メインメニューを開く

池之上 格(いけのうえ とおる、1954年5月19日[1] - )は、鹿児島県垂水市出身の元プロ野球選手投手内野手)。現・阪神スカウト

池之上 格
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 鹿児島県垂水市
生年月日 (1954-05-19) 1954年5月19日(65歳)
身長
体重
182 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手内野手
プロ入り 1972年 ドラフト3位
初出場 1976年4月10日
最終出場 1988年10月22日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

鶴丸高校では3年次の1972年夏の甲子園県予選で準々決勝へ進出するが、照国高に敗退。同年のドラフト3位で南海ホークスに投手として入団[1]1976年4月10日日本ハム戦(大阪)で初登板を果たすと、翌日には早くも初勝利を挙げた。同年7月25日近鉄戦(大阪)では1イニング3暴投の日本記録と1イニング11失点のパ・リーグ記録を達成してしまったが、1977年10月6日の日本ハム戦(後楽園)では消化試合ながら僅か90球で完封勝利を記録し[1]1978年には14勝でウエスタン・リーグ最多勝を獲得。活躍を期待されるも伸び悩み、オーバースロー、サイドスロー、スリークォーターと次々フォームを変更。投手時代最後の1979年はウエスタンで6勝9敗、126回投げて防御率4.79と冴えなかった。1980年に内野手転向。入団時から野手転向まで、二軍の打撃成績は50打数23安打・打率.460と野手顔負けの数字を残していた。長打力は無いものの小技とガッツ溢れるプレー、勝負強い打撃で内野の控えや代打の切り札として活躍。1983年には二番・一塁に定着して83試合に先発出場。規定打席には届かなかったが、打率.265・7本塁打の好成績を記録す。1984年には長打力のあるクリス・ナイマンの入団で定位置を追われるが、三塁手として立石充男と併用される。1985年も三塁手のレギュラーを山村善則と争うが、1986年は故障もあって出場機会に恵まれず、同年限りで自由契約になる。1987年横浜大洋ホエールズへテスト入団し、内野のユーティリティプレイヤーとして起用されるが、1988年限りで引退。

南海では選手会長も務める。短く持ったバットを肩に担ぐ様な構えで球に食らいつき、死球の多い打者だった。

1987年大晦日に放送された『ビートたけしのスポーツ大将』のスピンオフ特番『元祖ビートたけしのマラソン野球』に出場、草野球の投手相手に三振した(この相手投手は、川藤幸三や当時池之上の同僚だった堀場英孝からも連続三振を奪い、最優秀選手に選ばれている)。

引退後は福岡ダイエーホークススカウトとして、九州地区チーフを務めるなど活躍し、小久保裕紀井口資仁を担当。2000年からは阪神タイガースのスカウト[2]として鳥谷敬安藤優也などを担当。

アメリカンフットボールXリーグオービックシーガルズの池之上貴裕は親戚。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1976 南海 14 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 144 32.0 34 4 19 0 1 15 4 0 24 23 6.47 1.66
1977 3 2 1 1 0 1 0 0 -- 1.000 62 16.0 10 1 4 1 2 5 0 0 5 5 2.81 0.88
1978 5 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 27 3.2 13 1 2 0 1 4 0 0 10 7 15.75 4.09
通算:3年 22 2 1 1 0 2 0 0 -- 1.000 233 51.2 57 6 25 1 4 24 4 0 39 35 6.06 1.59

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1976 南海 14 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1977 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1978 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
1980 1 3 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .333 .333 .333 .667
1981 50 23 23 8 5 0 2 0 9 0 1 0 0 0 0 0 0 2 2 .217 .217 .391 .609
1982 67 20 18 9 4 2 0 0 6 3 0 0 0 0 1 0 1 2 0 .222 .300 .333 .633
1983 120 389 336 48 89 14 1 7 126 32 5 5 18 2 17 1 16 35 8 .265 .329 .375 .704
1984 94 221 184 25 47 5 0 4 64 14 3 1 19 0 10 0 8 20 2 .255 .322 .348 .670
1985 100 273 239 28 72 15 0 2 93 35 4 2 4 2 19 0 9 23 6 .301 .372 .389 .761
1986 7 8 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 .000 .000 .000 .000
1987 大洋 62 107 97 10 26 5 2 0 35 5 0 2 4 0 4 0 2 12 2 .268 .311 .361 .672
1988 44 50 44 4 12 3 0 2 21 8 0 0 2 0 0 0 4 7 2 .273 .333 .477 .811
通算:12年 570 1094 952 132 256 44 5 15 355 97 13 10 47 4 51 1 40 103 23 .269 .331 .373 .704
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

投手記録
  • 初登板:1976年4月10日、対日本ハムファイターズ前期1回戦(大阪スタヂアム)、9回表に2番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初勝利:1976年4月11日、対日本ハムファイターズ前期2回戦(大阪スタヂアム)、6回表無死に2番手で救援登板・完了、4回無失点
  • 初奪三振:同上、6回表に上垣内誠から
  • 初先発:1977年8月31日、対阪急ブレーブス後期12回戦(県営富山球場)、6回0/3を5失点
  • 初先発勝利・初完投勝利・初完封勝利:1977年10月6日、対日本ハムファイターズ後期13回戦(後楽園球場[1]
打撃記録

背番号編集

  • 36 (1973年 - 1982年)
  • 15 (1983年 - 1986年)
  • 67 (1987年 - 1988年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『'86プロ野球選手写真名鑑』、日刊スポーツ出版社、1986年4月、P126。
  2. ^ 週刊ベースボール2014年3月24日号 P20

関連項目編集

外部リンク編集