メインメニューを開く

HBC・STV東旭川テレビ・ラジオ放送所

HBC・STV東旭川テレビ・ラジオ放送所(エイチビーシー・エスティーブイひがしあさひかわテレビ・ラジオほうそうじょ)は、北海道旭川市東旭川町に北海道放送札幌テレビ放送がそれぞれ個別に設置しているアナログテレビとAMラジオ放送局の基幹送信所の1つ。旭山とともに上川・留萌・宗谷・北空知地方の基幹送信所に位置づけられている。

概要編集

  • 現在はAMラジオの単独送信所となっているが、かつてはAMラジオだけでなく、地上アナログテレビジョン放送の電波も送出していたため、テレビ・AMラジオ一体型の兼用送信所であった(両局とも送信所は円筒型・支線式アンテナを採用)。このようになった背景には、NHK旭川放送局がHBC・STVのテレビ送信所(アナログVHF)を旭山に建設することを拒否したためと言われている。なぜ、民放のアナログUHF局(HTBUHBTVh)、HBC、STVを含む地上デジタル放送全局、FMラジオ(エフエム北海道エフエム・ノースウェーブ)には建設を同意して、アナログVHF局に建設を拒否したのか理由は不明である。
    • 日本国内でテレビ・AMラジオ一体型の兼用送信所は当送信所が初のケースであり、その後の置局計画に大きな示唆を与えるものとなった。同様のケースでは北海道内では名寄(STV)、帯広(HBC、設置場所は幕別町)、網走(HBC・STV)、釧路(NHK、HBC、STV)にも見られる。また、北海道以外では石川県NHK金沢放送局(デジタルテレビを除く)、北陸放送の親局(FM石川と共同使用 デジタルテレビを除く)、静岡放送浜松中継局(デジタルテレビを除く)、山陽放送笠岡中継局(デジタルテレビも既存施設内にあるが、鉄塔は新設されている)、沖縄県琉球放送(デジタルテレビ、AMラジオ)・琉球朝日放送(アナログテレビ・デジタルテレビ)の共同使用による嘉数放送所(保守管理は琉球放送が一括で行う)などがあるが、それでも全国的に数少ない。
  • 同じVHF帯を使うNHK旭川放送局旭山送信所とは場所が大きく離れているため送信所の方向が異なる一部地域ではVHFアンテナ2本とスタック用ミキサーが必要な場合があった。
  • 両局とも地上デジタル放送はUHF波を使用し、UHF受信アンテナも1本に済ませることから、すでにアナログUHFテレビ放送、FMラジオ放送を行っている旭山にTVhを除く在札民放4局(そのTVhは1991年開局時の建物をそのまま使用)が共同で設置したデジタル送信所(NHKテレビ・FM送信所隣)から電波を送信しているが、2011年7月24日のアナログテレビ放送終了後もAMラジオの単独送信所として運用を継続している。
  • 両局ともAMステレオ放送は一貫して実施しなかったが、この地域でもAMステレオ放送を実施していた札幌送信所が終日受信可能だった(モノラル放送に戻した後も札幌送信所からの電波は終日受信可能)。また、テレビでも両局でアナログ波による音声多重放送は実施されず、字幕放送とアナログデータ放送のみ実施されていた。
  • FM補完中継局は2019年8月時点では旭川地区を含め、札幌圏以外の中継局は未開局だが、旭川送信所のエリアでは手稲山送信所からの電波を受信出来る場合もある。

HBC東旭川送信所編集

 
HBC東旭川送信所
チャンネル
/周波数
kHz
放送種別 コールサイン 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
11 HBC北海道放送
アナログテレビ
旭川局
JOHE-TV 映像1kW/
音声250W
映像12kW/
音声3kW
北海道 不明
864 HBCラジオ
旭川局
JOHE 3kW 中波放送
つきなし
  • 所在地:旭川市東旭川北2条5丁目
  • 旭川市にあるAMラジオ送信所の中では、夜間でも外国局との混信や同一周波数である室蘭局遠別局などの影響が非常に少なく、受信感度は比較的に良好である。そのためか上川総合振興局管内では同局を聴取する世帯が多いと見られる。
    • かつてのアナログテレビではエリア外の地域でも高性能アンテナ使用で鮮明な画像は得られなかったものの、受信感度は比較的に良好であった。
  • 当初はAMラジオの単独送信所として1953年に開設(現在地とは別の場所)。1959年12月22日のテレビ送信所開設の際、現在地に移転した上でテレビ・AMラジオ兼用の一体型送信所となったが、2011年7月24日のアナログテレビ放送終了後は再びAMラジオの単独送信所となった。
  • HBC旭川放送局はJR旭川駅と一体化していた(放送機能はアナログテレビとAMラジオ放送のみ。デジタルテレビは札幌からの中継回線で局舎を経由せずに、直接旭川送信所(旭山)と結んでいる)が、鉄道高架化に伴う駅舎新築に伴い、2010年10月に旭川市1条通8丁目の一条緑橋通ビル3階へ移転した。高架開業後、旧局舎は旧駅舎とともに解体(鉄塔部分は2010年11月に、局舎部分も同年12月にそれぞれ解体工事が完了)され、跡地には駅前広場と駐車場およびバス・タクシー乗り場が整備される予定。

STV東旭川送信所編集

 
STV東旭川送信所
チャンネル
/周波数
(kHz)
放送種別 コールサイン 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
7 STV札幌テレビ放送
アナログテレビ
旭川局
JOKY-TV 映像1kW
/音声250W
映像12kW
/音声3kW
北海道 不明
1197 STVラジオ
旭川局
JOWL 3kW 中波放送に
つきなし
  • 所在地:旭川市東旭川北2条6丁目(STV旭川放送局敷地内)
    • 設置当初の所在地は旭川市東旭川町字上兵村119番地にあったが、送信所設備更新の際に現在地に移転した。
  • 当初はアナログテレビの単独送信所として1959年12月23日に開設。1964年2月26日のラジオ送信所開設の際にテレビ・AMラジオ兼用の一体型送信所となったが、2011年7月24日のアナログテレビ放送終了後はSTVラジオ単独の送信所となった。ただし、放送局内建物は引き続き親会社である札幌テレビ放送の所有となっており、送信所の維持・管理も親会社が行なっている。
  • AMラジオの出力は開設当初は100Wで、その後1kWに、さらに1995年4月に現在の3kWに増力された。
  • STV旭川放送局の所在地はかつて旭川市中心部の4条9丁目(拓銀ビル=現・旭川北洋ビル)にあったが、1996年1月に送信所が置かれている現在地に移転した。
  • ラジオのコールサインはJOWLであるが、アナログテレビはJOKY-TVと異なっている(JOWL-TVはSTV帯広放送局がアナログテレビ放送で使用していた。なお、「JOKY」のコールサインは他に使用しているテレビ・ラジオ放送局が無いためアナログテレビ放送終了とともにコールサインも事実上返上された。)。
  • STVラジオの道北地区の周波数は旭川局・留萌局名寄局稚内局遠別局で同一周波数の1197kHzとなっている。このため、これらの放送局のうち複数の放送局の電界強度が等しくなる地点では放送波が干渉して番組が聞き取りづらくなる場合がある。また、電界強度が低い地域では夜間稀に茨城放送水戸局が混信する場合がある。その場合、札幌局を受信すると受信状態が改善される事がある。そのほか、NHK北見放送局網走局の周波数(1188kHz)はSTVラジオとの周波数間隔が9kHzしか離れていないため、石北峠などで混信が発生する事もある。この場合は札幌局・旭川局・網走局・北見局のいずれかの放送局のうち最も受信状態の良い周波数を受信することで混信を回避できる。

※HBCとSTVの地上デジタルテレビジョン放送はHTB、UHBと共同で旭山にあるデジタル送信所(NHKテレビ・FM放送所隣)から送信されている。

放送エリア編集

脚注編集

  1. ^ HBCラジオのサービスエリアでは上川・留萌・宗谷管内のほぼ全域と空知北部・中部(美唄市付近まで)が受信可能エリアとされている。

関連項目編集

  • 旭山(NHK・民放各局の地上デジタル放送、FMラジオの送信所が設置されている)
  • NHK東旭川ラジオ放送所(NHKラジオ第1放送・第2放送のAMラジオ送信所が設置されている)