金石 昭人(かねいし あきひと、1960年12月26日 - )は、岐阜県加茂郡白川町出身の元プロ野球選手投手)、解説者実業家

金石 昭人
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岐阜県加茂郡白川町
生年月日 (1960-12-26) 1960年12月26日(60歳)
身長
体重
197 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1978年 ドラフト外
初出場 1982年6月25日
最終出場 1998年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

PL学園高校では1年上に米村明、同期で後にプロでも同僚となる西田真二という好投手がいたために大舞台を踏む機会が無かったが、2年次の1977年には春季近畿大会府予選決勝で先発を任され、山本昭良香川伸行を中心打者とする浪商を大差で降す。3年次の1978年は春夏の甲子園に出場し、春の選抜では準々決勝で箕島高に敗退するもベンチ外であった[1]夏の選手権は決勝で高知商を降し優勝を果たすが[2]、自身の登板機会はなかった。他の高校同期に木戸克彦谷松浩之がいた。同年オフにドラフト外広島東洋カープへ入団するが、この入団には叔父の金田正一及び金田留広の口添えがあった、と後に本人が述懐している[3][4]。ちなみに3人で通算600勝している[5]

プロ入り後編集

プロ入り後数年間は二軍生活であったが、4年目の1982年に一軍初登板。その後は一軍と二軍との往復が続いたが、7年目の1985年に一軍に定着。1986年には195cmという飛び抜けて恵まれた身長と、その身長が生み出す落差あるフォークを武器に26試合登板・12勝6敗・防御率2.68という記録を残し、2年ぶりのリーグ優勝に貢献。西武との日本シリーズでは10月23日の第3戦(西武)に先発して8回まで好投、同27日の最終第8戦(広島市民)にも先発し、相手先発の東尾修から金石自ら先制2ラン本塁打を放つも、秋山幸二に同点2ラン本塁打を浴びてその際に話題となったバック宙ホームインをやられ、8回にはジョージ・ブコビッチに決勝二塁打を喫して敗戦し日本一はならなかった。その後は1989年に7勝1敗の好記録を残すが、故障もあって必ずしも満足な成績を残すことができなかった。1990年6月2日巨人戦(東京D)に先発した際、ウォーレン・クロマティ敬遠球を打たれ、外野手・西田の頭上を越えるサヨナラ安打を浴びた。この試合では植田幸弘が捕手を務めていたが、出場しなかった達川光男に「ちゃんとお前が外さんからこうなるんじゃ」と厳しく説教された。1991年の西武との日本シリーズでは3試合にリリーフ登板するが、10月26日の第6戦(西武)では6回に打ち込まれて敗戦投手となる。同年のベースボール・マガジン社のプロ野球選手名鑑では195cmであったが、後に身長はプロ入団後も2cm伸びたと語り、公称も197cmになった。同年12月津野浩との交換トレード日本ハムファイターズへ移籍。

1992年に自己最多の14勝を挙げ復活を果たすが、1993年には開幕前に故障。復帰後1試合だけ先発したのち、チーム事情と重なりリリーフに転向して9勝13セーブの好成績を残し田村藤夫と共に最優秀バッテリー賞を受賞。以降は抑えの切り札として定着し、1995年にFA権を取得して日ハムに宣言残留[6]。日本ハム時代は名護キャンプの宿舎の部屋を選手やスタッフが集まれるように開放し、岩本勉片岡篤史曰く、わざわざレンタル冷蔵庫を借り、大量の酒を用意するなどの念の入れ様であった。1997年は先発再転向も思うような結果が残せず、登板数激減しで14年ぶりの未勝利に終わった。同年オフには戦力外通告を受けて自由契約選手となり[7]、叔父の正一には「福岡ダイエーホークスに入団した方がまだプロで生き残れるからダイエーに行け」と言われたが、金石は「私は金田家の人間じゃなく、金石家の人間です。自由にさせてくれ」と言って1998年2月に読売ジャイアンツの春季キャンプへ参加。テストに合格して同26日に入団が発表され、背番号「19」、推定年俸5000万円で契約。

1998年4月3日の開幕戦・ヤクルト戦(神宮)で9回裏2死で高校の後輩でもある7歳下の先発・桑田真澄をリリーフし、辻発彦から奪三振で移籍後初セーブを挙げる。2日後の5日の同じくヤクルト戦(神宮)で2セーブ目を挙げたが、これが自身最後のセーブとなった。同年にオリックスから移籍してきた野村貴仁と共に抑えの切り札として期待されたが、かつての輝きは取り戻せず次第に打ち込まれた。18日阪神戦(東京D)では9回に安打と四球で降板し、その後に登板した野村も打たれて移籍後初敗戦。5月6日横浜戦(東京D)で、巨人が6対4と2点リードした8回表2死2塁の場面で野村に代わり抑えとして登板したが、この回は抑えたものの9回表1死から二塁打と四球を暴投で二塁走者が三塁進み、進藤達哉に逆転3ラン本塁打を打たれて巨人は7対6で敗れる。この試合を境に登板が激減し、主に中継ぎとして13試合に登板するも2敗2セーブと勝ち星をあげることはできず、同年10月1日に現役引退を表明。2日後の3日に行われた最終戦・広島戦(東京D)で、PLの後輩・吉村禎章や広島時代からの同僚・川口和久と共に引退セレモニーが実施され、背番号19の後任となった上原浩治とも親交が深い。

引退後編集

1999年からテレビ東京解説者となり、2000年に元バドミントン選手でキャスターの陣内貴美子と結婚。婚姻届の提出日は金石たっての希望で、早世した実母の命日である8月26日とした。結婚式司会は現役時代から親交のあるフジテレビアナウンサーで、両名とも大のカープファンである福井謙二西山喜久恵が担当した。陣内と婚約している時にたまたま陣内宅に押し入った強盗と遭遇し、包丁をもっていた強盗に対し、素手で立ち向かい、陣内と2人で取り押さえ、話題になった。2004年には日本ハムの北海道移転に伴い北海道放送解説者に就任し、さらに2005年から2011年までスカイ・A2012年からはJ SPORTSの解説も務めている。2014年からはテレビ新広島の解説も担当し、さらに解説業の傍らで東京都品川区の『寿司 かねいし』と港区に二店舗、広島風お好み焼き・鉄板焼き店『かねいし』も経営している[8][9]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1982 広島 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 12 2.2 5 0 0 0 0 2 0 0 2 2 6.75 1.88
1983 10 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 59 12.2 19 1 2 0 0 6 1 1 10 9 6.39 1.66
1985 23 18 6 0 1 6 9 0 -- .400 483 110.2 114 12 45 0 4 51 1 0 66 62 5.04 1.44
1986 26 25 5 2 2 12 6 0 -- .667 638 158.0 137 13 39 2 4 105 3 0 54 47 2.68 1.11
1987 14 13 3 0 1 5 5 0 -- .500 349 85.0 83 7 18 4 1 56 1 1 29 24 2.54 1.19
1988 6 4 0 0 0 2 2 0 -- .500 116 27.2 28 1 8 1 1 26 2 0 11 10 3.25 1.30
1989 17 11 1 1 0 7 1 0 -- .875 337 82.2 77 2 21 0 1 47 2 0 26 22 2.40 1.19
1990 24 16 4 1 1 4 8 0 -- .333 459 104.0 128 10 29 1 2 62 2 0 67 57 4.93 1.51
1991 31 10 0 0 0 4 7 2 -- .364 375 90.1 83 9 26 3 3 53 2 0 36 33 3.29 1.21
1992 日本ハム 28 25 13 1 3 14 12 0 -- .538 772 183.2 188 16 47 6 8 98 10 0 87 77 3.77 1.28
1993 32 1 0 0 0 9 1 13 -- .900 271 69.0 58 4 16 3 3 30 3 0 17 16 2.09 1.07
1994 37 0 0 0 0 6 3 18 -- .667 363 86.0 93 2 24 3 4 34 5 0 24 24 2.51 1.36
1995 32 0 0 0 0 2 3 25 -- .400 150 35.2 30 2 15 3 1 21 1 0 10 8 2.02 1.26
1996 28 0 0 0 0 1 1 20 -- .500 111 25.2 32 1 6 1 1 12 0 0 6 6 2.10 1.48
1997 6 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 22 4.2 9 2 0 0 0 1 0 0 5 5 9.64 1.93
1998 巨人 13 0 0 0 0 0 2 2 -- .000 63 12.2 20 2 6 0 0 6 1 0 15 8 5.68 2.05
通算:16年 329 125 32 5 8 72 61 80 -- .541 4580 1091.0 1104 84 302 27 33 610 34 2 465 410 3.38 1.29

表彰編集

記録編集

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号編集

  • 47 (1979年 - 1991年)
  • 23 (1992年 - 1997年)
  • 19 (1998年)

関連情報編集

著書編集

  • 『裸の野球人 内面の弱さを克服し、打者との心理戦に勝つために私は敵・味方を欺き、自分をも騙す演技を身につけた』(ロングセラーズ、2000/6、ISBN 978-4845406555

関連書籍編集

出演番組編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集