メインメニューを開く

第2次小泉改造内閣(だいにじこいずみかいぞうないかく)は、小泉純一郎が第88代内閣総理大臣に任命され、2004年(平成16年)9月27日から2005年(平成17年)9月21日まで続いた日本の内閣である。

第2次小泉改造内閣
内閣総理大臣 第88代 小泉純一郎
成立年月日 2004年(平成16年)9月27日
終了年月日 2005年(平成17年)9月21日
与党・支持基盤 自由民主党公明党
施行した選挙 第44回衆議院議員総選挙
衆議院解散 2005年(平成17年)8月8日
郵政解散
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

前の第2次小泉内閣改造内閣である。

小泉首相は記者会見で「改造路線をいよいよ実現する段階に入った。郵政民営化実現内閣、構造改革実現内閣と名づけて良いのではないか」と表明。従来の構造改革路線を踏襲しつつ、郵政民営化に重点を移した構成とした。

目次

国務大臣編集

職名 氏名 所属 特命事項等 備考
内閣総理大臣   小泉純一郎 衆議院
自由民主党
自由民主党総裁
総務大臣   麻生太郎 衆議院
自由民主党
河野グループ
国民スポーツ担当
内閣総理大臣臨時代理就任順位
第3位
留任
法務大臣
内閣府特命担当大臣
青少年育成及び少子化対策担当
  南野知惠子 参議院
自由民主党
森派
外務大臣   町村信孝 衆議院
自由民主党
(森派)
内閣総理大臣臨時代理就任順位
第5位:2005年(平成17年)8月10日 -
財務大臣   谷垣禎一 衆議院
自由民主党
小里派
内閣総理大臣臨時代理就任順位
第2位
留任
文部科学大臣   中山成彬 衆議院
自由民主党
(森派)
国立国会図書館連絡調整委員会委員
厚生労働大臣   尾辻秀久 参議院
自由民主党
橋本派
農林水産大臣   島村宜伸 衆議院
自由民主党
亀井派
内閣総理大臣臨時代理就任順位
第4位
2005年(平成17年)8月8日罷免
  (小泉純一郎) 衆議院
自由民主党
(兼任)
  岩永峯一 衆議院
自由民主党
旧堀内派
2005年(平成17年)8月11日任命
経済産業大臣   中川昭一 衆議院
自由民主党
(亀井派)
国際博覧会担当
内閣総理大臣臨時代理就任順位
第5位:-2005年(平成17年)8月10日
第4位:2005年(平成17年)8月10日-
留任
国土交通大臣   北側一雄 衆議院
公明党
首都機能移転
観光立国担当
環境大臣
内閣府特命担当大臣
(沖縄及び北方対策担当)
  小池百合子 衆議院
自由民主党
(森派)
地球環境問題担当 留任
内閣官房長官
内閣府特命担当大臣
(男女共同参画担当)
  細田博之 衆議院
自由民主党
(森派)
内閣総理大臣臨時代理就任順位
第1位
留任
国家公安委員会委員長
内閣府特命担当大臣
(防災担当)
  村田吉隆 衆議院
自由民主党
(堀内派)
有事法制担当
防衛庁長官   大野功統 衆議院
自由民主党
山崎派
内閣府特命担当大臣
(金融担当)
  伊藤逹也 衆議院
自由民主党
(橋本派)
内閣府特命担当大臣
(経済財政政策担当)
  竹中平蔵 参議院
自由民主党
(無派閥)
郵政民営化担当 留任
内閣府特命担当大臣
(規制改革担当)
(産業再生機構担当)
  村上誠一郎 衆議院
自由民主党
高村派
行政改革担当
構造改革特区地域再生担当
内閣府特命担当大臣
(科学技術政策担当)
(食品安全担当)
(食育担当)
  棚橋泰文 衆議院
自由民主党
(橋本派)
情報通信技術 (IT)担当 「食育担当」は
2005年(平成17年)7月15日発令

内閣官房副長官等編集

内閣総理大臣補佐官編集

副大臣編集

9月29日任命。発足時の所属内訳は、自由民主党19人(衆15参4)、公明党3人(衆2参1)。平均年齢は58.8歳。

大臣政務官編集

9月30日任命。発足時の所属内訳は、自由民主党23人(衆15参8)、公明党3人(衆2参1)。

関連項目編集

外部リンク編集