メインメニューを開く

小西 賢一(こにし けんいち、1968年6月23日 - )は、日本男性アニメーター埼玉県出身。血液型A型日本アニメーター・演出協会(JAniCA)会員。

こにし けんいち
小西 賢一
生年月日 (1968-06-23) 1968年6月23日(51歳)
出生地 日本の旗 日本埼玉県
血液型 A型
職業 アニメーター
主な作品
アニメーション映画
ホーホケキョ となりの山田くん』(作画監督)
千年女優』(作画監督・原画)
東京ゴッドファーザーズ』(キャラクターデザイン・作画監督)
ドラえもん のび太の恐竜2006』(作画監督)
鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星』(キャラクターデザイン・総作画監督)
かぐや姫の物語』(作画監督)

目次

来歴・人物編集

東京アニメーター学院卒業後[1]1989年研修生の第一期生としてスタジオジブリに入社[2]。『耳をすませば』『もののけ姫』等で原画を担当し、1999年には『ホーホケキョ となりの山田くん』で作画監督を務めた。

その後フリーランスとなり、スタジオジブリ作品に継続して参加する傍ら、数々の劇場作品を中心に活躍していく。

今敏監督作品へは『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』参加中に濱洲英喜から誘われ、『千年女優』に作画監督・原画として初参加。次作の『東京ゴッドファーザーズ』では監督から指名され、共同でキャラクターデザイン・作画監督を手がける。

2006年に公開した映画『ドラえもん のび太の恐竜2006』では同作品監督の渡辺歩から誘われて作画監督を務めた[3]。(小西は2004年の映画『ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』でも原画として参加している)この作品はテレビシリーズとは絵のタッチが異なり、『ホーホケキョ となりの山田くん』でも使われた鉛筆の手書きタッチを生かした作画である。

2013年公開の高畑勲監督作品『かぐや姫の物語』では再び、作画監督を務めている。本作のプロデューサーである西村義明は原画の制作状況を振り返り、「中でも小西さんがいちばん大変だというのがあったから。小西さんがあれだけ頑張ってるんだから、こっちも弱音なんか吐いてられないね、という雰囲気があったんですよ。」と述べている[4]

作品リスト編集

映画編集

テレビアニメ編集

OVA編集

ゲーム編集

PV編集

脚注編集

  1. ^ かぐや姫の物語 東アニ大アニ卒業生紹介”. 東京アニメーター学院 ブログ!. 2014年7月19日閲覧。
  2. ^ 『TOKYO GODFATHERS』作画監督 小西賢一インタビュー”. WEBアニメスタイル. 2014年7月19日閲覧。
  3. ^ 渡辺歩・小西賢一が語る『のび太の恐竜2006』”. WEBアニメスタイル. 2014年7月19日閲覧。
  4. ^ 特集 アニメーションとしての『かぐや姫の物語』西村義明プロデューサー インタビュー”. WEBアニメスタイル. 2014年9月15日閲覧。

関連項目編集