メインメニューを開く

家康行列(いえやすぎょうれつ)は、愛知県岡崎市で毎年4月の第1または第2日曜日に開催される時代行列。「岡崎の桜まつり」のメインイベントである。公募で選ばれた徳川家康公を始めとする三河武士団、姫列など700余名が市内中心部を練り歩く[2]

家康行列
伊賀八幡宮での出陣式
伊賀八幡宮での出陣式
イベントの種類 時代行列
開催時期 4月第1または第2日曜日
初回開催 1955年4月10日
会場 愛知県岡崎市
主催 岡崎市・岡崎市観光協会
後援 愛知県
来場者数 46万人(2016年)[1]
公式サイト

目次

沿革編集

今日の家康行列は、江戸時代、岡崎城内本丸内坂谷櫓傍にあった映世神社で10月18日に行われていた「映世明神祭礼」(えいせいみょうじんさいれい)を起源とする。映世神社は徳川四天王のひとり・本多忠勝を祀る神社である。藩主自ら軍装を整え家臣を率いて行軍の儀式を行った。儀式は先隊、次隊、三隊、士隊、馬隊の順に戦陣の態勢で繰り出し、本丸より風呂谷、坂谷門、白山馬場を通り芝原に至って陣を布き、矢を射、弾を飛ばすなどした[3]

1876年(明治9年)1月、映世神社と徳川家康を祀る東照宮が合併して龍城神社となると、家康の忌日である4月17日が例祭の日に変わった。旧藩士後裔で組織された甲冑姿の不忘義団が、龍城神社から繁華街の西康生を経て、伊賀八幡宮まで御輿を供奉(ぐぶ)する「武者行列」が第2次世界大戦まで行われた[4]。この行列には桝塚の住民による奴の道中行列や連尺の子女の稚児行列も連り、祭りをもりたてていた。

1948年(昭和23年)2月10日、龍城神社の火事によって甲冑等が焼失[5]。これにより行列は行われなくなる。

しかし1953年(昭和28年)、山岡荘八の『徳川家康』が出版されて家康ブームが興ると、岡崎商店街連盟のはたらきかけと岡崎商工会議所の支援によって、武者行列は1955年(昭和30年)4月10日、「家康まつり」として復活した。行進順路は次のとおり。岡崎公園(9時発)→八帖(折り返し)→康生町交差点→本町→井田→大樹寺→井田→元能見市場→松應寺→材木→連尺→籠田公園→東康生→殿橋東岡崎駅前→伝馬→中町(折り返し)→伝馬市場→東康生→岡崎公園(16時30分着)。同日、岡崎公園のグラウンドでは午前9時から第5回全日本オートバイレースが開かれた。通過地点の籠田公園では、岩津温泉旅館組合が作った「岩津温泉音頭」「岩津小唄」の発表会が行われ[6]、NHK専属のバンドや歌手が出演した[7]

1956年(昭和31年)は4月7日に開催。10時に岡崎公園を出発し、13時からは愛知県警察音楽隊が明大寺町―本町間のパレードを先導した。この年は矢作橋も渡り、松本花柳界の花車が参加した[8][9]

1958年(昭和33年)は、岡崎市戦災復興事業完成記念式典が行われた翌日の4月11日に開催。行進順路は次のとおり。井田町あおいマート(10時発)→能見町→松本町→元能見市場→本町→連尺通→明大寺町→六所神社前→中町→伝馬→岡崎商工会議所(現在の岡崎信用金庫資料館)→伝馬市場折り返し→籠田町→八帖橋折り返し→岡崎公園西堤→竹千代橋→龍城神社[10]

1959年(昭和34年)3月30日岡崎城再建[11]を契機として、同年以降は市と観光協会の主催で行われることとなった。そして「伊賀八幡宮13時出発」もこの年から定着した[12]

イベントの内容編集

  • 往時は1,000人が参加。行列の時間も今より長く、正午に伊賀八幡宮を出発し16時に岡崎城に到着解散していた。岡崎市長、県議、市議、観光協会役員ら60人は、黒紋付にあられ小紋の派手な姿で一文字傘を着用するのが習わしであった[15]。「家康行列」と「岡崎の歴史行列」の二本立てで練り歩いた時期もあった。後者には「悠紀斎田お田植えまつり列」「浄瑠璃姫と義経列」「滝山寺鬼まつり列」「山中八幡宮デンデンガッサリ列」など、今は見られない隊列が参加していた[16]
  • 家康役には岡崎市長が扮することが以前は多かった。1981年(昭和56年)以降は一般公募によって選ばれている[17][18][19]

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 今井亮、大山智也 (2016年4月12日). “総大将 里見さんに声援 家康行列 市制100周年飾る時代絵巻”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/160412.html 2016年12月30日閲覧。 
  2. ^ みどころ|家康行列|岡崎市観光協会公式サイト
  3. ^ 『新編 岡崎市史 総集編 20』新編岡崎市史編さん委員会、1993年3月15日、52頁。
  4. ^ 『新編 岡崎市史 総集編 20』新編岡崎市史編さん委員会、1993年3月15日、24頁。
  5. ^ 『新編 岡崎市史 総集編 20』新編岡崎市史編さん委員会、1993年3月15日、503頁。
  6. ^ 額田郡岩津町は1955年2月1日に岡崎市に編入された。
  7. ^ 『東海新聞』1955年4月10日、3面、「花吹雪の岡崎公園中心に 豪華〝家康まつり〟 延々二キロに連なる大パレード」。
  8. ^ 『東海新聞』1956年4月8日、1面、「お城下を〝東照権現〟一色に 花の下ゆく大行列に全市湧返る」。
  9. ^ 『新編 岡崎市史 現代 5』新編岡崎市史編さん委員会、1985年12月28日、327頁。
  10. ^ 中部日本新聞』1958年4月11日付朝刊、三河版、4面、「きょう家康公行列 中心街に 花やかな武者絵巻」。
  11. ^ 愛知新聞』1959年3月31日、1面、「参列者一堂讃美の声しきり 岡崎城復元完工式盛大に終る」。
  12. ^ 『中部日本新聞』1959年4月6日付朝刊、三河版、6面、「岡崎城の完工記念 家康まつりにぎわう 千人が練り歩く 呼び物の家康行列」。
  13. ^ “岡崎で「家康行列」-家康公、四天王、親善都市女王やゆるキャラも”. 岡崎経済新聞. (2014年4月7日). http://okazaki.keizai.biz/headline/1132/ 2015年11月17日閲覧。 
  14. ^ 岡崎市/教えてバンク(よくある質問)/地域振興/観光振興/家康行列について知りたい。
  15. ^ 『東海新聞』1959年4月5日、1面、「きょう家康まつり行列 〝花の岡崎〟に豪華絵巻」
  16. ^ 『東海愛知新聞』1978年4月9日、1面、「きょう家康・歴史行列 福山、幸田も仲間入り」。
  17. ^ 岡崎市議会議事録 昭和56年6月 定例会 - 06月15日 - 09号。
  18. ^ 岡崎市議会議事録 平成6年9月 定例会 - 09月09日 - 20号。
  19. ^ 『市政だより おかざき』1980年5月1日号。
  20. ^ a b 岡崎市議会議事録 平成18年6月 定例会 - 06月08日 - 11号。
  21. ^ “松方“家康”に歓声 沿道に45万人の人出 井川さん、徳川氏らもパレード”. 東海愛知新聞. (2006年4月11日). http://www.fmokazaki.jp/tokai/2006tokai/060411.html 2019年3月13日閲覧。 
  22. ^ “今年の家康行列 朝鮮通信使列など参加 岡崎市議会代表質問”. 東海愛知新聞. (2015年3月4日). http://www.fmokazaki.jp/tokai/150304.html 2016年4月17日閲覧。 
  23. ^ 佐藤浩太郎「『家康行列』勇壮に 過去最大800人隊列 里見浩太朗さんらに歓声」 『中日新聞』2016年4月12日付朝刊、西三河版、18面。
  24. ^ 『中日新聞』2016年2月18日付朝刊、西三河版、18面、「家康役に里見さん 4月、岡崎行列 菊川さん一日署長」
  25. ^ 今井亮 (2017年4月8日). “あす家康行列 岡崎の中心市街地 金沢の前田利家列も”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/170408.html 2017年4月15日閲覧。 
  26. ^ 竹内雅紀 (2017年12月23日). “主役に松平健さん 来年4月の家康行列”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/171223.php 2018年3月18日閲覧。 
  27. ^ 森田真奈子「松平健さんに沿道歓声 岡崎 華やかに『家康行列』」 『中日新聞』2018年4月10日付朝刊、県内版、22面。
  28. ^ 横田沙貴 (2019年1月6日). “平泉成さんと練り歩こう 家康行列の参加者募集”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/190106.php 2019年1月30日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集