メインメニューを開く

小林 知己(こばやし ともき、1948年8月19日 - 2009年[1][3])は東宝特殊技術専門の造型家。彫刻家。新潟県出身。

目次

来歴・人物編集

背景画家の島倉二千六の紹介で1973年東宝映像美術に入社した[2]。当初は島倉と同じ背景画家を志していたが、造型部に配属されて安丸信行に師事し、造型マンとして活動した[2]1989年の『ゴジラvsビオランテ』で功績が認められ、1991年に造型チーフとなる。

主な参加作品編集

映画編集

その他編集

ゴジラ像制作[4]

主なキャラクター造型編集

脚注編集

  1. ^ 『特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技 図録』p162
  2. ^ a b c 平成ゴジラパーフェクション 2012, p. 150 「平成ゴジラバーニング・コラム」No.014。
  3. ^ 『平成ゴジラパーフェクション』では2010年と記載している[2]
  4. ^ 平成ゴジラパーフェクション 2012, p. 154 「平成ゴジラバーニング・コラム」No.018。

出典・参考文献編集

  • 『エクサイクロベティア オブ ゴジラ 最新ゴジラ大百科』学研、1992年。
  • 『平成ゴジラクロニクル』キネマ旬報社、2009年。ISBN 4873763193
  • 監修:川北紘一『平成ゴジラパーフェクション』アスキー・メディアワークス、2012年。ISBN 978-4-04-886119-9
先代:
安丸信行1971年 - 1990年
東宝特撮映画
造型チーフ
3代目(1991年 - 現在)
次代: