周富徳

日本の料理人、実業家 (1943-2014)

周 富徳(しゅう とみとく、1943年3月11日 - 2014年4月8日)は、広東料理料理人実業家神奈川県横浜市中区山下町[1]横浜中華街出身[1][2]愛称は「炎の料理人[3]

しゅう とみとく
周 富徳
生誕1943年3月11日
神奈川県横浜市中区山下町[1]
横浜中華街[1]
死没 (2014-04-08) 2014年4月8日(71歳没)
神奈川県横浜市中区[1]
死因誤嚥性肺炎[1]
別名炎の料理人[1]
民族在日中国人二世
出身校武相高等学校
職業料理人実業家
活動期間1961年 - 2014年
著名な実績聘珍樓総料理長など
活動拠点広東名菜富徳
テレビ番組フジテレビ『料理の鉄人』など
家族周富輝ほか
公式サイト公式ウェブサイト

経歴 編集

料理人の道へ 編集

両親は中国広東省出身[1]。父親も横浜中華街で料理人を営んでいた[1]

在日中国人二世[4]武相高等学校卒。兄に中華料理店オーナーの周富新、弟に同じく料理人の周富安、周富輝がいる。また、息子の周志鴻(しこう)も料理人である。

18歳で料理の道に入る[2]。1961年に東京・新橋「中国飯店」に入社して修行を積み、東京・西新宿の京王プラザホテル南園[2]を経て、「聘珍樓」、「赤坂璃宮[2]で総料理長を歴任。1993年に「広東名菜富徳青山店のオーナーとして独立した[2]

テレビへの出演 編集

テレビ番組には、「南園」時代からNHKきょうの料理』に出演していたが、1990年代に入ってからは、テレビ東京系『浅草橋ヤング洋品店』、TBS系『わいど!ウオッチャー』火曜日のコーナー「周富徳の中華指南」、フジテレビ系『たほいや』などの番組への出演でブレイクし、全国区の人気となった[4]

特に『浅草橋ヤング洋品店』の人気コーナー「中華大戦争」では、弟や譚彦彬(学生時代の同級生)、金萬福らも巻き込んだ[4]。当時「カメラ目線」と浅草キッドらに突っ込まれていたが、実際はカメラのアップが嫌で睨んでいたのを「カメラ目線」と受け取られたというのが本人の弁である。

さらに、フジテレビ系『料理の鉄人』にも出演、大親友でもある初代の鉄人・道場六三郎との戦いでの活躍も有名である(対戦結果は1勝1敗)[2]

料理人の枠を超えて、タレント的な活動を展開していた。1993年10月26日放送の日本テレビいつみても波瀾万丈』にゲストとして出演し、半生が回顧された。翌1994年12月31日の『NHK紅白歌合戦』にゲスト出演するほどの勢いだった[4]

不祥事 編集

その後も中華料理店を多数経営し、各地で講演活動を行うなどしていたが、1990年代後半にはセクハラ疑惑が報じられた[4]

2001年には法人税脱税(約4,700万円)したことで、懲役1年執行猶予3年、罰金1,000万円の有罪判決を受けた[4]。また、これを報じた日本テレビ系『ザ・ワイド』のレポーターの直撃を受けた際に蹴りを入れた映像が何度も放送された。これらの影響によりメディアへの出演が激減し、自身が営んでいた中華料理店の経営も悪化した[4]

青山の「広東名菜富徳」以外にも、以下の店舗を経営していたが、のちに閉店している。

晩年 編集

著書に『周さんのダイエット中華―おいしく食べてスッキリやせる』(廣済堂出版、1994年)があるが、自身は糖尿病を患っていた[1][5]

2013年8月に肺炎を患ったため、毎月「広東名菜富徳」で行っていた料理教室を休んだ。その後は入退院を繰り返し、病状が悪化していた[1]

2014年4月8日 23時37分、誤嚥性肺炎のため、横浜市中区の病院で死去した[1][3][6]。71歳没。葬儀家族葬で執り行われた[1]

横浜市中区の馬車道通りで中華料理店「生香園」を経営する弟の富輝は、富徳の死に際し「兄は俺の師匠。たくさん教えてもらった。兄を超えるのが恩返しだと思っているけど、たぶん無理。でも頑張るよ」と、新聞社の取材に対して語った[1]

青山の店「広東名菜富徳」は長男の志鴻が跡を継ぎ営業を続けていたが[7][8]、2022年10月末に閉店した[9]

出演CM 編集

著書 編集

単著 編集

レシピ本 編集

  • 『周富徳の広東料理は野菜がうまい』NHKきょうの料理シリーズ、日本放送出版協会、1991年。ISBN 414187504X
  • 『周富徳の究極中華虎の巻』Recruit Special Edition、メディアファクトリー、1993年。
  • すぐできるおいしい中華の家庭料理 (1993年)
  • 厨房の御馳走 (御馳走読本) (1994年)
  • 周富徳の中華人生相談 (1994年)
  • チャーハン人生論 - ちょっとおいしい僕の生き方 (1994年)
  • 周さんのダイエット中華 - おいしく食べてスッキリやせる (1994年)
  • 『周富徳 低カロリーの中華 簡単に作れるヘルシーメニュー・カロリー表示付き』扶桑社、1994年。ISBN 4594013899
  • 『周富徳の覚えて得する広東のおかず』NHKきょうの料理シリーズ、日本放送出版協会、1994年。
  • 『周富徳 レシピ 料理の達人365日』『週刊女性』別冊、主婦と生活社、1995年。
  • 気軽に家庭で作れる中華料理 4 (周富徳料理シリーズ 4) (1995年)
  • 『朝は健康お粥から』ワニブックス、1995年2月、ISBN 4847012291
  • 決定版 周富徳 ベスト100 中華 (2014年)

エッセイ 編集

共著 編集

  • 金萬福『周富徳 VS 金万福 ご家庭大中華』メディアファクトリー、販売/リクルート、1994年5月。
  • 周さんとキョンファさんの楽楽料理単菜―楽しく作って、楽しく食べたい (1998年)

漫画版レシピ本 編集

周富徳を題材にした作品 編集

  • 『周富徳物語 食の魔術師』フーディアム・コミュニケーション、1993年6月。ISBN 4938642069
  • 『小説・料理の鉄人 1』小山薫堂扶桑社文庫、1994年8月。 ISBN 4-59401-504-2
  • 『純白の殺意 グルメライター水沢風味子・周富徳の殺人レシピ』新津きよみホリプロ、1994年11月。
  • 『中華名人 周ロック・ホームズ-香港デラックス・ツアー殺人事件』金春智子、ホリプロ、1995年11月。
  • 『周ロック・ホームズ―雨の軽井沢殺人事件』志茂田景樹、湘南出版センター、1996年7月10日。

炎の料理人 周富徳 編集

今泉伸二による漫画作品。総合企画・原案はKISHO、原作は荒仁。『スーパージャンプ』に1994年11月より約2年間連載された周富徳の半生記だが、作中に架空の国の国王が登場するなどフィクション性が強い。単行本は全9巻(集英社)。

1995年12月1日には、フジテレビ系列金曜エンタテイメント』でテレビドラマ化された。主人公は堂本光一

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ CM内での肩書きは「中国料理の達人」(※同CM内のテロップより原文ママ)。

出典 編集

関連項目 編集

  • 広東料理
  • 聘珍樓
  • 料理の鉄人(テレビ番組)
    • 道場六三郎 - 通常、番組冒頭にて3人の鉄人が登場したあと、その中から誰と対戦するかを選ぶという演出がなされているが、 1994年1月9日に放送されたリターンマッチ回において「道場さんだけで十分です」と申し出た結果、道場がひとりで登場。なお、この対戦は周が勝利しており、同年8月、小山薫堂により一連のエピソードを基としたフィクション「小説・料理の鉄人 1」が刊行された。
  • 横浜中華街

外部リンク 編集