メインメニューを開く
川崎重工業 > 川崎重工業航空宇宙システムカンパニー

川崎重工業航空宇宙システムカンパニー(かわさきじゅうこうぎょうこうくううちゅうシステムカンパニー、:Kawasaki Heavy Industries Aerospace System Company)は、川崎重工グループの中核会社・川崎重工業社内カンパニーで、航空宇宙軍事関連製品の製造部門。前身は大日本帝国陸軍の専属メーカーとして、戦闘機などを開発・製造していた川崎航空機(かわさきこうくうき)。

使用工場は航空宇宙事業は岐阜県各務原市にある岐阜工場、愛知県弥富市にある名古屋第一工場、同県飛島村にある名古屋第二工場、航空機エンジン事業は、兵庫県明石市にある明石工場、同県神戸市にある西神工場。

2018年4月1日、航空機エンジン事業は航空宇宙機体事業を統括していた航空宇宙カンパニーと統合し、「航空宇宙システムカンパニー」となった[1]

目次

工場概要編集

岐阜工場編集

  • 敷地面積:712,000m2
  • 建物面積:291,000m2

名古屋第一工場編集

  • 開設年月:1992年12月
  • 敷地面積:190,000m2
  • 建物面積:10,000m2
  • 製造品目:ボーイング777・ボーイング787

名古屋第二工場編集

  • 敷地面積:18,000m2
  • 建物面積:6,000m2
  • 製造品目:ボーイング767

明石工場編集

  • 敷地面積:550,000m2
  • 建物面積:180,000m2
  • 製造品目:航空機用ジェットエンジン、航空機用舶用ガスタービンエンジン、航空機用トランスミッション

西神工場編集

  • 開設年月:1990年12月
  • 敷地面積:120,000m2
  • 建物面積:20,000m2
  • 製造品目:航空機用ジェットエンジン・ガスタービン部品

沿革編集

沿革(岐阜工場・名古屋第一工場・名古屋第二工場)

沿革(明石工場・西神工場)

  • 1919年 当時の川崎造船所兵庫工場内に自動車・飛行機製作所を建設。
  • 1940年 明石工場完成、航空機(機体/エンジン)製造開始。
  • 1942年 陸軍航空技術研究所の委託を受けて「ネ」シリーズ研究・試作に着手。
  • 1943年 ラムジェット「ネ-0」我が国初の飛行試験。
  • 1954年 極東米軍のJ33ジェットエンジンオーバーホールを実施。
  • 1962年 (英)ロールス・ロイス社との技術提携によるJ80506(T-1Aジェット練習機)のオーバーホール初号機を納入。
  • 1967年 T53型ターボシャフトエンジンの製造・OHを実施。
  • 1969年 川崎重工業に吸収合併される。
  • 1979年 (英)ロールス・ロイス社との技術提携による艦艇用エンジンオリンパスおよびタインの初号機納入。*1956年 国産初のジェット戦闘機T-33が初飛行。
  • 1983年 5ヶ国共同によるエアバスA320ファミリー用ターボファンエンジンV2500ターボファンエンジンの開発開始。
  • 1984年 (英)ロールス・ロイス社との技術提携による艦艇用エンジンスペイの初号機納入。
  • 1985年 (米)P&W社とのRSP契約によるPW4000ターボファンエンジン部品の製造開始。
  • 1986年 (米)ライカミング社との技術提携によるT55-K-712(CH-47ヘリコプタ用)初号機を防衛庁に納入。
  • 1986年 (英)ロールス・ロイス社とのRSP契約によるロッキードL-1011 トライスター用RB211/Trentターボファンエンジン部品の製造開始。
  • 1990年 西神工場竣工。
  • 1996年 CF34ターボファンエンジンの開発開始。
  • 2008年 Trent 1000(ボーイング787用) の運転試験を開始。
  • 2009年 Trent XWB(エアバスA350XWB用) へのRRSP(リスク&レベニューシェアリングパートナー)契約による参画を決定。
  • 2010年 航空機用一定周波数発電装置 T-IDG® をP-1 量産機向けに初納入。
  • 2011年 Trent XWBエンジン中圧圧縮機モジュールを初出荷。

       エアバス社A320neo用エンジン「PW1100G-JM」の開発・生産に参画。

製品編集

岐阜工場、名古屋第一工場・名古屋第二工場では航空機、宇宙関連機器、誘導弾を製造している。製品品目は以下。

固定翼機編集

エンブラエル部品生産のため、ブラジルに現地工場を建設した。

回転翼機編集

誘導弾編集

川崎航空機時代編集

明石工場、西神工場では航空機ジェットエンジン、航空用・舶用ガスタービンを製造している。製品品目は以下。

航空機ジェットエンジン等編集

艦艇用エンジン編集

関連会社編集

不祥事編集

陸上自衛隊の次期多用途ヘリコプターUH-Xの選定において、自衛隊幹部との談合が発覚。当時選定が決定していた、観測ヘリコプターOH-1をベースにしたUH-X開発が白紙撤回され、次期ヘリコプターの調達が大幅に遅れる結果となった。

脚注編集

外部リンク編集