内田 康宏(うちだ やすひろ、1952年12月23日 - )は、日本政治家愛知県岡崎市(2期)。第86代愛知県議会議長、愛知県議会議員(7期)を歴任した。

内田 康宏
うちだ やすひろ
Yasuhiro-Uchida-Mayor-2012.jpg
生年月日 (1952-12-23) 1952年12月23日(67歳)
出生地 愛知県岡崎市
出身校 日本大学法学部政治経済学科
前職 愛知県議会議員
所属政党自由民主党→)
無所属
称号 法学士
公式サイト 岡崎市長 内田康宏のホームページ

Flag of Okazaki, Aichi.svg 第27-28代 岡崎市
当選回数 2回
在任期間 2012年10月21日 - 現職

選挙区 岡崎市選挙区
当選回数 7回
在任期間 1987年4月30日 - 2012年9月11日
テンプレートを表示

経歴編集

愛知県岡崎市旧康生町生まれ[注 1]岡崎市立連尺小学校岡崎市立城北中学校愛知県立岡崎北高等学校卒業。高校時代は水泳部に所属した。日本大学法学部政治経済学科を卒業後、アメリカ合衆国に渡る。1976年インディアナ大学に入学し、政治学を専攻した[2][3]

1979年5月、政治評論家飯島清の紹介により安倍晋太郎衆議院議員の秘書となる[4][注 2]。同年10月の衆院選で安倍の随行役を担ったあと、1980年からは、ほぼひと月おきに福田派の清和会事務所に詰めた[7][8]。1980年5月19日に衆議院が解散すると、政治団体「明日の岡崎をきずく会」は内田に旧愛知4区からの出馬を即座に要請[9]。翌5月20日に正式に出馬表明すると[10]、岡崎市内に本拠を置けない自民党の中野四郎稲垣実男浦野烋興は形の上だけでも「三派連合」を組み、無所属の内田に対抗した[11][12]。6月22日に総選挙は行われ、4位当選の稲垣に1万4千余票の大差をつけられ落選[13]

愛知県議会議員へ編集

愛知県議会・岡崎市選挙区は六ツ美町編入に伴い、1963年から定数が3から4に増えた。それ以後自民党はほとんどの選挙で3議席を確保し続けてきたが、1983年の選挙で当選を果たしたのは現職の柴田尚道のみであった。1985年10月21日、福田派の中野四郎衆議院議員が在職中に死去[14]。熾烈な後継者争いを勝ち抜いた杉浦正健1986年7月の総選挙で初当選し、31年ぶりに岡崎から自民党代議士が誕生した。党岡崎市支部はその余勢を駆って、翌年の県議選に向けて、3議席奪還を目論む。

自民党はひとまず柴田尚道に一次公認を出すが、内田のほか、前市議の柴田紘一、前市議の青山秋男[注 3]が公認を求めたことから議論が紛糾。党支部は県連に一任し、現職に新人3人を加え、定数いっぱいの4人を公認することで決着がついた[18][19]

1987年4月12日、愛知県議会議員選挙執行。投票率は58.75%。

候補者名 当落 年齢 所属党派 新旧別 得票数
小見山徹之助 48 民社党 24,986票
八田広子 41 日本共産党 19,493票
内田康宏 34 自由民主党 18,167票
柴田紘一 46 自由民主党 17,718票
柴田尚道 52 自由民主党 17,124票
青山秋男 40 自由民主党 16,310票

売上税導入反対を訴えた日本共産党新人の八田広子が得票数2位で初当選。内田は続く3位で初当選。八田以下はいずれも接戦であり、3期目の柴田尚道は党岡崎市支部長の要職にありながら、4位当選の柴田紘一に594票差で敗れた[20]。最下位で落選した青山は1991年の県議選で初当選した[21]

2003年10月14日、愛知県議会副議長の近藤浩衆院選に出馬するため県議を辞職。その後を受けて同年11月28日、副議長に就任[22]2006年5月26日、第86代議長に就任した[23]2011年、7期目の当選を果たす。

2012年岡崎市長選挙編集

2012年4月26日、任期満了に伴う市長選に出馬することを表明した[24]。6月1日、現職の柴田紘一は不出馬を表明。柴田は同日行われた記者会見で「後継者は決めない」と明言するも[25]、その頃にはすでに大村秀章愛知県知事に働きかけ、日本一愛知の会の園山康男県議の擁立に動いていた[26]。7月20日、園山は正式に出馬を表明[27]。柴田市長は8月4日の岡崎観光夏まつり花火大会の開会挨拶で大村知事と園山を壇上に上げ、候補者の背後にあるものが何であるかを市民に知らしめた。そして8月6日、記者会見を開き園山支持を明らかにした[28]

民主党もこれらの動きに同調。党県連代表の中根康浩の父親の中根薫市議は9月4日、市議会定例会の一般質問で「一点の落ち度もないくらい、私どもが柴田市政に物申すことなど全く見当たらなかった」と持ち上げたあと、柴田に真意を尋ねた。柴田市長は「この方ならば、きっと間違いない道を歩んでくれると感じ、推薦をした」と答弁。さらに内田陣営を「正常な姿ではない」と痛罵した[注 4]岡崎市議会自民党系会派の15名の市議のうち中根勝美、蜂須賀喜久好、山崎泰信、永田寛ら4名は、公然と園山を支持した[38]。9月11日、内田は県議を辞職[39]。10月9日、公明党は園山の支持を決定[40]

同年10月14日、岡崎市長選挙が告示される。内田は自民党の推薦を受けて無所属で立候補。園山は公明党の支持と連合愛知の推薦のほか[41]、大村秀章知事と柴田紘一前市長、前述の市議4名、民主党県連代表の中根康浩の支援を受けて立候補[42][43]。園山の妻の実家が三河地方の有力な産業廃棄物処理業者であったため、経済界でもその多くが園山支持に回った。劣勢が伝えられる中、投票は10月21日に行われ、内田が接戦の末に初当選を果たした[44][45][46]。この日は市議選、両候補者の辞職に伴う県議補選もあり、岡崎市にとって戦後初のトリプル選挙となった[47]

※当日有権者数:291,200人 最終投票率:57.81%(前回比:-1.24%)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
内田康宏59無所属87,269票54.52%(推薦)自由民主党
園山康男47無所属72,801票45.48%(支持)公明党
(推薦)連合愛知

2016年10月、再選。

岡崎市長として編集

 
新世紀岡崎チャレンジ100事務局
 
乙川リバーフロントQURUWA戦略地区整備計画の一環として全面改修された籠田公園[48]
2012年
  • 10月21日 - 市長就任。
2013年
  • 4月1日 - 官民連携組織である「岡崎活性化本部」を岡崎商工会議所内に設置[49]
  • 7月25日 - 第1回市民対話集会を開催。以後2014年11月までの間に、19回にわたって市内47学区の市民との対話集会を行った。
  • 12月20日 - 新築か改修かで議論になっていた岡崎市民会館の老朽化対策について、改修で行くことを決定した。この決定は前市長時代に着手されていた移転・新築計画[50]を白紙撤回するもので、内田の選挙公約でもあった[51]
2014年
  • 5月29日 - 学校法人藤田学園と「大学病院の建設に関する協定」を結んだ。内容は24時間救急医療に対応できる大学病院を市内針崎町に建設するというもので、2020年4月開院を目指す[52]
  • 8月28日 - 乙川周辺の大規模な整備計画(乙川リバーフロント地区整備計画)を発表。東岡崎駅前のペデストリアンデッキの建設、幅員17メートルの人道橋の架設、中央緑道と籠田公園の整備、乙川河川敷の整備、徳川家康の銅像の設置などを主な内容とする。2015年度からの5年間で完成する予定[53][54]
  • 11月25日 - 2年後に迎える市制施行100周年を記念した事業「新世紀岡崎 飛躍祭」の概要を発表した。市内の法人や学生団体が実施する事業100件(上限)に対して計1億円の補助金を市が支給する「新世紀岡崎チャレンジ100」など、様々な新規事業が含まれている[55]
2015年
  • 3月29日 - 篤志家から寄贈された恐竜のモニュメント5体すべてが東公園に設置された[56]。市の新たな観光スポットとなることが見込まれる(その後も寄付を受け、恐竜は計7体となった[57])。
  • 3月30日 - 岡崎市の進める計画「乙川リバーフロント地区かわまちづくり」が、国土交通省の「かわまちづくり支援制度」の登録認定を受ける。愛知県管理の河川では初めての登録となった[58][59]
  • 8月22日 - 市の観光プロモーションのため吉本新喜劇に岡崎市長役で出演。岡崎市を舞台とした現代劇が8月18日から1週間にわたってなんばグランド花月で上演され、内田は期間中の22日に出演した[60]
  • 11月15日 - 「岡崎さくら100年プロジェクト」の桜の植樹がスタート。寄付で集まった桜の苗木1,154本を2016年3月末までに市内全域の22箇所に植える。新たに植樹するのは、ジンダイアケボノ八重紅枝垂などソメイヨシノ以外の7品種[61]
2016年
2017年
  • 4月1日 - 発達障害児の相談・医療・支援を総合的に提供する施設「岡崎市こども発達センター」が岡崎市福祉の村にオープン[70]
2018年
  • 3月30日 - 乙川リバーフロント地区内の回遊性を生み出す公民連携事業「QURUWA戦略」[71]が評価を受け、岡崎市は国土交通省と内閣府による「地方再生のモデル都市」に選ばれた[72][73]。QURUWA戦略の総事業費46億2,000万円のうち、約半額が国からの交付金で賄われる見込み[74]
  • 3月31日 - 愛知県と岡崎市は愛知県がんセンター愛知病院(現在の岡崎市立愛知病院)の経営を2019年4月から岡崎市民病院に移管することで基本合意し、その覚書を交わした[75]。愛知病院の土地と建物は県が市に10年間、無償で貸与し、市民病院の結核病棟の整備費も県が負担する[76]。内田は会見で「市民病院と愛知病院は距離が近く、がん診療で競合している部分があった。競合する機能を再編すれば、財政面の効果に加え、地域医療の充実にもつながる」と述べた[77][78]
  • 7月31日 - 市内の公立小学校47校と公立中学校20校の普通教室に約30億円を投じて業務用エアコンを設置すると発表[79]
  • 8月20日 - 小中学校のエアコン設置完了時期を当初予定していた2020年6月から前倒しすると明らかにした。小学校の普通教室と特別教室と中学校の特別支援学級など1212教室については2019年6月までに、中学校の普通教室と特別教室など567教室については2019年12月までに完了する予定(その後さらに前倒しされ、中学校の普通・特別教室も2019年6月までに設置された)。PFI方式で事業を実施する[80]
  • 11月19日 - 東阿知和町西阿知和町真福寺町の3町にまたがって造成が計画されている「阿知和地区工業団地」の整備事業につき、事業主体を愛知県企業庁から市に移すと発表した。これにより、東名高速道路の「(仮称)岡崎阿知和スマートインターチェンジ」の設置に向けた調整が容易になる予定[81][82]
2019年
  • 7月26日 - 籠田公園がリニューアルオープン[83]
  • 11月2日 - 東岡崎駅前のペデストリアンデッキが供用開始。同時に日本最大級の徳川家康の銅像が完成[84][85]。ペデストリアンデッキにより駅に直結する複合商業施設「オト リバーサイドテラス」も全店オープンした[86]
2020年
  • 1月30日 - 2022年度までに全小中学生に一人1台のタブレット端末を整備すると発表した。3年間で市内の小中学生と教員分の計約3万5,500台を購入。国が費用の3分の2を負担する。また、2021年3月末までに全教室にWi-Fiを導入する予定[87]

人物編集

  • 家族は、妻、二男一女。
  • 無類の動物好き。幼児期は犬小屋で犬といっしょに寝ていたという。現在、岡崎市動物総合センターから引き取った犬1匹と猫3匹、拾った猫3匹、生まれた猫4匹に囲まれ暮らしている[88][89][90][91]
  • 特に影響を受けた本として、『正法眼蔵』(道元)、『保守本流の思想と行動』(松野頼三)、『左遷の哲学』(伊藤肇)などを挙げている[92]
  • 座右の銘は「我が志によって立ち、我が旗のもとに倒れる、もって悔いなし」[93]

著書編集

  • 『多岐亡羊』東海愛知新聞社、1994年10月25日。
  • 『夢ある新しい岡崎へ』ゆいぽおと、2018年10月29日。ISBN 978-4877584740

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 1957年11月15日戦後復興事業完成に伴う町名変更が実施された。旧康生町はこのとき康生町康生通東1・2丁目、康生通西1~4丁目、康生通南1~3丁目に分かれた[1]
  2. ^ 飯島清は、1962年の参院選における藤原あき全国区トップ当選の立役者と言われた人物[5]。その飯島を藤原の選挙参謀に取り立てたのが、当時藤原の秘書で、1971年の市長選で内田の父親の内田喜久と争った原嶋亮二であった[6]。原嶋は内田喜久の辞職に伴って1980年8月17日に行われた市長選にも立候補するが、前県議の中根鎭夫に敗れた(中根41,423票、原嶋22,909票、田中定雄21,077票、神谷光男1,388票)。
  3. ^ 青山秋男は、衆議院議員の青山周平の父親。市議2期目の1980年7月14日、衆院選にからみ被買収容疑で逮捕された[15]。1984年の市議選で返り咲く[16]。2012年の市長選においては、柴田紘一と大村知事に気兼ねし、内田への支援は及び腰だったと言われている。2015年に政界引退。地盤は市議の新海正春が継いだ[17]
  4. ^ 中根薫は、元衆議院議員の中根康浩の父親。1967年の市議選で最下位落選後、1971年の市議選で初当選した。1977年12月25日、自民党の近藤春次県議が心臓麻痺のため任期中に死去[29]。そのあとを狙い、1979年の県議選に内田喜久市長の全面協力を得て立候補。「キク(喜久)かおる(薫)」をキャッチフレーズに選挙を戦い、自民党現職の柴田尚道(中野四郎派)、中根鎭夫(稲垣実男派)を相手にしてトップ当選を果たした[30][31]。1980年6月の衆院選では党規に背き、無所属の内田康宏の選対委員長を務めた[32]。7月10日に買収容疑で逮捕されるも[33]、無実を主張。1983年に再選。最高裁上告棄却を受けて、有罪が確定する前の1985年4月17日に辞職届を提出した。1992年に岡崎市長選に出馬し落選[34]。2012年当時は市議を務めており、同年9月の市議会一般質問でここを先途と柴田紘一市長を褒め称えた[35]
    「柴田市長の政治姿勢に感動を覚えたといいますか、目を覚まさせてもらいました」
    「過去12年間、一点の曇りもなく、市民の生活が第一、市民の幸せが第一、この思いの市民主導型市政を展開されてこられた」
    「柴田市長の決断は、無傷のまま、芝居でいえば六方を踏んで花道を引き下がられる見事なものだと、私に感動を与えてくださった」
    中根は近隣に住む中根武彦を後継者に定め市議選には出馬せず[35][36]、息子の中根康浩とともに園山の応援に回った[37]。中根武彦は2016年の市議選に再選後、自民系会派に入会した。
  5. ^ 2017年10月13日、JR岡崎駅東側に結婚式場、レストラン、イベントホール、宿泊用の客室などを備えた複合施設がオープン[64]。2018年3月24日には、市民公募で名称が決まった「出会いの杜公園」が同じく駅東側にオープンした[65]。東口駅前広場で整備中のペデストリアンデッキは2019年10月1日に開通した[66][67]

出典編集

  1. ^ 『新編 岡崎市史 史料 現代 11』新編岡崎市史編さん委員会、1983年6月30日、98頁。
  2. ^ 略歴と経歴(2011年まで) | 岡崎市長 内田康宏のホームページ
  3. ^ インディアナ大学同窓会 in 岡崎”. 内田康宏のブログ (2014年1月22日). 2017年11月11日閲覧。
  4. ^ 安倍晋太郎先生墓参”. 内田康宏のブログ (2013年11月27日). 2017年11月11日閲覧。
  5. ^ 飯島 清とは”. コトバンク. 2019年6月14日閲覧。
  6. ^ 木村伊量「全容 無謀の構図 (23) 中央研修 息子をやっと秘書に 政治評論家に仲介頼む」 『朝日新聞』1980年11月19日付朝刊、三河版西。
  7. ^ 木村伊量「全容 無謀の構図 (1) 第一議員会館 突然の解散に驚き 内田秘書が最後の務め」 『朝日新聞』1980年10月16日付朝刊、三河版西。
  8. ^ 木村伊量「全容 無謀の構図 (27) 新年会 ついに中野氏と決裂 協力の約束即座にほご」 『朝日新聞』1980年11月26日付朝刊、三河版西。
  9. ^ 東海愛知新聞』1980年5月20日、1面、「四区は七人の争いか 衆院解散 参院と初の同日選挙」。
  10. ^ 『東海愛知新聞』1980年5月21日、「内田氏が出馬表明 衆院選挙 『きずく会』の要請で」。
  11. ^ 『朝日新聞』1980年8月18日付朝刊、15面、「新市長ざっくばらん 出直し岡崎 (上)」。
  12. ^ 木村伊量「全容 無謀の構図 (50) 三派連合 会合、中野氏が膳立て 思惑の違いくっきりと」 『朝日新聞』1981年1月21日付朝刊、三河版西。
  13. ^ 木村伊量「全容 無謀の構図 (98) 康宏落選 振わなかった『岡崎票』」 『朝日新聞』1981年4月15日付朝刊、三河版西。
  14. ^ 衆議院会議録情報 第103回国会 議院運営委員会 第7号
  15. ^ 『中日新聞』1980年7月15日付朝刊、1面、「逮捕市議半数超す 岡崎 新たに自民クの4人」。
  16. ^ 岡崎の選挙記録 - 岡崎市議会議員選挙 (PDF)”. 岡崎市役所. 2020年1月27日閲覧。
  17. ^ “維新が2議席獲得 県議選 岡崎市・額田郡選挙区 自民 保守地盤守れず 投票率は過去最低を記録”. 東海愛知新聞. (2015年4月13日). http://www.fmokazaki.jp/tokai/150413.html 2020年1月29日閲覧。 
  18. ^ 『東海愛知新聞』1987年1月1日、2面、「岡崎は少数激戦模様 西三河の県議選展望 無投票区増えそう」。
  19. ^ 『中日新聞』1987年4月5日付朝刊、県内版、12面、「県議選激戦区ルポ <上> 岡崎市 自民4人乱立 地盤綱引き、骨肉の闘い」。
  20. ^ 『東海愛知新聞』1987年4月13日、1面、「県議選 続々勝ち名乗り 八田・内田氏ら当選 岡崎 豊田・東加茂、西尾は現職勝つ」。
  21. ^ 『愛知県議会史 第十四巻』愛知県議会、2010年12月10日、266頁。
  22. ^ 愛知県議会会議録 平成15年11月定例会(第1号)。
  23. ^ 愛知県議会会議録 平成18年5月臨時会(第1号)。
  24. ^ “内田県議が出馬表明 無所属で10月の岡崎市長選”. 東海愛知新聞. (2012年4月27日). http://www.fmokazaki.jp/tokai/120427.html 2013年12月6日閲覧。 
  25. ^ “柴田紘一市長 4選不出馬を表明 後継者決めず 市政に新しい風”. 東海愛知新聞. (2012年6月2日). http://www.fmokazaki.jp/tokai/120602.html 2013年12月6日閲覧。 
  26. ^ 中日新聞』2012年10月22日付朝刊、三河C版、18面、「岡崎市長選 『公約一つ一つ実現』 内田さん新市政へ抱負」。
  27. ^ 『中日新聞』2012年7月21日付朝刊、三河愛知版、21面。
  28. ^ 『中日新聞』2012年8月7日付朝刊、西三河版、12面、「次期岡崎市長選で園山支持を表明 柴田市長会見」。
  29. ^ 『東海愛知新聞』1977年12月27日。
  30. ^ 『中日新聞』1980年7月10日付夕刊、1面、「中根薫県議逮捕へ 内田派違反 現金ばらまき共謀も」。
  31. ^ 『愛知県議会史 第十三巻』愛知県議会、2008年3月15日、249頁。
  32. ^ 木村伊量「全容 無謀の構図 (80) 山本五十六 軍艦になぞらえ奮起」 『朝日新聞』1981年3月18日付朝刊、三河版西。
  33. ^ 朝日新聞』1980年7月11日、1面、「500万円受領・買収謀議の容疑 中根県議を逮捕」。
  34. ^ 『東海愛知新聞』1992年7月27日、1面、「中根鎭夫氏、史上初の4選 3新人を大差で破る」。
  35. ^ a b 岡崎市議会議事録 平成24年9月定例会 - 09月04日 - 16号。
  36. ^ 中根たけひこ後援会(平成27年分~平成29年分 追加分) (PDF)”. 愛知県選挙管理委員会 (2019年2月25日). 2019年10月13日閲覧。
  37. ^ 本井宏人「この人に聞きたい 中根薫さん(77)」 『朝日新聞』2012年11月11日。
  38. ^ 本井宏人「岡崎トリプル選 市長選、混沌 両陣営に心配の種」 『朝日新聞』2012年10月9日付朝刊、三河13版、23面。
  39. ^ 愛知県議会会議録 平成24年9月定例会(第1号)。
  40. ^ 『朝日新聞』2012年10月10日付朝刊、三河13版、23面、「公明は園山氏 岡崎市長選で支持」。
  41. ^ 相原亮「足元の敗戦、衆院選に影 岡崎市長選で大村知事 『一枚岩に』自民に追い風」 『朝日新聞』2012年10月23日付朝刊、29面。
  42. ^ 『朝日新聞』2012年10月17日付朝刊、三河13版、21面、「岡崎市長選 候補者の横顔」。
  43. ^ 本井宏人「トリプル選 衆院選も便乗 知事も週末ごと岡崎入り」 『朝日新聞』2012年10月18日付朝刊、三河13版、27面。
  44. ^ “岡崎市長選あす投票 応援大詰め 「第3極」 VS 自民”. 読売新聞. (2012年10月22日). http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/121020_1.htm 
  45. ^ “選挙:岡崎市長選/岡崎市議選/県議補選 市長選、内田氏が初当選 保守票手堅く 県議補選は中根、鈴木氏 /愛知”. 毎日新聞. (2012年10月22日). http://mainichi.jp/area/aichi/news/20121022ddlk23010166000c.html 
  46. ^ “岡崎市長に内田氏初当選 大村知事支援の園山氏破る”. 読売新聞. (2012年10月22日). http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/121022_4.htm 
  47. ^ “10月21日 岡崎トリプル選挙 県議補選同日実施”. 東海愛知新聞. (2012年9月13日). http://www.fmokazaki.jp/tokai/120913_2.html 2019年7月31日閲覧。 
  48. ^ 乙川リバーフロントQURUWA戦略地区整備計画”. 岡崎市役所 (2019年2月22日). 2019年7月10日閲覧。
  49. ^ “岡崎活性化本部 概要発表 観光・文化・経済官民連携で振興”. 東海愛知新聞. (2013年5月10日). http://www.fmokazaki.jp/tokai/130510.html 2014年7月21日閲覧。 
  50. ^ 『岡崎市新文化会館整備基本構想』 岡崎市、2009年3月。
  51. ^ 『中日新聞』2013年12月21日付朝刊、西三河版、20面、「岡崎市民会館の改修決定 市長発表 15年秋に着工、22億円」。
  52. ^ 竹内雅紀 (2014年5月30日). “南部に大学病院建設へ 岡崎市 藤田学園と協定を締結 平成32年4月開院予定”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/140530.html 2014年11月29日閲覧。 
  53. ^ “愛知)岡崎市がリバーフロント計画を正式発表”. 朝日新聞. (2014年8月30日). http://www.asahi.com/articles/ASG8X51TXG8XOBJB002.html 2014年11月29日閲覧。 
  54. ^ 竹内雅紀 (2014年8月29日). “乙川リバーフロント整備計画概要発表 総事業費約100億円 岡崎市 人道橋は29年度完成予定”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/140829.html 2019年5月19日閲覧。 
  55. ^ 佐藤浩太郎「『100年祭』など73事業 岡崎市 飛躍祭の概要決まる」 『中日新聞』2014年11月26日付朝刊、西三河版、16面。
  56. ^ 恐竜モニュメント完成記念イベント | 岡崎市ホームページ
  57. ^ 森田真奈子 (2018年3月2日). “恐竜像、新たに2体 岡崎の東公園、市民寄付でベンチも”. 中日新聞. http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20180302/CK2018030202000057.html 2018年3月3日閲覧。 
  58. ^ 「かわまちづくり支援制度に係る計画」登録の伝達式について (PDF)”. 国土交通省 (2015年3月30日). 2018年6月16日閲覧。
  59. ^ 竹内雅紀 (2015年4月1日). “規制緩和で計画推進 かわまちづくり 岡崎・乙川リバーフロント地区”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/150401.html 2015年4月5日閲覧。 
  60. ^ “岡崎版新喜劇で観光PR 来月18~24日大阪・NGK 内田市長も出演へ”. 東海愛知新聞. (2015年7月15日). http://www.fmokazaki.jp/tokai/150715.html 2015年7月19日閲覧。 
  61. ^ “サクラの苗木1154本植樹へ 岡崎”. 読売新聞. (2015年11月5日). http://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/news/20151104-OYTNT50146.html 2015年11月15日閲覧。 
  62. ^ 『中日新聞』2016年1月21日付朝刊、西三河版、18面、「自然科学研究機構 岡崎市と連携協定 教育支援など」。
  63. ^ “駅前市有地、民間資本で再開発 JR岡崎駅”. 中日新聞. (2016年2月27日). http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20160227/CK2016022702000052.html 2016年3月1日閲覧。 
  64. ^ 森田真奈子「岡崎駅の市有地活用事業 商業施設きょうオープン」 『中日新聞』2017年10月13日付朝刊、西三河版、26面。
  65. ^ 大山智也 (2015年4月1日). “にぎわい創出の場へ JR岡崎駅東 出会いの杜公園オープン”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/180325.php 2018年11月8日閲覧。 
  66. ^ 岡崎市シビックコア地区整備事業”. 岡崎市役所 (2018年5月31日). 2019年6月2日閲覧。
  67. ^ 横田沙貴 (2019年9月12日). “東口の移動 スムーズに JR岡崎駅 10月1日 立体歩行者通路開通”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/190912.php 2019年9月24日閲覧。 
  68. ^ “家康の生誕地を整備 岡崎風致維持”. 読売新聞. (2016年5月24日). http://www.yomiuri.co.jp/local/aichi/news/20160523-OYTNT50272.html 2016年5月24日閲覧。 
  69. ^ 今井亮 (2016年7月2日). “岡崎市制施行100周年祝う 記念式に2700人 今後の飛躍、発展祈る”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/160702.html 2016年7月5日閲覧。 
  70. ^ 今井亮 (2017年3月22日). “診察、訓練、療法室など 岡崎市こども発達センター 25日に開所式”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/170322.html 2017年4月15日閲覧。 
  71. ^ 森田真奈子「『QURUWA戦略』発表 岡崎計画 まちづくり官民討論」 『中日新聞』2018年3月22日付朝刊、三河総合、13面。
  72. ^ 地方再生のモデル都市として32都市を選定~空き店舗対策、城下町の再生等、全国の地方都市の再生を強力に推進します~”. 国土交通省 (2018年3月30日). 2018年6月16日閲覧。
  73. ^ 「QURUWA戦略」 ~乙川リバーフロント地区公民連携まちづくり基本計画~:地方再生のモデル都市に選ばれました”. 岡崎市役所 (2019年6月12日). 2019年8月12日閲覧。
  74. ^ 今井亮 (2018年4月4日). “モデル都市に選定 岡崎市の乙川リバーフロント地区 公民連携事業へ交付金”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/180404.php 2018年6月15日閲覧。 
  75. ^ 森田真奈子「岡崎の県がんセンター愛知病院 市に経営移管 覚書」 『中日新聞』2018年4月1日付朝刊、愛知総合三河、23面。
  76. ^ “岡崎市民病院に経営移管で合意 県がんセンター愛知病院”. 中日新聞. (2018年3月27日). http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018032790004515.html 2018年4月1日閲覧。 
  77. ^ 今井亮 (2018年2月6日). “医療の連携強化を 愛知病院と岡崎市民病院が経営統合 来年4月の移管めざす”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/180206.php 2018年2月10日閲覧。 
  78. ^ 中尾吟、谷悠己、森田真奈子 (2018年2月6日). “来春、岡崎市に経営移管へ 県がんセンター愛知病院”. 中日新聞. http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20180206/CK2018020602000086.html 2018年2月10日閲覧。 
  79. ^ 今井亮 (2018年8月1日). “岡崎の小中学校 エアコン設置へ 暑さ対策 20年6月までに”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/180801.php 2018年8月1日閲覧。 
  80. ^ 『中日新聞』2018年8月21日付朝刊、西三河版、12面、「小中エアコンPFIで実施 岡崎市方針」。
  81. ^ 横田沙貴 (2018年11月20日). “市主体整備55年ぶり 岡崎 阿知和地区工業団地 24年度末分譲開始へ”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/181120.php 2018年11月20日閲覧。 
  82. ^ 『中日新聞』2018年11月20日付朝刊、西三河版、16面、「阿知和工業団地造成 主体を岡崎市に移管 分譲開始前倒しへ」。
  83. ^ 横田沙貴 (2019年7月21日). “市民らの憩いの場に 籠田公園 26日の開所前に内覧会”. 東海愛知新聞. http://www.fmokazaki.jp/tokai/190721.php 2019年7月28日閲覧。 
  84. ^ 細谷真里 (2019年11月3日). “若き家康、いざ出陣 東岡崎駅前に銅像、空中回廊が開通”. 中日新聞. https://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20191103/CK2019110302000060.html 2019年11月3日閲覧。 
  85. ^ “国内最大級の「象徴」登場 名鉄東岡崎駅前に徳川家康銅像”. 東海愛知新聞. (2019年11月3日). http://www.fmokazaki.jp/tokai/191103.php 2019年11月3日閲覧。 
  86. ^ “若き日の姿再現 徳川家康像完成 名鉄東岡崎駅前 /愛知”. 毎日新聞. (2019年11月3日). https://mainichi.jp/articles/20191103/ddl/k23/040/107000c 2019年11月3日閲覧。 
  87. ^ 鎌田旭昇「小中生にタブレット 22年度まてに岡崎市、1人1台」 『中日新聞』2020年1月31日付朝刊、西三河版、12面。
  88. ^ 内田家の犬と猫 Ⅰ”. 内田康宏のブログ (2012年10月6日). 2017年11月11日閲覧。
  89. ^ 「新しい犬が来ました」”. 内田康宏のブログ (2014年3月29日). 2017年11月11日閲覧。
  90. ^ 新居と新入家族”. 内田康宏のブログ (2018年9月24日). 2018年11月8日閲覧。
  91. ^ オス猫出産騒動顚末記”. 内田康宏のブログ (2019年4月24日). 2019年5月12日閲覧。
  92. ^ 私が影響を受けた6冊の本”. 内田康宏のブログ (2012年10月4日). 2017年11月11日閲覧。
  93. ^ 内田やすひろインタビュー | 岡崎市長 内田康宏のホームページ

外部リンク編集