坂井勝二

坂井 勝二 (さかい かつじ、1938年3月21日 - )は、福岡県出身の元プロ野球選手投手)。右投げ右打ち。

坂井 勝二
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1938-03-21) 1938年3月21日(79歳)
身長
体重
180 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1959年
初出場 1959年7月21日
最終出場 1976年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

田川中央高校(現・福岡県立田川工業高等学校)を経て、専修大学に進学。東都大学リーグでは在学中3度優勝。3年生の1959年春季リーグでは6勝無敗で優勝に貢献し最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインを受賞する。同年の全日本大学野球選手権大会では準決勝に進出するが早大に惜敗。リーグ通算38試合に登板し18勝5敗、防御率1.20、145奪三振。大学同期に山本兵吾小池兼司、1年下に堀込基明がいる。

その後大学を中退し、大毎オリオンズに入団する。4年目の1962年に11勝を挙げ、先発投手陣の一角にのし上がる。

アンダースローの速球派で、柔和なマスクとは裏腹に、歴代3位の通算143与死球という記録からうかがえるように強気の投球で鳴らした。1964年には自己最多の25勝をマークするが、同年阪神から移籍した同僚小山正明が30勝を挙げ、最多勝には至らなかった。

1962年から1968年までの7シーズン連続二ケタ勝利を挙げているが、この時期はオリオンズにとって試練の時代で、Aクラス入りは1968年の1シーズンしかない(3位)。坂井自身も7シーズンのうち5シーズンを負け越している。かつて「ミサイル打線」を構成していた、田宮謙次郎の引退、山内一弘葛城隆雄の移籍、榎本喜八の衰えなどで打線の弱体化が進んだことも、思うように勝ち星を増やせなかった一因であったろう。

1967年4月25日の対東映フライヤーズ戦では、9回終了まで無安打無得点に抑えるも味方の援護に恵まれず、10回についに力尽き、0-2で敗戦投手になるという憂き目に遭っている。その10日前の4月15日西鉄ライオンズ戦でも8回までノーヒットに抑えながら9回に初安打を許しており、わずか11日間で2度ノーヒットノーランのチャンスを作りながらその双方を潰されるという希有な体験をしている。谷間の時代におけるオリオンズ投手陣の屋台骨を、小山正明・成田文男らとともに地道に支え続けていた。

1970年王貞治キラーとして知られた平岡一郎とのトレード大洋に移籍する。翌年の1971年1月には暴力団との黒い交際の疑惑により、鈴木隆コーチとともに球団より無期限謹慎処分を受けるが(黒い霧事件)、処分解除後は8連勝をするなど活躍を見せ、初タイトルとなる最高勝率(9勝4敗、勝率.692)を獲得、また防御率も1.87(リーグ2位)をマークし大洋のAクラス入りに貢献する。

1976年渡辺秀武とのトレードで日本ハムに移籍、同年シーズン終了をもって現役を引退する。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1959 大毎
東京
ロッテ
16 5 0 0 0 1 1 -- -- .500 159 35.1 36 6 17 0 2 13 1 0 25 24 6.00 1.50
1960 12 5 0 0 0 1 2 -- -- .333 127 29.1 30 4 11 0 1 14 0 0 21 19 5.70 1.40
1961 22 10 2 1 1 2 6 -- -- .250 321 75.2 67 3 24 0 4 57 1 2 34 28 3.32 1.20
1962 49 21 5 2 0 11 10 -- -- .524 640 151.2 127 21 61 3 6 76 0 0 78 72 4.26 1.24
1963 58 26 6 2 2 14 19 -- -- .424 1024 251.2 200 23 65 5 16 183 5 0 92 73 2.61 1.05
1964 58 37 13 2 1 25 17 -- -- .595 1210 303.0 260 21 73 5 6 183 2 1 103 84 2.50 1.10
1965 43 32 10 3 4 10 16 -- -- .385 898 225.1 199 27 47 5 12 139 1 0 86 76 3.04 1.09
1966 33 28 8 3 1 11 16 -- -- .407 774 193.0 164 31 54 1 3 109 3 1 74 63 2.94 1.13
1967 45 34 11 1 2 13 18 -- -- .419 966 244.1 194 33 58 4 9 173 0 0 101 89 3.28 1.03
1968 45 40 14 4 2 16 17 -- -- .485 1147 276.1 259 23 71 15 15 170 0 0 112 93 3.03 1.19
1969 24 22 3 0 1 6 8 -- -- .429 538 127.1 108 26 49 7 10 85 0 0 58 56 3.97 1.23
1970 大洋 26 20 2 0 1 10 6 -- -- .625 447 109.0 99 14 22 2 10 62 0 0 46 42 3.47 1.11
1971 25 21 4 2 0 9 4 -- -- .692 535 134.2 104 12 41 1 6 57 2 0 35 28 1.87 1.08
1972 38 31 10 3 3 15 11 -- -- .577 876 214.2 201 22 52 8 13 99 3 0 78 72 3.01 1.18
1973 30 25 1 0 0 7 9 -- -- .438 600 147.2 122 17 45 3 8 62 2 1 56 53 3.22 1.13
1974 34 23 3 1 0 7 8 0 -- .467 521 118.0 130 16 46 3 8 36 2 0 74 65 4.96 1.49
1975 26 25 3 1 0 6 12 0 -- .333 623 142.1 151 22 58 6 10 60 0 0 76 61 3.87 1.47
1976 日本ハム 21 12 1 1 0 2 6 1 -- .250 261 60.1 61 4 23 1 4 32 2 0 37 31 4.65 1.39
通算:18年 605 417 96 26 18 166 186 1 -- .472 11667 2839.2 2512 325 817 69 143 1610 24 5 1186 1029 3.26 1.17
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 大毎(毎日大映オリオンズ)は、1964年に東京(東京オリオンズ)に、1969年にロッテ(ロッテオリオンズ)に球団名を変更

タイトル編集

記録編集

初記録
  • 初登板:1959年7月21日、対阪急ブレーブス14回戦(阪急西宮球場)、8回裏に3番手で救援登板・完了、2回無失点
  • 初奪三振:同上、8回裏に渡辺清から
  • 初先発:1959年7月23日、対阪急ブレーブス16回戦(阪急西宮球場)、4回1/3を1失点
  • 初勝利・初先発勝利:1959年8月19日、対近鉄バファロー11回戦(川崎球場)、5回1/3を3失点
  • 初完投:1961年8月9日、対東映フライヤーズ16回戦(駒澤野球場)、8回3失点で敗戦投手
  • 初完投勝利・初完封勝利:1961年9月27日、対阪急ブレーブス26回戦(後楽園球場
  • 初セーブ:1976年7月13日、対阪急ブレーブス後期1回戦(明治神宮野球場)、8回表2死に2番手で救援登板・完了、1回1/3を無失点
節目の記録
  • 1000投球回数:1965年8月18日、対西鉄ライオンズ18回戦(小倉球場) ※史上110人目
  • 1500投球回数:1967年10月10日、対東映フライヤーズ28回戦(東京スタジアム) ※史上60人目
  • 1000奪三振:1968年5月26日、対西鉄ライオンズ10回戦(小倉球場)、3回裏に和田博実から ※史上32人目
  • 100勝:1968年7月31日、対西鉄ライオンズ18回戦(東京スタジアム)、10回3失点完投勝利 ※史上44人目
  • 2000投球回数:1970年9月10日、対広島東洋カープ22回戦(東京スタジアム) ※史上36人目
  • 500試合登板:1973年6月1日、対読売ジャイアンツ4回戦(後楽園球場)、先発登板で5回1失点 ※史上28人目
  • 150勝:1973年9月7日、対読売ジャイアンツ21回戦(川崎球場)、先発登板で7回1失点 ※史上24人目
  • 2500投球回数:1973年9月22日、対中日ドラゴンズ17回戦(徳山市野球場) ※史上17人目
  • 1500奪三振:1974年6月22日、対ヤクルトスワローズ11回戦(川崎球場)、4回表に小田義人から ※史上20人目
  • 600試合登板:1976年9月5日、対太平洋クラブライオンズ後期9回戦(平和台球場)、6回裏1死に3番手で救援登板、1回2/3を2失点 ※史上15人目

背番号編集

  • 12 (1959年 - 1975年)
  • 11 (1976年)

関連項目編集