メインメニューを開く

藤岡町(ふじおかちょう)は、かつて愛知県西加茂郡にあった

ふじおかちょう
藤岡町
Flag of Fujioka, Aichi.svg Emblem of Fujioka, Aichi.svg
町旗 町章
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 編入合併
藤岡町豊田市旭町足助町稲武町小原村下山村豊田市
現在の自治体 豊田市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 愛知県
西加茂郡
団体コード 23522-9
面積 65.58km2
総人口 19,239
(2004年12月1日)
隣接自治体 瀬戸市豊田市東加茂郡足助町、西加茂郡小原村岐阜県土岐市
町の木 ヤマザクラ
町の花 フジ
藤岡町役場
所在地 470-0493
愛知県西加茂郡藤岡町大字飯野字田中245
外部リンク 閉鎖
座標 東経137度12分24秒
北緯35度11分52秒
Map.Fujioka-Town.Aichi.PNG
 表示 ウィキプロジェクト

2005年(平成17年)4月1日、藤岡町を含む6町村が豊田市へ編入された。

地理編集

藤岡町は三河高原尾張丘陵・豊田台地にまたがっている[1]。最高標高地点は三国山山頂直下の標高700m地点であり、最低標高地点は西中山川と山田川の合流部付近の標高80m地点である[1]。人口の多くは標高100-200mの地域にある[1]

藤岡町を流れる河川はすべて矢作川の支流である[2]

山岳
河川
  • 犬伏川 - 矢作川の支流。一級河川。豊田市富田町付近で矢作川本流に合流する。流域面積は藤岡町の48%を占める[2]
  • 飯野川 - 矢作川の支流。一級河川。豊田市東広瀬町付近で矢作川本流に合流する。流域面積は藤岡町の29%を占める[2]
  • 御船川 - 矢作川の支流。二級河川。流域面積は藤岡町の12%を占める[2]

歴史編集

  • 1889年(明治22年)10月1日 - 明治の大合併により西加茂郡高岡村、藤河村が誕生。
  • 1906年(明治39年)4月1日 - 西加茂郡高岡村藤河村富貴下村の一部(西広瀬・西枝下)が合併し藤岡村が誕生[3]。合併前の村名から1文字ずつとった合成地名である[3]。富貴下村の残部は石野村猿投村を新設。
  • 1947年(昭和22年) - 藤岡村役場の木造2階建て庁舎が開庁[4]
  • 1957年(昭和32年) - 愛知県で初めて国の総合開発指定村となる[4]
  • 1968年(昭和43年)7月 - 藤岡村役場の鉄筋コンクリート造3階建て庁舎が開庁[4]
  • 1972年(昭和47年) - 豊田加茂広域市町村協議会規約が制定されて広域行政圏が形成される[5]
  • 1972年(昭和47年)4月1日 - 猿投グリーンロードが開通。奥三河から名古屋市までの所要時間が著しく短縮される[6]
  • 1972年(昭和47年)7月13日 - 昭和47年7月豪雨により「四七・七災害」と呼ばれる土砂災害が発生し、藤岡村では20名が亡くなった[6]
  • 1978年(昭和53年)4月1日 - 藤岡村が町制施行して藤岡町が発足。人口は6,320人。
  • 1979年(昭和54年)5月27日 - 藤岡町の愛知県有林が第30回全国植樹祭の会場となり、天皇皇后両陛下が藤岡町を訪れる[7]
  • 1980年(昭和55年)4月 - 藤岡町中央公民館が開館[7]
  • 1988年(昭和63年)10月3日 - 人口が1万人を超える[8]
  • 1995年(平成7年) - 国勢調査における人口増加率は愛知県第1位。平均年齢は32.8歳であり、沖縄県西原町と同率で平均年齢が日本でもっとも若い自治体となった。
  • 2000年(平成12年) - 国勢調査における人口増加率は愛知県第2位。平均年齢は34.1歳であり、平均年齢が日本でもっとも若い自治体(単独)となった[8]
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 西加茂郡藤岡町・小原村東加茂郡足助町下山村旭町稲武町の4町2村が豊田市へ編入され、藤岡町は廃止される。

行政編集

  • 町長:田中鋭司(2000年4月28日 - 2005年3月31日)

姉妹都市編集

教育編集

高等学校編集

中学校編集

  • 藤岡町立藤岡中学校
    • 1947年(昭和22年)開校。藤岡村は教育振興に力を入れており、1951年(昭和26年)までは愛知県内で例を見なかったスクールバスが運行された[11]。中学卒業後に就職する際に役立たせるために、1962年には募金によってトラックを購入し、自動車クラブが設立された[11]。1975年(昭和50年)には鉄筋コンクリート造3階建ての校舎が完成したが、LL教室・ランチルーム・スタジオなどを備える先進的な校舎だった[11]

小学校編集

交通編集

名所・旧跡・観光スポット編集

旧跡編集

神社編集

藤岡町には八柱神社という名称の神社が多数ある。すべての神社が毎年秋に例大祭を開催する。

  • 八柱神社 - 木瀬にある神社。
  • 八柱神社 - 折平にある神社。
  • 八柱神社 - 北曽木にある神社。
  • 八柱神社 - 上落合にある神社。
  • 八柱神社 - 白川にある神社。
  • 八柱神社 - 石畳にある神社。
  • 八柱神社 - 三箇にある神社。
  • 八柱神社 - 北一色にある神社。
  • 八柱神社 - 西中山にある神社。
  • 八柱神社 - 御作にある神社。
  • 八柱神社 - 上川口にある神社。
  • 磯崎神社 - 深見にある神社。
  • 磯崎神社 - 迫にある神社。
  • 八剱神社 - 西市野々の神社。
  • 八幡神社 - 田茂平野神社。
  • 天神社 - 下川口にある神社。
  • 洲原神社 - 石飛にある神社。
  • 秋葉神社 - 飯野にある神社。

寺院編集

藤岡町では曹洞宗の寺院が大半を占め、その他には浄土宗真宗大谷派の寺院がある。

  • 広済寺 - 広瀬にある曹洞宗の寺院。
  • 慶昌寺 - 三箇にある曹洞宗の寺院。広済寺に属する。
  • 天徳寺 - 御作にある曹洞宗の寺院。広済寺に属する。
  • 昌林寺 - 御作にある曹洞宗の寺院。広済寺に属する。
  • 徳昌寺 - 木瀬にある曹洞宗の寺院。広済寺に属する。
  • 雲興寺 - 赤津にある曹洞宗の寺院。
  • 蔵円寺 - 白川にある曹洞宗の寺院。雲興寺に属する。
  • 向陽寺 - 折平にある曹洞宗の寺院。雲興寺に属する。
  • 金剛寺 - 北一色にある曹洞宗の寺院。雲興寺に属する。樹齢300年のしだれ桜で知られる。しだれ桜は1974年(昭和49年)2月に「藤岡の銘木」に指定された[14]
  • 林宗寺 - 飯野にある曹洞宗の寺院。雲興寺に属する。
  • 阿弥陀寺 - 飯野にある曹洞宗の寺院。雲興寺に属する。
  • 天宗寺 - 木瀬にある曹洞宗の寺院。雲興寺に属する。
  • 教安院 - 深見にある浄土宗の寺院。豊田市加納町の弘誓院の末寺。
  • 薬師寺 - 深見にある浄土宗の寺院。
  • 薬師寺 - 迫にある浄土宗の寺院。
  • 栄行寺 - 下川口にある真宗大谷派の寺院。岡崎市針崎町の勝鬘寺の末寺。

施設編集

脚注編集

  1. ^ a b c 『藤岡20世紀のあゆみ』pp.241-244
  2. ^ a b c d 『藤岡20世紀のあゆみ』pp.258-261
  3. ^ a b 『藤岡20世紀のあゆみ』pp.3-8
  4. ^ a b c 『藤岡20世紀のあゆみ』pp.8-10
  5. ^ 『藤岡20世紀のあゆみ』pp.10-13
  6. ^ a b 『藤岡20世紀のあゆみ』pp.13-16
  7. ^ a b 『藤岡20世紀のあゆみ』pp.16-17
  8. ^ a b 『藤岡20世紀のあゆみ』pp.17-21
  9. ^ 『藤岡20世紀のあゆみ』pp.515-516
  10. ^ a b 『藤岡20世紀のあゆみ』pp.516-519
  11. ^ a b c 『藤岡20世紀のあゆみ』pp.511-515
  12. ^ 豊田市との合併直前の2005年3月19日に開業したため、3月31日までの短い期間のみ藤岡町だった。
  13. ^ 旧山内家住宅 愛知県
  14. ^ 金剛寺のしだれ桜 藤岡観光協会
  15. ^ a b 愛知県緑化センター・昭和の森 豊田市観光協会
  16. ^ 木瀬ダム(しらさぎ湖) 藤岡観光協会
  17. ^ 藤岡民俗資料館 豊田市観光協会

参考文献編集

  • 藤岡町誌編纂委員会・豊田市社会部藤岡支所『藤岡20世紀のあゆみ』豊田市、2008年

関連項目編集