVVF,Rc  
定員 36人 52人 48人 52人 52人 48人 52人 36人
範例

編成一覧編集

列車編成
← 斗六、彰化、樹林、台北
宜蘭、花蓮、台東 →
日本車輌製造
豊川製作所出庫日
基隆港入港日 営業運転開始日
TED2000 TEMA2000 TEP2000 TEMB2000 TEMB2000 TEP2000 TEMA2000 TED2000
第1次 1 2001 2001 2001 2002 2004 2002 2003 2002 2012年10月15日 2012年10月24日 2013年2月6日
2 2003 2005 2003 2006 2008 2004 2007 2004 2012年10月18日 2012年10月24日 2013年4月26日
第2次 3 2005 2009 2005 2010 2012 2006 2011 2006 2013年4月15日 2013年4月26日 2013年7月23日
4 2007 2013 2007 2014 2016 2008 2015 2008 2013年4月18日 2013年4月26日 2013年7月12日
第3次 5 2009 2017 2009 2018 2020 2010 2019 2010 2013年5月23日 2013年5月31日 2013年8月11日
第4次 6 2011 2021 2011 2022 2024 2012 2023 2012 2013年6月17日 2013年6月29日 2013年9月25日
7 2013 2025 2013 2026 2028 2014 2027 2014 2013年6月20日 2013年6月29日 2013年9月16日
第5次 8 2015 2029 2015 2030 2032 2016 2031 2016 2013年7月22日 2013年8月7日 2013年11月9日
9 2017 2033 2017 2034 2036 2018 2035 2018 2013年7月25日 2013年8月7日 2013年11月10日
第6次 10 2019 2037 2019 2038 2040 2020 2039 2020 2013年8月19日 2013年9月25日 2014年1月2日
11 2021 2041 2021 2042 2044 2022 2043 2022 2013年8月22日 2013年9月25日 2014年1月3日
第7次 12 2023 2045 2023 2046 2048 2024 2047 2024 2013年9月17日 2013年11月18日 -
13 2025 2049 2025 2050 2052 2026 2051 2026 2013年9月20日 2013年11月18日 -
第8次 14 2027 2053 2027 2054 2056 2028 2055 2028 2013年11月19日 2013年12月18日 -
15 2029 2057 2029 2058 2060 2030 2059 2030 2013年11月22日 2013年12月18日 -
第9次 16 2031 2061 2031 2062 2064 2032 2063 2032 2013年12月16日 2013年12月30日 -
17 2033 2065 2033 2066 2068 2034 2067 2034 2013年12月19日 2013年12月30日 -
第10次 18 2035 2069 2035 2070 2072 2036 2071 2036 2015年12月14日 ※2015年12月23日 2016年2月4日
19 2037 2073 2037 2074 2076 2038 2075 2038 2015年12月17日 ※2015年12月23日 2016年2月4日

※台中港

配備計画編集

本型式列車は、全17編成34組136両(TEMU2001+2002-TEMU2033+2034)、最初の2編成4組16両(TEMU2001+2002-TEMU2003+2004)が2012年10月落成し、2013年春節前に東部幹線での営業運転に投入された。 残りの15編成30組120両(TEMU2005+2006-TEMU2033+2034)は2014年までに随時投入となる。本形式は、東部幹線営業運転に優先投入され、台北地区と台東駅間を現行より約1時間短縮する最速3時間半程度で直通する。少数が西部幹線嘉義以北に乗り入れ、現行保有の太魯閣号48両とともに東部幹線の輸送力と速度向上・直通化に使用される予定で、喫緊の課題である座席供給不足解消に寄与するものとなる。

配備後は、東部幹線自強号の主力が車体傾斜車両(TEMU1000型、TEMU2000型)に置き換えられ、現行主力車種のDR2800型DR3100型気動車列車は、運行区間短縮または非電化区間(南迴線)への転配、一部は内湾線集集線などの支線区でのサービス向上策の一環としての区間車として運行を継続する見込みである。

名称編集

台鉄は、先代のTEMU1000型電車と同様、列車名について愛称を公募した。

この活動は2段階で進められ、第一階として2012年5月24日から6月5日全国での告知活動の結果、応募総数2214通となり、審査委員会が「山海」、「馬蘭」、「晨曦」、「豐年」、「蘭嶼」、「鐵花」、「太麻里」、「曙光」、「寶桑」、「普悠瑪」、「都蘭」、「加路蘭」、「知本」、「旭日」、「東之星」、「東之鄉」、「東方」、「東海岸」、「南島」、「紅葉」など20の候補を選出[4]し第2段階へ入った。

第2段階はインターネット投票と専門家の選考を50%ずつの比率で構成され、2012年7月5日-20日にインターネット投票では最終的に「普悠瑪(プユマ)号」が締切当日に8,778票で2位の「太麻里號」7,827票に大差をつけて採用された。[5][6]2012年7月26日、専門家の選考を経て本形式は「普悠瑪号Puyumaとは台湾原住民の種族のひとつプユマ族の言語で「団結、集中する」を意味する)」と正式に命名された。[7]

歴史編集

同日、第1編成が営業運転開始。
  • 5月23日 - 第5編成(TEMU2009+2010)が日本車輌から出庫、名古屋港へ甲種輸送され、同31日に基隆港に入港。
  • 6月17日 - 第6編成(TEMU2011+2012)が日本車輌から出庫、名古屋港へ甲種輸送される。
  • 6月20日 - 第7編成(TEMU2013+2014)が日本車輌から出庫、名古屋港へ甲種輸送される。
  • 6月29日 - 第6編成と第7編成が基隆港に入港、陸揚げ後甲種輸送される。
  • 7月12日 - 第4編成が営業運転開始。
  • 7月21日 - 第3編成が営業運転開始。
  • 7月22日 - 第8編成(TEMU2015+2016)が日本車輌から出庫、名古屋港へ甲種輸送される。
  • 7月25日 - 第9編成(TEMU2017+2018)が日本車輌から出庫、名古屋港へ甲種輸送される。
  • 8月7日 - 第8編成と第9編成が基隆港に入港、陸揚げ後甲種輸送される。
  • 8月11日 - 第5編成が営業運転開始。
  • 8月19日 - 第10編成(TEMU2019+2020)が日本車輌から出庫、名古屋港へ甲種輸送される。
  • 8月22日 - 第11編成(TEMU2021+2022)が日本車輌から出庫、名古屋港へ甲種輸送される。
  • 9月16日 - 第7編成が営業運転開始。
  • 9月17日 - 第12編成(TEMU2023+2024)が日本車輌から出庫、名古屋港へ甲種輸送される。
  • 9月20日 - 第13編成(TEMU2025+2026)が日本車輌から出庫、名古屋港へ甲種輸送される。
  • 9月25日 - 第6編成が営業運転開始。同日、第10編成と第11編成が基隆港に入港、陸揚げ後甲種輸送される。
  • 11月9日 - 第8編成が営業運転開始。
  • 11月10日 - 第9編成が営業運転開始。
  • 11月18日 - 第12編成と第13編成が基隆港に入港、陸揚げ後甲種輸送される。
  • 11月19日 - 第14編成(TEMU2027+2028)が日本車輌から出庫、名古屋港へ甲種輸送される。
  • 11月22日 - 第15編成(TEMU2029+2030)が日本車輌から出庫、名古屋港へ甲種輸送される。
  • 12月16日 - 第16編成(TEMU2031+2032)が日本車輌から出庫、名古屋港へ甲種輸送される。
  • 12月18日 - 第14編成と第15編成が基隆港に入港、陸揚げ後甲種輸送される。
  • 12月19日 - 第17編成(TEMU2033+2034)が日本車輌から出庫、名古屋港へ甲種輸送される。
  • 12月30日 - 第16編成と第17編成が基隆港に入港、陸揚げ後甲種輸送される。
  • 1月2日 - 第10編成が営業運転開始。
  • 1月3日 - 第11編成が営業運転開始。
  • 4月18日 - 台東線電化区間を試運転
  • 6月28日 - メディア・政府関係者を乗せた臨時列車が台東 - 台北間で運転され、同時に電化開業式典が行われる
  • 7月1日 - 暫定ダイヤによる台東への営業運転開始
  • 7月16日 - ダイヤ改正により台東線乗り入れが増発。
  • 12月28日 - 台湾政府交通部によりTEMU1000型及び当形式各2編成の追加発注と2015年末の投入が決定された。[21]
  • 10月15日 - ダイヤ改正により台中線及び海岸線へ乗り入れる定期列車が営業運転開始
  • 12月14日 - 第18編成(TEMU2035+2036)が日本車輌から出庫、名古屋港へ甲種輸送される。
  • 12月17日 - 第19編成(TEMU2037+2038)が日本車輌から出庫、名古屋港へ甲種輸送される。
  • 12月23日 - 第18編成と第19編成が台中港に入港、陸揚げ後台中港線経由で彰化機務段へ甲種輸送される。
  • 2月4日 - 増備車が営業運転開始[22]
  • 4月21日 - ダイヤ改正により、西部幹線(松山 - 潮州間)の定期列車に1往復投入。

エピソード編集

  • 日本からの車両陸揚げのために、廃線になっていた基隆臨港線を復活させた[23]
  • 上記の第1編成の輸送時、基隆駅構内2Bホーム通過時に床下機器が接触する軽微な事故が起きた[24]。原因は線路がホームに寄っており、線路の中心からホームまでの距離が規定より不足していたことによる。このため、台鉄は当該ホームを急遽削る応急処置で回送列車を通過させた。
  • 後日、花蓮など5駅でも事前にホームを削る応急処置に追われ、台鉄の対応が議会で問題視された[25]
  • 赤いノーズにちなんで現地ファンから「紅面番鴨ノバリケン)」と呼ばれる[26]
  • 中華民国鉄道文化協会の会員で学者、鉄道研究家洪致文は、実写の塗装は投入発表時のメーカーによるイラストより美観を損ねている、と辛口な論評を行ったために、国内の鉄道ファンの間で大きな反響を呼ぶことになった[27]
  • 続いて同協会理事長(当時)で学者、鉄道研究家の蘇昭旭も同様のコメントをしたために、前面塗装が賛否両論の議論を呼んでいる[28]
  • 鉄路局がメーカーと第三者の安全認証が取得できていない段階で旧正月乗車券の販売に踏み切ったため、現場や議会での論争を巻き起こした。技術的には特に問題はなかったが、ロイズからの安全認証が書類上の問題で直前まで滞っていたため、自強号での振替輸送も検討されるなど、難産の末でのデビューとなった[29]
  • 羅東駅に同車の先頭部を模した駅弁販売店がある(同様の販売店は、既に樹林駅EMU700型電車の先頭部を模した駅弁販売店がある)[30]
  • 2015年に台湾鉄路管理局と友好鉄道協定を結んだ東武鉄道2016年6月よりりょうもう号で使用している東武200系電車に当形式仕様のラッピングを施すことになった[31][32][33][34]
  • 2016年の増備車の先頭車には干支の猿をあしらったロゴが付されている。
  • 2017年に台鉄130周年(清朝の全台鉄路商務総局設立から)を記念して、TEMU2005+2006に歴代の各形式列車をラッピングした特別仕様車が翌年5月まで運行された[35]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ (繁体字中国語)臺鐵局積極回應民眾東部運輸服務期待,完成增購4組列車,將於明年底陸續交車投入營運
  2. ^ (繁体字中国語)台鐵新列車 換色添餐桌
  3. ^ (繁体字中国語)経済部工業局中国語版 (2018年9月14日). “航空與軌道產業高值推動計畫 4科-航空與軌道產業高值推動計畫(修).pdf”. pp. 63-65. 2018年11月3日閲覧。
  4. ^ (繁体字中国語)台鐵新購傾斜式電聯車 由全國民眾共同命名
  5. ^ (繁体字中国語)交通部臺灣鐵路管理局新購「傾斜式電聯車」命名票選活動 各命名名稱票選現況
  6. ^ (繁体字中国語)傾斜列車命名 普悠瑪最高票 意指卑南族 花蓮宜蘭民眾嚷不公
  7. ^ (繁体字中国語)台鐵普悠瑪號明年上路 解東部票荒 Archived 2012年7月29日, at Archive.is
  8. ^ 台湾鐵路管理局(Taiwan Railways Administration)向けTEMU2000形甲種輸送 -Youtube
  9. ^ TVBS 普悠瑪將抵台 鐵道迷"賞車"點曝光-Youtube
  10. ^ (繁体字中国語)驗收普悠瑪號 首次動態測試-蘋果日報
  11. ^ 日本から購入の振り子式特急、初の試運転-フォーカス台湾
  12. ^ 2012/11/06@8799次 TEMU2000普悠瑪 試運轉 開燈+鳴喇叭 嘉義站開車-Youtube
  13. ^ 民視新聞 普悠瑪來了 鐵道迷齊聚東幹線-Youtube
  14. ^ 20121129普悠瑪號試運轉8792次準備通過高屏溪橋-Youtube
  15. ^ (繁体字中国語)台鐵:普悠瑪依約完成出廠測試-CNA(2013.2.2)
  16. ^ (繁体字中国語)一波三折!普悠瑪安全認證終於過關 明9:20樹林開往花蓮-Nownews(2013.2.5)
  17. ^ プユマ号、台湾春節ラッシュひかえ 6日営業運転開始-フォーカス台湾(2013.2.5)
  18. ^ 2013/04/15 台湾TEMU2000形笠寺駅到着~出発 -Youtube
  19. ^ JR貨物 台湾鉄路局 TEMU2000形(プユマ号) 甲種 (DE10-1546) 岡崎-西岡崎 -Youtube
  20. ^ 2013.4.26臺鐵TEMU2000普悠瑪號第三,四組列車抵基隆港西四碼頭 -Youtube
  21. ^ http://www.railway.gov.tw/tw/news_Detail.aspx?SN=8586&NewsType=0
  22. ^ 日本製の特急「プユマ号」増備車、きょうから営業運転開始 -中央社2016.2.4
  23. ^ 臺鐵 基隆 西岸碼頭臨港線 軌道復舊作業-Youtube
  24. ^ 日本から購入の特急車両、基隆駅で一時立ち往生-フォーカス台湾
  25. ^ 民視新聞 胖胖普悠瑪號 5月台整修防卡-Youtube
  26. ^ (繁体字中国語)台鐵普悠瑪還沒抵台 紅面番鴨綽號已取好 自由時報
  27. ^ (繁体字中国語)普悠瑪列車新塗裝 鐵道研究者痛批台鐵2012年10月16日,国立台湾師範大学師大剪報/自由時報
  28. ^ 台湾鉄道の新車両「プユマ号」、愛称は“サル顔”!? フォーカス台湾
  29. ^ (繁体字中国語)普悠瑪安全驗證 若未過周二退票-蘋果日報(2013.2.3)
  30. ^ (フォーカス台湾,2014年9月3日)旅情かき立てるプユマ号そっくりの駅弁販売所が登場/台湾・羅東駅
  31. ^ (東武鉄道ニュースリリース)6月17日(金)より、特急「りょうもう」号の塗装を台鉄自強号「普悠瑪」のデザインに変更します!
  32. ^ (鉄道新聞)東武特急「りょうもう」が台湾・台鉄の看板列車デザインに変更へ
  33. ^ (繁体字中国語)(中時電子報)台日鐵道玩行銷 東武鐵道列車變裝普悠瑪號
  34. ^ (繁体字中国語)(自由時報)普悠瑪號紅白塗裝 日本列車也來Cosplay
  35. ^ (繁体字中国語)台鐵JR四國、130週年彩繪列車5/21卸裝 最後巡禮時間公開 2018年5月18日,ETToday

関連項目編集

外部リンク編集