メインメニューを開く

埼玉県第14区(さいたまけんだい14く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗埼玉県第14区
衆議院小選挙区 埼玉県.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 八潮市三郷市幸手市吉川市春日部市(旧庄和町域)、久喜市(旧栗橋町鷲宮町域)、北葛飾郡
(2017年7月16日現在)
比例区 北関東ブロック
設置年 1994年
選出議員 三ッ林裕巳
有権者数 442,306人
1.86 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

区域編集

歴史編集

1996年には三ッ林幸三の息子で科学技術庁長官を歴任した三ッ林弥太郎地盤を受け継いで議席を守った。

2000年の第42回衆議院議員総選挙の際に引退を表明したが、後継に息子である三ッ林隆志を指名したことに自由民主党埼玉県連の一部が反発。世襲に加え、開業医で全く政治経験のないことを問題視したもので、三ッ林隆志擁立反対派の中心で当時県議であった福野幸央が強行出馬し、自民分裂選挙となった。しかし、結果は三ッ林隆志が次点を大きく引き離して初当選し、第44回まで連続で小選挙区の議席を守った。

第43回では民主党の新人中野譲比例復活をしたが、第44回では小泉旋風に追い落とされ、比例復活すらできずに落選した。しかし第45回では民主大勝の風に乗り、選挙区で議席を初獲得。三ッ林隆志は比例復活もならず落選。翌2010年に死去した。

第46回では、自民党は三ッ林隆志の弟で医師の三ッ林裕巳を公認。その傍ら、自民党県議だった鈴木義弘が離党・議員辞職し、日本維新の会から出馬。三ッ林裕巳は選挙区、鈴木は重複立候補していた比例北関東ブロックで、それぞれ初当選した。比例代表では、八潮市と三郷市で維新の会が自民党を上回り得票数で第1党になる現象が発生した。同様の現象は、維新の会の本拠地である近畿地方以外では福島県会津若松市福島4区)において発生している。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:438,883人 最終投票率:48.56%(前回比:-0.94ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
三ッ林裕巳62自由民主党98,443票
47.5%
――公明党
鈴木義弘54希望の党62,733票
30.3%
63.7%
苗村京子58日本共産党32,017票
15.5%
32.5%
榛野博47日本維新の会13,926票
6.7%
14.1%

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:423,816人 最終投票率:49.50%(前回比:-5.4ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
三ッ林裕巳59自由民主党96,511票
47.6%
――公明党
比当鈴木義弘52維新の党73,320票
36.1%
76.0%
苗村光雄58日本共産党33,103票
16.3%
34.3%

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日 最終投票率:54.90%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
三ッ林裕巳57自由民主党84,263票
37.9%
――公明党
比当鈴木義弘50日本維新の会71,949票
32.4%
85.4%みんなの党
中野譲45民主党42,655票
19.2%
50.6%国民新党
苗村光雄56日本共産党20,190票
9.1%
24.0%
大塚克雄65無所属3,161票
1.4%
3.8%×

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
中野譲42民主党146,148票
57.2%
――
三ッ林隆志56自由民主党100,474票
39.3%
68.7%
谷井美穂46幸福実現党8,993票
3.5%
6.2%

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
三ッ林隆志52自由民主党128,642票
53.1%
――
中野譲38民主党92,584票
38.2%
72.0%
苗村光雄49日本共産党20,964票
8.7%
16.3%

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
三ッ林隆志50自由民主党104,066票
50.3%
――
比当中野譲36民主党86,826票
41.9%
83.4%
苗村光雄47日本共産党16,194票
7.8%
15.6%

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
三ッ林隆志46自由民主党81,652票
37.7%
――
長峯正之65民主党47,305票
21.8%
57.9%
沢口千枝子49日本共産党30,779票
14.2%
37.7%
山田英介55自由党29,960票
13.8%
36.7%
福野幸央57無所属25,447票
11.7%
31.2%×
鷺富士雄50自由連合1,464票
0.7%
1.8%

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
三ッ林弥太郎77自由民主党77,260票
39.9%
――
山田英介51新進党76,121票
39.3%
98.5%
山田弘吉38日本共産党34,718票
17.9%
44.9%
鳥海裕36自由連合5,689票
2.9%
7.4%

関連項目編集