メインメニューを開く

急性吉本炎』(きゅうせいよしもとえん)は、1995年4月6日から同年9月28日まで東京放送で毎週木曜深夜に放送されていた、主に関東ローカルバラエティ番組

急性吉本炎

慢性吉本炎
ジャンル バラエティ番組
出演者 出演者の項目を参照
エンディング エンディングテーマの項目を参照
プロデューサー 園田憲
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
急性吉本炎
放送期間 1995年4月6日 - 1995年9月28日
放送時間 木曜 24:40 - 26:10
放送分 90分
慢性吉本炎
放送期間 1995年10月4日 - 1997年3月26日
放送時間 水曜 24:40 - 25:50
放送分 70分
テンプレートを表示

1995年10月5日から1997年3月27日まで同局で放送された『慢性吉本炎』もタイトル以外は同じ内容であるため、ここで扱う。

概要編集

前番組だった『ピッカピカ天然素材!』の後継番組として1995年4月から放送。 主に天素メンバー(雨上がり決死隊バッファロー吾郎など)やその弟分のフルーツ大統領メンバー(COWCOWビリジアンなど)、銀座7丁目劇場で活躍してた東京吉本の当時の若手芸人が出演し、過激な内容に体を張って挑むチャレンジ企画や劇場でのネタ見せ、さらには若手芸人同士のコントコーナーなどを中心に放送していたバラエティ番組。コントコーナーでは銀座7丁目劇場や渋谷公園通り劇場での公開収録もあった。その半年後、番組名が『慢性吉本炎』に改題した際は水曜深夜24時代に移動。

ナインティナインが当時出演してた1997年公開の映画『岸和田少年愚連隊』の撮影の模様を放送した回も存在する。そこには芸人としての顔を見せないナイナイの二人の様子がお茶の間に映し出された。

当時TBSの新人アナウンサーで現在はフリーアナウンサーである小島慶子は、2013年10月5日に放送された『メレンゲの気持ち』(日本テレビ)に出演し、慢性吉本炎時代に出演当時の映像が公開された。その時に共演していた蛍原から「中途半端なべっぴん」だと弄られた。毎回自身が出演してたコーナーでは小島が蛍原に対して軽く毒を吐くことが多かった。[1]

ロンドンブーツ1号2号はこの番組内の名物コーナー「BINTA!」で一躍全国区に名前を轟かした。この番組を皮切りにロンブーが素人弄り中心のバラエティ番組が増えるようになる。

出演者編集

主なコーナー編集

ナイナイの3時間目
ナイナイ単独のコーナー。
ホームランTV
天然素材メンバーによるコントコーナー。吉本新喜劇のようなドタバタコントでもあった。過去にフジテレビ系列で放送された『ワンナイR&R』内で宮迫扮する「轟さん」というキャラの前身だと思われる、前番組の『ピッカピカ天然素材!』から誕生した「ヤマナカさん」というキャラはここでも登場した。
BINTA!
毎回ロンブーの二人が一般公募で選ばれた素人女性を連れ出し、素人女性が豪華商品を懸けてゲームをする。3枚の内1枚だけカードを引いてもらい、ドクロのカードを引いてしまうとロンブーからビンタを喰らう。このコーナーでロンブーは全国区に名を連ね、所謂素人イジリの元祖とも言えるコーナーであった。この企画の誕生の発端は宮迫が企画会議の際に「最近のコギャル何かムカつくなぁ、ビンタしてやりたいなぁ」と発言したことが理由。このためコーナーは当初雨上がりがやる予定であったが、宮迫が「俺がやってしまうとマジでビンタしてしまうから可哀想や、誰か銀座7丁目でコギャルに人気ある奴って誰?」という一言でピンチヒッターとして白羽の矢が立ったのがロンブーだった。この時宮迫は後輩にブレイクのチャンスを与えてしまい、当時TVでロンブーが活躍しているのを観て「クソが...」と後悔したと語っていた[2]
7丁目カウントダウン
銀座7丁目劇場に出演してる芸人で、視聴者からの葉書や観客からの投票で様々なランキングを決めるコーナー。
ザ・ベストイテン
ザ・ベストテン』のパロディー。司会進行を蛍原と当時TBSの新人アナウンサーだった小島慶子がアシスタントを務め、日常での色々な痛いことを(例:「マイクが頭にガン!!」、「爆竹がバーン!!」など)宮迫と高橋智(へびいちご)コントにしてランキング方式でベスト5まで紹介する。時折何回かNGが出ることもある。
たの4い?
雨上がり決死隊とジャリズムによる色々なことで遊ぶコーナー。
上京物語
当時吉本興業の若手ユニットフルーツ大統領の6組が簡単なゲームをして、勝った1組だけがネタが出来る。ネタ見せの場所は主に渋谷公園通り劇場で行われた。
シブヤパラダイス
ココリコやモリマン、ペナルティやなかよしなどの当時の東京吉本の若手による合同コント。
天然どうぶつ劇場
ナイナイ、雨上がりが抜け、天素から「天然劇場」へとグループ名を改名後のコーナー。天然劇場の4組がぬいぐるみを着用しながらコントを披露。コント披露するまでの修行の模様を一つのコーナーとして数回放送。

など他多数。

エンディングテーマ編集

慢性吉本炎時代

スタッフ編集

脚注編集

関連項目編集

TBS 木曜深夜24:50枠
前番組 番組名 次番組
ピッカピカ天然素材!
(1994年10月6日 - 1995年3月30日)
急性吉本炎
(1995年4月6日 - 1995年9月28日)
不明
TBS 水曜深夜24:40時枠
不明
慢性吉本炎
(1995年10月5日 - 1997年3月27日)
マンブー!
※24:50〜25:20
(1997年4月 - 9月)
TOKIO HEADZ!
※25:20〜25:50
(1997年4月 - 1998年5月)