メインメニューを開く

堀場 秀孝(ほりば ひでたか、1955年6月26日 - )は、日本政治家長野県議会議員(2期)。長野県上田市出身。元プロ野球選手捕手)。

堀場 秀孝
ほりば ひでたか
生年月日 (1955-06-26) 1955年6月26日(63歳)
出生地 長野県上田市
出身校 慶應義塾大学法学部
現職 長野県議会議員
所属政党民主党→)
民進党→)
国民民主党
公式サイト 堀場ひでたか公式ホームページ

選挙区 上田市小県郡選挙区
当選回数 2回
在任期間 2011年 - 2019年
テンプレートを表示
堀場 秀孝
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県上田市
生年月日 (1955-06-26) 1955年6月26日(63歳)
身長
体重
178 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1982年 ドラフト外
初出場 1983年4月24日
最終出場 1989年5月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

野球選手として編集

中学時代に県大会優勝。丸子実業高在学時は春1回、夏2回、甲子園に正捕手として出場した。高校の後輩に桃井進がいる[1]

同校3年次の1974年に、作新学院高江川卓滝川高中尾孝義らと受験合宿を行って、慶應義塾大学を受験したが、江川たちと一緒に不合格となった。江川が進路を変えて法政大学法学部第二部に入学し(のちに一部へ転籍)、1年生の秋のシーズンから法政大学野球部のエースとして活躍するのをしり目に、中尾と共に浪人による再挑戦の途を選び、一浪後の1975年に慶應義塾大学法学部法律学科に入学した[2]

慶應義塾大学に進学後は同校野球部に入部。1年生の春のシーズンの開幕戦から1978年の4年生の秋のシーズンの最終戦までの全ての試合に正捕手として出場し4年生時には主将を務めた。東京六大学野球リーグ戦に通算101試合出場し、396打数125安打、11本塁打、50打点、打率.316。ベストナイン1回。125安打は明治大学に1964年から1967年のシーズンまで在籍時の高田繁が打ち立てた右打者としての東京六大学野球の通算127安打に次ぐ。

1979年、慶應義塾大学卒業後、プロ入りを拒否し、創部されたばかりの社会人野球プリンスホテルへと進む。同期入社に石毛宏典、中尾孝義、金森栄治がいる。社会人では中尾、金森の存在もあって、彼らのプロ入りまでは野手としての出場が多かった。

1982年オフに、ドラフト外広島東洋カープに入団。入団発表記者会見で、広島の正捕手の座を掴みつつあった同学年の達川光男について「タツなんて目じゃない」と発言し、度肝を抜いた。

プロ入り1年目の1983年から控え捕手として一軍に定着するが、同年の先発出場は4試合にとどまり、主に代打での出場が多かった。1985年登録名堀場英孝に変更。

1986年オフに自由契約となり、広島時代の指揮官古葉監督が就任した横浜大洋ホエールズに移籍。

1987年は、4月後半から正捕手として起用され34試合に先発マスクを被る。しかしシーズン中盤には失速し、若菜嘉晴にポジションを譲った。その後は代打としての出場が多く、1989年に再び自由契約となり、慶大の先輩藤田監督率いる読売ジャイアンツにテスト入団。

しかし、巨人では一軍出場はなく1990年限りで現役を引退。現役時代晩年には、1987年限りで引退していた江川が取材に訪れた際に、「まだ(現役を)やってたのか?」とからかったという。

引退後は、ベースボール・マガジン社に就職し、広告の仕事に携わった。

その後、大阪近鉄バファローズ編成部係長となるも2000年11月に退団。アマチュア野球指導者となった。

政治家として編集

2011年4月に実施された統一地方選挙長野県議会議員選挙に、上田市小県郡選挙区(定数4)から、元首相・羽田孜の後援会の推薦を受け[3]、無所属として立候補し当選[1]した。

当選後は、民主党社会民主党系会派「改革・新風」に所属[4]。民主党に入党し、同党長野県総支部連合会県民運動局長[5]を務めた。

2015年4月、長野県議会議員選挙に民主党推薦無所属候補として立候補、無投票再選[6]

その後民主党、民進党を経て、2018年国民民主党結成に際し同党に参加。

2019年3月、長野県議会議員選挙に国民民主党公認・新政信州[7]推薦で立候補するも落選した[8]

人物編集

子供は二女。うち長女は堀場れい名義で女優等芸能活動経験があった。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1983 広島 27 35 31 3 5 2 0 1 10 3 0 0 0 0 2 1 2 12 1 .161 .257 .323 .580
1984 26 34 30 3 7 0 0 2 13 8 1 0 0 0 4 0 0 9 1 .233 .324 .433 .757
1985 24 32 21 2 4 0 0 0 4 2 1 0 0 1 10 2 0 5 0 .190 .438 .190 .628
1987 大洋 45 122 109 14 29 5 0 3 43 12 1 0 0 0 9 2 4 28 3 .266 .344 .394 .739
1988 45 49 44 1 13 4 0 0 17 10 0 0 0 0 4 0 1 16 1 .295 .367 .386 .754
1989 6 6 6 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .167 .167 .167 .333
通算:6年 173 278 241 23 59 11 0 6 88 35 3 0 0 1 29 5 7 71 6 .245 .342 .365 .707

年度別守備成績編集

年度 試合数 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率 失策
1983 13 2 2 0 .000 0
1984 6 2 2 0 .000 1
1985 9 5 4 1 .200 0
1987 42 27 22 5 .185 1
1988 3 1 1 0 .000 1
通算 73 37 31 6 .162 3

記録編集

背番号編集

  • 22 (1983年 - 1986年)
  • 35 (1987年 - 1989年)
  • 39 (1990年)

登録名編集

  • 堀場 秀孝 (ほりば ひでたか、1983年 - 1984年)
  • 堀場 英孝 (ほりば ひでたか、1985年 - 1990年)

脚注編集

  1. ^ a b “長野県議・堀場秀孝さん、生まれ故郷信州に恩返しを”. ZAKZAK (夕刊フジ). (2011年5月11日). http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20110511/bbl1105111703011-n1.htm 2013年3月21日閲覧。 
  2. ^ 中尾は再度不合格となり、専修大学へ進学。
  3. ^ “県議選 新人堀場氏が立候補表明”. 信濃毎日新聞. (2011年1月28日). http://www.shinmai.co.jp/news/20110128/k-4.htm 2011年1月28日閲覧。 
  4. ^ 堀場 秀孝(ほりば ひでたか)|改革・新風 長野県議会会派
  5. ^ 民主党長野県総支部連合会 役員・議員の紹介
  6. ^ 統一地方選2015中部9県 長野県議選(定数58 立候補者86)2019年4月13日 中日新聞
  7. ^ 長野県で政治団体「新政信州」発足へ 旧民進党勢力の再結集狙う2018年10月17日 産経新聞 立憲民主党長野県連と国民民主党長野県連の連携組織「信州連絡協議会」が任意団体から政治団体「新政信州」に移行したもので、旧民進党長野県連勢力を再結集しようという共闘組織。
  8. ^ 統一地方選2019中部9県 長野県議選(定数57 立候補者79)2019年4月8日 中日新聞

関連項目編集

外部リンク編集