メインメニューを開く

坂本 工宜(さかもと こうき、1994年8月19日 - )は、読売ジャイアンツに所属する滋賀県高島市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

坂本 工宜
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県高島市
生年月日 (1994-08-19) 1994年8月19日(25歳)
身長
体重
176 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2016年 育成選手ドラフト4位
初出場 2019年4月13日
年俸 420万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

祖父が大の読売ジャイアンツ(巨人)ファンだった影響で、小学3年から野球を始める[2]。高島市立安曇川中学校から関西学院高等部に進学。部員約180人の硬式野球部外野手としてレギュラーを目指したものの、公式戦ではベンチすら果たせないまま、系列校の関西学院大学に進んだ。

関西学院大学で投手への転向を志したが、硬式野球部が「高校時代までの投手経験者しか投手として公式戦に出場させない」という方針を取っていたことから、外野手として準硬式野球部へ入部[3]。2年時に投手に転向してからは、ストレートで最速147km/hを計測するまでに成長した。関西六大学準硬式野球のリーグ戦では、4年時の春季にチーム9季振りの優勝へ貢献。最多勝利・最多奪三振・MVPのタイトルも獲得した。

2016年のNPB育成ドラフト会議で、巨人から4巡目で指名。支度金300万円、年俸240万円(金額は推定)という条件で、育成選手として入団した。入団当初の背番号は006[4]

プロ入り後編集

2017年には、フューチャーズの一員として臨んだ4月12日の対東京ヤクルトスワローズとの非公式戦で実戦デビューを果たした。公式戦での登板機会はなかったが、三軍戦では5勝3敗、防御率2.92をマーク。シーズン終了後に台湾で開かれた2017アジアウインターベースボールリーグには、二軍(イースタン・リーグ)公式戦での登板実績がないにもかかわらず、NPBイースタン選抜のメンバーに名を連ねた[5]

2018年には、イースタン・リーグ公式戦で、ヤクルトとの開幕カード第2戦の先発投手に抜擢。その後は、先発・救援の両方で実戦経験を積みながら、通算23試合の登板で3勝4敗、防御率4.85という成績を残した[6]

2019年には、春季1次キャンプを二軍で迎えたが、キャンプ中の紅白戦で好投。育成選手からただ1人、2次キャンプから一軍に合流[7]すると、オープン戦でも開幕から救援で好投を続けた[8]3月2日には、育成選手契約から支配下選手契約へ移行するとともに、背番号を58に変更することが発表された[9]3月4日付で、NPBから支配下登録選手として公示[10]。10月1日、戦力外通告を受ける[11]

選手としての特徴編集

最速149km/hのストレートを武器とする本格派右腕。持ち球はスライダー、チェンジアップ、カーブ、フォーク[12]

人物編集

高校時代の野球生活については、巨人への入団後に「不完全燃焼という感じで、悔しいことの方が多かった。いい思い出はない」と述懐している[13]。しかし、関西学院大学の準硬式野球部へ所属していた3年時に、準硬式野球の関西選抜チームの一員として台湾に遠征したことが転機になった。それまでは一般企業への就職を志していたが、台湾で硬式球へ触れた際に、「硬式球が指にしっかりと引っかかる」という感覚をつかめたという。この遠征を機に、進路をNPBの球団に絞ったため、就職活動から手を引いた[13]

巨人へ入団するきっかけになった2016年のNPBドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスから6位で指名(後に支配下登録選手として入団)した鶴田圭祐(指名の時点では帝京大学準硬式野球部投手)とは、同郷(滋賀県出身)のよしみから連絡を取り合うほど仲が良い[13]

学生時代は自身と同姓・同じ関西地方(兵庫県)出身の坂本勇人の大ファンで、勇人の背番号(6)のレプリカユニフォームを身にまとって、阪神甲子園球場阪神タイガース対巨人戦で巨人を応援したこともある[14]。巨人への入団を機にチームメイトになったため、入団が決まった直後に勇人へ挨拶すると、関西弁で「お前が入ってきたせいで(名前で区別するために)俺が『坂本勇』って3文字になったやん」と突っ込まれた[12]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2019 巨人 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 2.0 5 0 0 0 1 3 0 0 3 3 13.50 2.50
NPB:1年 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 12 2.0 5 0 0 0 1 3 0 0 3 3 13.50 2.50
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



投手












2019 巨人 2 0 1 0 0 1.000
通算 2 0 1 0 0 1.000
  • 2019年度シーズン終了時

記録編集

投手記録

背番号編集

  • 006(2017年 - 2019年3月3日[10]
  • 58(2019年3月4日[10] - )

代表歴編集

登場曲編集

  • 「Beautiful Now feat. Jon Bellion」Zedd(2019年)

脚注編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2019年2月21日閲覧。
  2. ^ 巨人から育成枠で指名 準硬式野球部の坂本工宜投手
  3. ^ 【巨人】坂本工宜、準硬式野球と出会い自分が何をすべきか考えるようになった
  4. ^ 【巨人】育成4位・坂本、準硬式出身でも「やれるんだ」支配下登録へやる気満々”. スポーツ報知 (2016年10月25日). 2017年4月22日閲覧。
  5. ^ a b 2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)NPBメンバー一覧”. NPB.jp (2017年10月19日). 2017年11月2日閲覧。
  6. ^ シーズン成績
  7. ^ 巨人育成の坂本工宜、沖縄キャンプ行き決定 戸根、大城、吉川大、立岡も”. FullCount (2019年2月11日). 2019年3月4日閲覧。
  8. ^ 巨人・坂本工が1回1/3完全!支配下登録にまた前進”. サンケイスポーツ (2019年2月11日). 2019年3月4日閲覧。
  9. ^ 【巨人】準硬式出身の坂本工宜が支配下契約会見「やってやろうという気持ちは人一倍強かった」”. スポーツ報知. 2019年3月2日閲覧。
  10. ^ a b c 新規支配下選手登録 | 2019年度公示 | NPB.jp 日本野球機構”. 2019年3月4日閲覧。
  11. ^ 【巨人】坂本工宜に戦力外通告 準硬式出身右腕、異色の経歴持つ育成の星”. スポーツ報知. 2019年10月1日閲覧。
  12. ^ a b 【巨人】育成・坂本工宜、強気の投球で支配下登録へ前進 原監督「見事でしょう」
  13. ^ a b c 球界ここだけの話(1375)】“ジュンコー”が熱い! 巨人育成・坂本工、準硬式からプロの道へ 成長の軌跡
  14. ^ 巨人の育成D4・坂本工、坂本勇との対面望む「いろいろ聞いてみたい」

関連項目編集

外部リンク編集