メインメニューを開く

憂国のモリアーティ』(ゆうこくのモリアーティ)は、竹内良輔(構成)、三好輝(漫画)による漫画。『ジャンプスクエア』(集英社)にて2016年9月号より連載中[1]コナン・ドイル「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案に、ホームズの最大にして最強の宿敵であるモリアーティ教授を主役に据えた物語が展開される。

憂国のモリアーティ
ジャンル 少年漫画
ハードボイルド
クライム・サスペンス
漫画
原作・原案など コナン・ドイル
「シャーロック・ホームズ」シリーズ)(原案)
竹内良輔(構成)
作画 三好輝(漫画)
出版社 集英社
掲載誌 ジャンプスクエア
レーベル ジャンプ・コミックス
(JUMP COMICS SQ.)
発表号 2016年9月号 - 連載中
発表期間 2016年8月4日 -
巻数 既刊10巻(2019年11月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

2018年「第13回 全国書店員が選んだおすすめコミック」一般部門2位[2]。2019年5月にミュージカル公演され、2020年1月に舞台公演予定。

ストーリー編集

大英帝国全盛期(パクス・ブリタニカ)のロンドン。古くから根付く完全階級制度は、人間同士の差別をさらに強固なものとした。主人公のウィリアムは、貴族の気まぐれによって弟のルイスとともにモリアーティ家に引き取られた。非凡な頭脳をもったウィリアムは、モリアーティ家のアルバートにその才能を認められ、ルイスも入れた3人でモリアーティ家を乗っ取り、国を変えるために様々な策を講じる。

登場キャラクター編集

モリアーティ陣営編集

ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ
本作の主人公。
元々は孤児であったが、字の読み書きができ博識で、志を同じくするアルバートに拾われ、弟と共にモリアーティ家の養子になった。その後、アルバートと共に腐敗した社会を変えるべく、手始めに自分たちを見下していた「本物のウィリアム」を殺害して彼に成り代わった。そのため、本名は不明。
成長してからは若年ながらダラム大学で数学の教鞭をとる教授を本業とし、副業である私立相談役(コンサルタント)として市民の間の問題を解決しつつ、裏では悪に罰を与える「犯罪相談役(クライムコンサルタント)」として仲間たちを率いて暗躍している。
アルバート・ジェームズ・モリアーティ
モリアーティ家の長男。
慈善活動先の孤児院で正しく悪の道を説く孤児の兄弟に興味を持ち養子に迎え入れ、内心では『貴族』という地位に胡座をかき下級層を見下していた両親と「本物のウィリアム」、当時のモリアーティ家使用人たちを火事に偽装して屋敷ごと炎上させ殺害し、伯爵位や資産などモリアーティ家の全ての権利を手に入れた。
その後、ロックウェル伯爵家に身を寄せ、成長した後は屋敷をダラムに移し、自身はイギリス陸軍に入隊し出世を重ねる。中佐まで昇進した後、秘密情報部に新設されたMI6を任されることになり表向き退役、ペーパーカンパニー「ユニバーサル貿易社」の取締役を隠れ蓑に、MI6指揮官"M"として活動する。
普段は大英帝国から指示される任務をこなし、その中にウィリアムからの任務を紛れ込ませている為、一部のMI6の隊員以外には国からの任務なのかウィリアムからの任務なのかは区別できない。
ルイス・ジェームズ・モリアーティ
ウィリアムの実弟。幼い頃は病を患っていたが、モリアーティ家に引き取られた際に手術を受け完治した。
成長後はアルバートに代わり、モリアーティ家領地の管理や屋敷の執務をこなす。また、眼鏡をかけ、火事の際に自らつけた右頬の火傷を隠すように髪型をアシンメトリーにしている。作戦現地にて自らナイフを手に取る時は眼鏡を外して戦う特徴がある。
セバスチャン・モラン
モリアーティ家の使用人。銃と巧みな話術を武器にウィリアムに忠誠を誓う右腕。
アフガン戦争に従軍し、所属はベンガル第一工兵隊。その戦火のさなか“KIA(戦死)”し、二階級特進したこととなっている。右手首は義手。ウィリアムのためならば命を喜んで捧げるという。
フレッド・ポーロック
モリアーティ家の使用人。昼間はモリアーティ家の花の世話をしている黒髪の無表情な少年。夜はロンドンの闇に紛れて犯罪相談を受ける、“犯罪相談役の窓口”を担当している。フレッドの存在自体が犯罪ネットワークそのものとも言われる。
運動能力も高く変装術や暗号解読にも長けている。モラン曰く、ウィリアムと同じで困っている者を見捨てておけない性格。
アイリーン・アドラー / ジェームズ・ボンド
米国出身の女優。英国にまつわるとある醜聞を知ってしまったためにMI6に命を狙われる中、交渉のためシャーロックとモリアーティ陣営の両方に接触していた。その後はウィリアムとの取引によって表向き死亡したことにしてMI6に加わり、男装して「ジェームズ・ボンド」を名乗る。
ジャック・レンフィールド
モリアーティ家が火事になった後、三兄弟が一時身を寄せたロックウェル伯爵家の執事。第一次アフガン戦争では”英軍にジャックあり”と敵味方から恐れられた白兵戦の英雄でもある。普段の立ち振舞いだけで、隠していたその兵士であった過去をウィリアムに看破され、貴族たる振る舞いを含めた“特別な教育”を三兄弟に施すことになる。
ホワイトチャペルにてある連続殺人が起きた後、三兄弟を頼ってモリアーティ家を訪れる。

ホームズとその関係者編集

シャーロック・ホームズ
労働階級の訛った話し方をする、自称、世界でただ一人の「諮問探偵(コンサルティングディテクティブ)」。ノアティック号での事件でただ一人、事件を裏で操っている者に気付き、それがウィリアムの目にとまる。
その後、ワトソンとルームシェアをすることになりある事件に巻き込まれる。事件解決後、ワトソンの手により“緋色の研究”として発表された。
実は、その事件はウィリアムが仕掛けた物であり、ホームズは“踏みとどまれるか”をテストされていた。本人のあずかり知らぬところでウィリアム達が悪い貴族を殺害し、ホームズに事件を解決させ、階級社会に疑問を抱かせる彼等の計画の英雄として担がれることになる。
ジョン・H・ワトソン
アフガン戦争で負傷し、送還された元軍医。シャーロックとルームシェアをすることになる。シャーロックと共に事件に巻き込まれ、解決をしたのがシャーロックだったのに、ヤードの手柄になったことに憤慨し、自身が「コナン・ドイル」の筆名で事件を元にした小説を書き発表する。
ハドソン
ホームズとワトソンが借りている部屋の家主。自称、永遠の17歳。
ジョージ・レストレード
スコットランドヤード犯罪捜査部(CID)の警部。スコットランドヤードの中ではホームズを信頼しているほうの刑事。
ウィギンズ
ベイカー街で暮らすストリートチルドレンによって構成されている、ベイカー街不正規隊の隊長。失せ物探しや使いっ走りまでなんでもこなすホームズの手足。隊員に、バトラー、ユーリ、グリーン、スカイ、リードなどがいる。

イギリス陸軍関係者編集

マイクロフト・ホームズ
イギリス陸軍情報部の長官でアルバートの直属の上司。シャーロックの兄。
アルバートがMI6に移ったあとも、大英帝国からの指令をアルバートに下す立場としてしばしば登場する。ホームズ曰く“政府そのもの”。
マネーペニー
MI6の女性諜報員。元々はMI5所属だったが、MI6設立にあたりアルバートに引き抜かれた。
フォン・ヘルダー
「Q」のコードネームでMI6に所属するドイツ人の技師。Q課(quartermaster:兵器課)の課長。盲目ながらもその技術は折り紙つきで、時代の先を行く発明品を多数開発している。

書誌情報編集

漫画本編編集

小説編集

ミュージカル編集

MUSICAL 憂国のモリアーティ』のタイトルで、2019年5月10日から5月19日に天王洲 銀河劇場にて、2019年5月25日から5月26日に柏原市民文化会館リビエールホールにて上演された[3]

略称は『モリミュ』。

キャスト編集

  • ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ - 鈴木勝吾
  • シャーロック・ホームズ - 平野良
  • アルバート・ジェームズ・モリアーティ - 久保田秀敏
  • ルイス・ジェームズ・モリアーティ - 山本一慶
  • ジェファーソン・ホープ - 山﨑雅志
  • ブリッツ・エンダース伯爵 - 小南光司

アンサンブル編集

  • 安島萌 荒木栄人 伊地華鈴 大澤信児 貴嶋美愛 今野晶乃 佐々木駿也 下道純一 白崎誠也 藤井竜也 堀部佑介 松谷嵐

演奏編集

  • Piano - 境田桃子
  • Violin - 林周雅

スタッフ編集

舞台編集

舞台 憂国のモリアーティ』のタイトルで、2020年1月10日から1月19日にEX THEATER ROPPONGIにて、2020年1月31日から2月2日に梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて上演予定。

略称は『モリステ』。

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ホームズの仇敵・モリアーティ教授を描く、三好輝×竹内良輔の新連載がSQ.で”. コミックナタリー. ナターシャ (2016年8月4日). 2019年11月1日閲覧。
  2. ^ 全国書店員が選んだおすすめマンガ、今年の1位は「とんがり帽子のアトリエ」”. コミックナタリー. ナターシャ (2018年2月1日). 2019年11月1日閲覧。
  3. ^ ミュージカル『憂国のモリアーティ』2019年5月 東京 天王洲 銀河劇場 / 大阪 柏原市民文化会館リビエールホールにて上演”. ステージナタリー. ナターシャ. 2019年5月27日閲覧。

出典編集

以下の出典は『集英社の本』(集英社)内のページ。書誌情報の発売日の出典としている。

  1. ^ 憂国のモリアーティ/1|コナン・ドイル / 竹内 良輔 / 三好 輝|ジャンプコミックス|”. 2016年11月4日閲覧。
  2. ^ 憂国のモリアーティ/2|コナン・ドイル / 竹内 良輔 / 三好 輝|ジャンプコミックス|”. 2017年3月3日閲覧。
  3. ^ 憂国のモリアーティ/3|コナン・ドイル / 竹内 良輔 / 三好 輝|ジャンプコミックス|”. 2017年7月4日閲覧。
  4. ^ 憂国のモリアーティ/4|コナン・ドイル / 竹内 良輔 / 三好 輝|ジャンプコミックス|”. 2017年11月2日閲覧。
  5. ^ 憂国のモリアーティ/5|コナン・ドイル / 竹内 良輔 / 三好 輝|ジャンプコミックス|”. 2018年3月2日閲覧。
  6. ^ 憂国のモリアーティ/6|コナン・ドイル / 竹内 良輔 / 三好 輝|ジャンプコミックス|”. 2018年7月4日閲覧。
  7. ^ 憂国のモリアーティ/7|コナン・ドイル / 竹内 良輔 / 三好 輝|ジャンプコミックス|”. 2018年11月3日閲覧。
  8. ^ 憂国のモリアーティ/8|コナン・ドイル / 竹内 良輔 / 三好 輝|ジャンプコミックス|”. 2019年3月5日閲覧。
  9. ^ 憂国のモリアーティ/9|コナン・ドイル / 竹内 良輔 / 三好 輝|ジャンプコミックス|”. 2019年8月4日閲覧。
  10. ^ 憂国のモリアーティ/10|コナン・ドイル / 竹内 良輔 / 三好 輝|ジャンプコミックス|”. 2019年11月1日閲覧。
  11. ^ 憂国のモリアーティ“緋色”の研究| 竹内 良輔 / 三好 輝|埼田要介|ジャンプジェイブックス|”. 2018年11月28日閲覧。
  12. ^ 憂国のモリアーティ禁じられた遊び| 竹内 良輔 / 三好 輝|埼田要介|ジャンプジェイブックス|”. 2019年11月1日閲覧。

外部リンク編集