大阪府立桜塚高等学校

日本の大阪府豊中市にある公立の高等学校

大阪府立桜塚高等学校(おおさかふりつ さくらづか こうとうがっこう、: Sakurazuka High School)は、大阪府豊中市桜塚にある公立高等学校昭和初期1937年、府立14番目の高等女学校として設置された。全日制普通科定時制普通科(単位制)を併設している。

大阪府立桜塚高等学校
大阪府立桜塚高等学校
2009年平成21年〉3月撮影)
過去の名称 大阪府立第十四高等女学校
大阪府立豊中高等女学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大阪府の旗 大阪府
校訓 明朗・敬虔・奉仕[1]
設立年月日 1937年昭和12年)1月22日
創立記念日 5月22日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程定時制課程
単位制・学年制 学年制(全日制)
単位制(定時制)
設置学科 普通科
(全日制・定時制とも)
高校コード 27106D
所在地 561-0881
大阪府豊中市桜塚四丁目1番1号

北緯34度46分55.80秒 東経135度28分19.87秒 / 北緯34.7821667度 東経135.4721861度 / 34.7821667; 135.4721861座標: 北緯34度46分55.80秒 東経135度28分19.87秒 / 北緯34.7821667度 東経135.4721861度 / 34.7821667; 135.4721861
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要編集

1937年昭和12年)1月22日、大阪府立第十四高等女学校として大阪市東成区に創立した(修業年限5年間。文部省告示第14号1月25日付で設置と4月開校を認可[2]。のちに大阪府立豊中高等女学校に改称)。

太平洋戦争後の学制改革に伴い、新制の高校「大阪府立桜塚高等学校」に改編(修業3年間)。全日制定時制課程(いずれも普通科)を設置した。

全日制課程では英語数学理科などで少人数授業を導入している。また定時制課程は2005年平成17年)度に単位制に改編された。なお定時制課程は、通称「夜桜」で呼ばれている[3]

2018年6月18日の大阪府北部地震と、9月4日の台風21号では、校舎損傷や倒木など被害があった[4]

進路(大学進学)編集

卒業後の進路の状況は、2020年令和2年)2月の卒業生360人(72期生)の場合、現役で公立大に計5人が合格した[5]

なお50年前1970年昭和45年)の卒業生の場合、現役で国公立大に計15人が合格していた(大阪教育大学10人、神戸市外国語大学2人、大阪府立大学大阪女子大学大阪市立大学各1人ずつ[6])。

引きこもり、発達障害を支援編集

校内に定時制課程の相談室「うーぱー」を設置。一般社団法人「キャリアブリッジ」と連携し運営しており、臨床心理士大学生など生徒に年齢の近いスタッフが寄り添い、引きこもり発達障害など課題を抱える生徒を、学校生活に定着できるよう支援している[7]

公明党参議院議員の山本香苗によると、大阪府から委託されたキャリアブリッジのスタッフ3人~4人が週2回、午後5時30分から夜10時まで常駐し、何げない会話から生徒の課題を掴み、教員と連携してトラブルを未然に防ぐほか、職場体験実習や進路・就労に関してアドバイス。中退防止や卒業後の支援などの面でも成果が出ているという[8]

80年の歴史で初のOB校長編集

2020年令和2年)4月1日、校長(第23代)に着任の田尻肇は卒業生(全日制32期)で、高女を含め約80年の歴史で初のOB校長となった[4]

沿革編集

大阪府立第十四高等女学校として1937年昭和12年)の開校当初、大阪市東成区勝山通の大阪府立生野高等女学校に併設されていた(現・生野区勝山南の大阪府立勝山高等学校[9])。

1938年豊中市大字桜塚に移転し(現在地)、大阪府立豊中高等女学校に改称。1941年5月22日に校舎落成式を挙行。この日を創立記念日と定めている[10]

太平洋戦争後の学制改革に伴い1948年に大阪府立桜塚高等学校と改称し、近隣の大阪府立豊中高等学校旧制中学校男子校〉の府立豊中中学校)および大阪府立池田高等学校(旧制の府立池田中学校)と生徒を交流(入れ替え)して男女共学となった。

また、新制の高校に改編の際、豊中市立高等女学校が廃校となった[11]ため、市立高女の生徒を編入。定時制課程も併設した。

定時制課程は、萱野分校・庄内分校・止々呂美分校・吉川分校の4分校を設置していたが、1950年代までに廃止された。

年表編集

基礎データ編集

交通アクセス編集

鉄道編集

象徴編集

校歌編集

校歌1953年昭和28年)1月に制定[10]、生徒による作詞・作曲[1]

制服編集

全日制課程には制服があり、2011年平成23年)にデザインを一新された(3代目)。男子は黒色の標準的な学生服。女子は色を基調としたブレザーと、サクラ(桜)をイメージした桃色ラインの入ったスカートまたはスラックスに、リボンを組み合わせる。エンブレムには、伝統校としての誇り「since1937」を入れている[12]

定時制課程には制服がなく、服装は自由である[13]

諸活動編集

部活動編集

クラブ活動では、軽音楽部が2018年夏の全国高等学校総合文化祭の軽音楽部門で最優秀賞。また、2025年日本国際博覧会(関西・大阪万博)誘致の際にオリジナルの応援ソング「Yume色(ゆめいろ)OSAKA」を作曲し、話題となった[14][15]

運動部編集

文化部編集

学校行事編集

修学旅行は、予算の範囲内で訪問できる候補地を数箇所提示され、生徒(PTA)の投票で行き先を決めている[16]

なお、1953年の修学旅行では、旅先の熊本県4月27日昼に阿蘇山中岳の第一火口から噴火が発生。人間並みの大きさの噴石が飛散し[17]、桜塚高校の男子生徒1名が死亡した[4]。この事故では観光客6人が死亡、約90人が負傷している。

その後、噴火の犠牲となった生徒の二十三回忌(年忌)の年に修学旅行を行った後輩(30期生)は、南九州北九州しか旅先の選択肢がなかった結果、阿蘇山を訪れ顕花し、黙祷させられたという[16]

学校施設編集

 
登録有形文化財に登録された府立豊中高等女学校時代の塀。グラウンドの北側にある(2008年平成20年〉11月撮影)

桜塚高校の北側の塀(豊中高等女学校時代に建てられた周塀)が2009年(平成21年)1月21日、国の登録有形文化財に登録された[4]。レンガ積みの柱とコンクリート・パネルで構成され、豊中市によると、当時の塀は「北辺の左右と東南隅の隅切り部分とに残存」している[18]

校舎1970年代に建て替えられた旧耐震基準既存不適格のままであり、震度6強の揺れで倒壊の恐れがある。このため2008年平成20年)と2013年度に改修を行った[19]

 
大阪府立桜塚高等学校の塀。正門側は通常のブロック積み(2007年平成19年〉5月撮影)

不祥事編集

刃の長さ14cm鉈、教諭を逮捕編集

桜塚高校の45歳教諭2009年平成21年)2月3日の昼、自分の車の運転席マットの下に、の長さ14cmのを隠し持っていた疑いで逮捕された。教諭は大阪市天王寺区で開催の研修会に参加する予定で、現行犯で逮捕された際「子供を守るため(鉈を)護身用に持っていた」と認めているという[20]

高校関係者と組織編集

関連団体編集

  • 大阪府立桜塚高等学校同窓会 尚和会 - 同窓会。読み方は「しょうわかい」

高校関係者一覧編集

政治
学芸
芸能
スポーツ

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 校訓・校歌”. 大阪府立桜塚高等学校. 2020年11月6日閲覧。
  2. ^ a b c 官報第三0一五号 文部省告示第十四号(大阪府立第十四高等女学校設置開校p549)”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 文部省 (1937年1月25日). 2020年2月18日閲覧。
  3. ^ 准校長あいさつ 大阪府立桜塚高等学校 定時制の課程”. 大阪府立桜塚高等学校(定時制). 2020年11月6日閲覧。
  4. ^ a b c d e 尚和会について - 沿革 - 大阪府立桜塚高等学校 尚和会 同窓会サイト”. 大阪府立桜塚高等学校同窓会尚和会. 2020年11月6日閲覧。
  5. ^ 資料1 卒業生の進路状況 現役生(72期生)”. 大阪府立桜塚高等学校(全日制). 2020年11月6日閲覧。
  6. ^ a b c 尚和会会報昭和45年(1970年)5月1日
  7. ^ 学校生活への定着支援”. 公明新聞(公明党) (2018年2月14日). 2020年11月6日閲覧。
  8. ^ [1] - 第196回国会 参議院 厚生労働委員会 第17号 平成30年5月31日
  9. ^ 大阪府立生野高等女学校の後身、大阪府立勝山高等学校は1960年代に別の場所に移転。その後、桜塚高校発祥の地の生野高女の敷地は、大阪府立桃谷高等学校として使用されている。
  10. ^ a b c d e 沿革~桜塚高校の歴史~”. 大阪府立桜塚高等学校(全日制). 2020年11月6日閲覧。
  11. ^ 豊中市立高等女学校は、校舎を新制の中学校に転用するため、新制の高校に改編されず廃校。跡地に豊中市立第二中学校が建てられた。
  12. ^ 制服について” (日本語). 大阪府立桜塚高等学校. 2020年11月6日閲覧。
  13. ^ よくあるご質問 大阪府立桜塚高等学校 定時制の課程”. 大阪府立桜塚高等学校(定時制). 2020年11月6日閲覧。
  14. ^ “【動画】高校生の万博誘致応援ソング動画に…国内そして世界へアピール” (日本語). 産経新聞. (2018年5月4日). https://www.sankei.com/west/news/180504/wst1805040040-n1.html 2020年11月6日閲覧。 
  15. ^ “【動画】さあ大阪万博…開催地決定を前に桜塚高の軽音楽部が知事表敬” (日本語). 産経新聞. (2018年11月16日). https://www.sankei.com/west/news/181116/wst1811160028-n1.html 2020年11月6日閲覧。 
  16. ^ a b 桜塚高校の悲劇” (日本語). 桜塚高校30期生(アメーバブログ) (2018年11月16日). 2020年11月6日閲覧。
  17. ^ 阿蘇山噴火で死傷者多数 - Yahoo!天気・災害 - Yahoo! JAPAN” (日本語). Yahoo! JAPAN. 2020年11月6日閲覧。
  18. ^ 大阪府立桜塚高等学校旧塀(元豊中高等女学校周塀) 豊中市” (日本語). 桜塚高校30期生(アメーバブログ) (2013年1月7日). 2021年1月2日閲覧。
  19. ^ 棟別耐震性能一覧表【府立学校】” (日本語). 大阪府庁. 2020年11月6日閲覧。
  20. ^ 読売新聞2009年平成21年)2月4日朝刊 車内になた所持容疑 定時制教諭を逮捕「子ども守るため」

関連文献編集

  • 大阪府立桜塚高等学校「大阪府立桜塚高等学校創立60周年記念誌『歴史、そしてこの10年』」(1997年11月)

関連項目編集

外部リンク編集