蛍原徹

日本のお笑いタレント

蛍原 徹(ほとはら とおる、1968年1月8日[2] - )は、吉本興業に所属する日本お笑いタレントYouTuber司会者。本名同じ[3]

蛍原ほとはら とおる
本名 蛍原 徹
ニックネーム ホトちゃん
生年月日 (1968-01-08) 1968年1月8日(53歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府門真市
血液型 A型
身長 166cm
言語 日本語
方言 関西弁
最終学歴 大阪府立門真高等学校(現・大阪府立門真なみはや高等学校
出身 NSC大阪校7期
コンビ名 ホワイト&ホワイト(1988年)
雨上がり決死隊(1989年 - 2021年)[1]
相方 コラアゲンはいごうまん(1988年)
宮迫博之(1989年 - 2021年)[1]
芸風 コントツッコミ
話芸
事務所 吉本興業
活動時期 1989年 -
同期 なるみ
高山トモヒロケツカッチン
安尾信乃助
たかおみゆき
矢部美幸
極楽とんぼ
名倉潤ネプチューン)など
現在の代表番組 アメトーーク!
炎の体育会TV
世界の何だコレ!?ミステリー
過去の代表番組 世界の競馬
遊びに行こっ!〜旅するTV〜ホトチャンネル
地元応援バラエティ このへん!!トラベラー
フォトぶら
松本家の休日
配偶者 既婚(一般人女性)
公式サイト プロフィール
テンプレートを表示

愛称はホトちゃんコンビ雨上がり決死隊』全活動期(1989年 - 2021年)のメンバーでツッコミ担当。

蛍原徹
YouTube
チャンネル
活動期間 2021年4月15日-
ジャンル ゴルフ
登録者数 7.1万人
総再生回数 4,573,805回
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年10月2日時点。
テンプレートを表示

来歴編集

1968年1月8日、大阪府門真市出身。

1988年NSC大阪校の7期生として入学。当初は同期の森田嘉宏(現・コラアゲンはいごうまん)と共にコンビ『ホワイト&ホワイト』を結成するも、すぐに解散[2]しばらく『のっぺり星人』という芸名でピン芸人として活動する。[要出典]この頃の芸風はケーシー高峰を意識したものだった。

1989年、NSCの同期だった宮迫博之とコンビ『雨上がり決死隊』を結成[2]

1991年吉本印天然素材の一員となりナインティナインらとテレビなどに出演。

2000年野田秀樹の舞台劇『カノン』出演時に役作りでおかっぱ頭にし、そのままトレードマークとして定着する。

2002年大井競馬場内の飲食店「ホトチャンキッチン」をプロデュースした[4]

2004年、一般人女性と結婚。2012年1月に長女が誕生。

2017年10月3日、次女が誕生。

2019年7月19日、相方・宮迫が闇営業問題により、吉本からの契約を解消。それに従い、活動名を本名から『雨上がり決死隊 蛍原徹』に変更[5]。コンビ時代から出演している番組にも引き続き出演している。

2021年8月17日、コンビ解散に伴い[6]、活動名を『雨上がり決死隊 蛍原徹』から本名の名義へ戻した[7]。解散後はピン芸人、司会者として活動。

人物編集

元相方の宮迫同様に喫煙者だったが、2001年には禁煙に成功する。

ドラマ『北の国から』の熱烈なファンであり、2014年には舞台である北海道富良野市の観光大使に任命された[8]。「北の国から」にハマって25年間、100回近く富良野を訪れており妻とは交際している頃から一緒に訪れている[8]。その妻にプロポーズをしたのも富良野からの帰りの車の中であり[8]、本人は「富良野があったおかげで今の僕があると言っても過言ではない」と語っている[8]

趣味はゴルフ。最初は全く関心がなかったものの東野幸治の誘いで始めると、5年間毎朝練習場へ通うほど熱中するように。育児生活に入るまでは、仕事の合間を縫ってはゴルフに明け暮れていた[9]

プロ野球では北海道日本ハムファイターズのファン[10]

2010年5月よりTBS革命×テレビ』の企画でTwitterを始めるも、半年ほどでやめている。その理由は「ゴルフ行きたいなー」とツイートしたら全く面識のないネット民から「お前みたいなもんまだまだ早いわ!」と言われたため。3年後には同じくTBS『リンカーン』の「一週間でフォロワーはいくら増えるのか?」という企画で2代目アカウントを作成し、Twitterを再開するも1週間で企画終了と共に再び引退。革命×テレビでは元相方の宮迫が、リンカーンでは松本人志ダウンタウン)と三村マサカズさまぁ〜ず)が2021年現在でもTwitterを更新し続けている。

出演作品編集

※コンビ時代の出演は雨上がり決死隊の項目を参照。

テレビドラマ編集

映画編集

テレビバラエティ編集

現在レギュラー・準レギュラー
過去のレギュラー・準レギュラー
特別番組(MCもしくはメインキャスト)
  • メロディコール よしもとギャグバトル(2004年5月16日、ヨシモトファンダンゴTV)- MC
  • 山崎邦正&蛍原徹 北海道は食いも笑いも満載じゃツアー!(2004年8月、読売テレビ)
  • ツッコミ日本代表2006(2006年12月30日、テレビ東京)- MC
  • プロ野球オールスタースポーツフェスティバル(2008年 - 2009年、読売テレビ)- 司会
  • ゴルフ小侍、見参! 〜芸人・蛍原徹の戦い〜(BSテレビ東京
  • 常識がないと自腹です 京都はんなりツアー(2013年1月3日、CBCテレビ・TBS系)MC
  • テレビ愛知開局30周年記念8時間スペシャル!(2013年9月21日、テレビ愛知)MC
  • 芸人報道(2014年6月6日 - 、日本テレビギャップ→MC
  • 10人旅(2016年4月23日 - 、フジテレビ)
  • オトナノレンジャー〜#チャベリバ〜(2018年12月23日、BS11MC
  • チャベリバ(2019年12月22日・2020年12月26日、BS11)MC
  • 蛍原×大輔×フジモン ほとバス(2019年12月27日、関西テレビ)
  • 蛍原×宮川大輔×フジモンほとバス~大自然を満喫!! 富士五湖あたりでニコルンルン♪ツアー~(2020年9月27日、関西テレビ・フジテレビ系全国ネット)
  • 家-1グランプリ2020〜お笑い自宅芸No.1決定戦〜(2020年5月3日、ABEMA) - 審査員[11]
  • 蛍原・河本の宮崎県めっちゃええやん(2021年7月20日、テレビ宮崎

広告編集

書籍編集

  • 『ホトちゃんのとっておき北海道:責任編集長・雨上がり決死隊蛍原徹のええ店よりすぐり87店』(ヨシモトブックス)、ワニブックス、2009年、ISBN 978-4847018435

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「雨上がり決死隊」解散、今日にも発表 吉本上層部の怒り大きく再開断念”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2021年8月17日). 2021年8月17日閲覧。
  2. ^ a b c 芸人プロフィール 蛍原徹”. 吉本興業. 2021年8月17日閲覧。
  3. ^ 蛍原徹”. 有名人データベース PASONICA JPN (2020年4月28日). 2020年6月16日閲覧。
  4. ^ 『ホトチャンキッチン』がオープン”. 大井競馬場 (2002年4月8日). 2015年5月14日閲覧。
  5. ^ “宮迫博之、吉本解雇「会見したくない」 コンビ名は相方の蛍原が継続” (プレスリリース), サンケイスポーツ, (2019年7月20日), https://www.sanspo.com/geino/news/20190720/owa19072005050001-n1.html 2020年5月2日閲覧。 
  6. ^ 「雨上がり決死隊解散報告会」20時から配信 アメトークは継続”. 日刊スポーツ (2021年8月17日). 2021年8月17日閲覧。
  7. ^ 蛍原徹 プロフィール|吉本興業株式会社”. profile.yoshimoto.co.jp. 2021年8月17日閲覧。
  8. ^ a b c d 後輩芸人たちもボケでお祝い、蛍原がふらの観光大使就任”. お笑いナタリー. ナタリー (2014年5月11日). 2015年5月14日閲覧。
  9. ^ ゴルフ小侍、見参!~芸人・蛍原徹の戦い~BSジャパン、2017年12月30日放送)、じゃらんゴルフ ボク(ワタシ)が、ゴルフにはまるワケ 〜雨上がり決死隊 蛍原 徹(前編)〜 、2018年1月5日閲覧
  10. ^ 雨上がり蛍原、伊集院光ら/日本ハムファンの有名人”. 日刊スポーツ (2017年12月29日). 2019年7月5日閲覧。
  11. ^ Inc, Natasha (2020年5月2日). “霜降りせいや、ミキ亜生、プラマイ岩橋、天竺鼠川原ら「家-1グランプリ」決勝20組”. お笑いナタリー. 2020年5月3日閲覧。

外部リンク編集