平成14年台風第5号

平成14年台風第5号(へいせい14ねんたいふうだい5ごう、アジア名:Rammasun)は、2002年6月に発生し、日本に接近した後に朝鮮半島に上陸した台風である[1]

台風第5号(Rammasun)
カテゴリー3の タイフーンSSHWS
衛星画像(7月3日)
衛星画像(7月3日)
発生期間 2002年6月29日0時 - 7月6日12時(UTC)
寿命 7日12時間
最低気圧 945 hPa
最大風速
(日気象庁解析)
85 knot(45 m/s)
プロジェクト : 気象と気候災害
テンプレートを表示

概要編集

 
進路図

2002年6月29日にヤップ島付近で台風5号が発生し、アジア名「ラマスーン(Rammasun)[2]」と命名された。命名国はタイで、「雷神」を意味する[3]。また、フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)はフィリピン名「フロリタ(Florita)」と命名した。台風は、7月3日には沖縄の南の海上で大型で非常に強い勢力となり、沖縄県宮古島を通過後、大型で非常に強い勢力を維持したまま東シナ海を北上。6日の朝には朝鮮半島の西岸に上陸し、同半島の東の海上で温帯低気圧に変わった[4]

被害編集

日本編集

この台風により、日本では負傷者5人 (重傷1人・軽傷4人) の人的被害と、半壊1棟・床上浸水1棟の住家被害が生じた[4][5]。この台風による災害(7月3日から7月6日までの間の豪雨及び暴風雨による災害)は、後に局地激甚災害に指定された。

日本以外編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 気象庁|台風経路図2002年”. www.data.jma.go.jp. 2020年7月25日閲覧。
  2. ^ デジタル台風:台風200205号(RAMMASUN)- 総合情報(気圧・経路図) - 国立情報学研究所北本朝展
  3. ^ デジタル大辞泉プラス. “ラマスーンとは” (日本語). コトバンク. 2020年6月12日閲覧。
  4. ^ a b 2002年 台風第5号 (Rammasun) : TY0205”. 2020年7月25日閲覧。
  5. ^ デジタル台風:台風200205号 (RAMMASUN) - 災害情報”. agora.ex.nii.ac.jp. 2020年7月24日閲覧。

外部リンク編集