原西孝幸

原西 孝幸(はらにし たかゆき、1971年3月5日 - )は、日本お笑い芸人であり、FUJIWARAのボケ担当。相方は藤本敏史。愛称はラリーゴはらにっちゃん

原西 孝幸
Takayuki Haranishi
Super! C CHANNEL 2017- Haranishi Takayuki (26265836629).jpg
本名 原西孝幸
ニックネーム ラリーゴ、はらにっちゃん、ゴリラ
生年月日 (1971-03-05) 1971年3月5日(47歳)
出身地 大阪府寝屋川市
血液型 A型
身長 175cm
言語 日本語
方言 大阪弁
最終学歴 奈良大学文学部地理学科中退
出身 吉本総合芸能学院(NSC)大阪校8期
コンビ名 FUJIWARA
相方 藤本敏史
芸風 コント(ボケ)
立ち位置
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1989年 -
同期 千原兄弟バッファロー吾郎なだぎ武など
配偶者  既婚
親族 娘2人。のち1人はカリタス小学校在学

大阪府寝屋川市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー吉本興業)所属。身長175cm、体重70kg血液型A型大阪府立東寝屋川高等学校卒業、奈良大学文学部地理学科中退。吉本総合芸能学院(NSC)8期生。既婚。

目次

人物・エピソード編集

プリキュア好き編集

娘に付き合って女児向けアニメ『プリキュア』を観ていたが、後に娘よりも原西自身の方が当作品に夢中になり、バラエティ番組内でプリキュアの変身の振りと決め台詞を、真面目に全力で披露している。そのクオリティはかなり高く、本人もウケ狙いのつもりは全くないが、顔芸のような表情とオリジナルよりもオーバーアクション(アニメーションなため再現しにくいこともある)のため、笑いが起きる。また、娘のためにとマネージャーに「プリキュアの仕事を入れてくれへんか」と依頼を続けていたという[1]

こうしたアプローチが実ってか、2011年放送の『スイートプリキュア♪』制作発表では「プリキュア応援団」として相方の藤本とともに登場、プリキュアに対する熱弁をふるい、「プリキュアに実写で出たい」と発言すると藤本からツッコミを入れられ、自ら考えた「キュアト音記号」なる変身ポーズを披露すると主演声優の小清水亜美折笠富美子の2人からダメ出しを食らう結果となった[2]。結局『スイートプリキュア』での出演はなかったが、次作『スマイルプリキュア!』2012年5月27日放送分の17話において相方とともに本人役として念願の『プリキュア』への出演を果たして「ナチュラルパワーは野生の力! キュアゴリラ!」と変身のモノマネをアニメ内でも披露した。

知ってるor知ったか?クイズ!バレベルの塔』にも、「自称プリキュア賢者」として出演したことがある。

母・尚子について編集

原西の母である尚子は、その強烈かつ陽気なキャラクターで『吉本超合金』(テレビ大阪)など数々のバラエティ番組に出演。『超合金』では罰ゲーム(番組では「LOVEゲーム」と呼称)も受けたりした。2006年に『ロンドンハーツ』(テレビ朝日)で全国ネットの番組への出演を果たした。『リンカーン』(TBS系)に出演した際にはさまぁ〜ず大竹一樹デートしたり、水着姿やブルマー姿を披露し水中で49秒間息を止めたりした。リアクションやカメラ割りを意識したりと若手芸人を凌駕するプロ根性の持ち主で、ダウンタウン松本人志は彼女のことを「プロ(の芸人)」と呼んでいる。しかし、2008年12月3日に尚子は不整脈発作のため62歳で急逝した。2日前の12月1日に収録された『痛快!明石家電視台』(MBS)が最後のテレビ出演・親子の共演となった。

主な出演作品編集

テレビ編集

レギュラー

準レギュラー

単発出演

ほか

ドラマ編集

映画編集

CM編集

その他編集

  • KODA KUMI LIVE TOUR 2010 -UNIVERSE- 出し映像

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ フレッシュプリキュアで準レギュラーだった前田以外にも劇場版のゲストキャラとしてザ・たっち映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!・ミギリン&ヒダリン役)やエド・はるみプリキュアオールスターズDX・ダンス大会の司会(本人)役)さらにTV版で本人役としてたむらけんじYes!プリキュア5GoGo!)やオードリー(フレッシュプリキュア)が声優としての出演があるため、可能性はあった。
  2. ^ FUJIWARA・原西の新たなるプリキュアに小清水・折笠は×印! TVアニメ『スイートプリキュア♪』制作発表会見 マイナビニュース 2011年2月1日

外部リンク編集