メインメニューを開く

山内 宏志(やまうち ひろし、1979年1月20日 - )は、愛媛県東温市(旧温泉郡重信町)出身[1]サッカー審判員プロフェッショナルレフェリー、国際副審)。元国際基督教大学講師(保健体育科、休職中)[1][2]

山内 宏志
個人情報
誕生日 (1979-01-20) 1979年1月20日(40歳)
出身地 日本の旗 日本
愛媛県東温市(旧重信町
他職業プロフェッショナルレフェリー
国内
リーグ 役割
2008- Jリーグ 審判員
国際
リーグ 役割
2014- FIFA選出 審判員

目次

来歴編集

松山南高校-東京学芸大学・同大学院を在学中に渡英。リヴァプール・ジョン・ムーア大学院でスポーツ生理学の研究活動を行いつつ、FAレベル3・ナショナルリストの審判資格を取得し、ノーザンプレミアフットボールリーグなどで主審を務めた。

帰国後、2006年12月に1級審判員に登録され、JFLの審判員を経て2008年からはJリーグディビジョン2の主審を担当している。2009年9月2日付でJリーグの主審リストから外れていたが、2010年シーズンからはJ2担当主審として復帰している[3]。また、2012年のシーズン途中にJ2担当主審からJ2担当副審に転向し、2013年からはJ1担当副審となっており、開幕戦のサンフレッチェ広島VS浦和レッズの試合で、J1副審としてデビューした[4]

2014年から国際副審を務めている。

2018年3月1日付で日本サッカー協会プロフェッショナルレフェリー契約を締結した[1]

受賞歴編集

関連項目編集

  • 松崎康弘 - 山内と同じくイングランドで審判資格を取得

脚注編集