摩周駅

日本の北海道川上郡弟子屈町にある北海道旅客鉄道の駅

摩周駅(ましゅうえき)は、北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目7-26にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線である。駅番号B64電報略号マユ[1]。管理駅として、標茶 - 川湯温泉間の各駅を管理下に置いている。

摩周駅*
JR Senmo-Main-Line Mashu Station building.jpg
駅舎(2018年5月)
ましゅう
Mashū
B65 美留和 (8.7 km)
(14.7 km) 磯分内 B62
所在地 北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目7-26
北緯43度29分14.46秒 東経144度27分50.57秒 / 北緯43.4873500度 東経144.4640472度 / 43.4873500; 144.4640472
駅番号 B64
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 釧網本線
キロ程 95.7 km(網走起点)
電報略号 マユ[1]
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
102人/日
-2018年-
開業年月日 1929年昭和4年)8月15日[2]
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
* 1990年に弟子屈駅から改称。
テンプレートを表示

歴史編集

駅名の由来編集

旧駅名は所在自治体名から名づけられていたが、「全国的に知名度の高い『摩周湖』を生かしたネーミングにしたい[4]」「知名度の高い町内の摩周湖から名を取り観光客増を[11]」との目論見から弟子屈町がJR北海道に要望し[11]、現駅名に改称された。

駅構造編集

2面3線の単式ホーム・島式ホームがある地上駅。かつては貨物ホームや多くの側線を有していた[13]。ホーム間は移動は跨線橋で連絡。

社員配置駅、みどりの窓口設置。釧網本線の運行管理も当駅で行っており、夜間滞泊も設定されている。駅舎内には地域の商店がキヨスクの代わりとして出店。観光案内所も設けられている[4]

現駅舎は1990年(平成2年)に現駅名への改称と同時に改築されたもので、木造平屋建てである[11]。総工費は8,300万円であり、うち4,500万円は弟子屈町が負担した[11]。外観は「北欧風[11]」であり、三角屋根で摩周岳の山並みを模している[4]

のりば編集

番線 路線 方向 行先
1 釧網本線 上り 網走方面
2・3 下り 釧路方面


駅弁編集

  • 摩周の豚丼
  • 摩周の牛丼
  • 摩周のジンギスカン丼
    • 冬期は注文販売となり、5分程度待つこととなる。

1983年頃まではしいたけを使った駅弁が販売されていた[14]

利用状況編集

乗車人員の推移は以下のとおり。年間の値のみ判明している年については、当該年度の日数で除した値を括弧書きで1日平均欄に示す。乗降人員のみが判明している場合は、1/2した値を括弧書きで記した。

また、「JR調査」については、当該の年度を最終年とする過去5年間の各調査日における平均である。

年度 乗車人員 出典 備考
年間 1日平均 JR調査
2016年(平成28年) 28.0 [JR北 1]
2017年(平成29年) 26.4 [JR北 2]
2018年(平成30年) 31.6 [JR北 3]
2019年(令和元年) 35.8 [JR北 4]
2020年(令和02年) 37.8 [JR北 5]
2021年(令和03年) 42.8 [JR北 6]

駅周辺編集

 
1977年の弟子屈駅(当時)と周囲約750×500m範囲。左が網走方面。相対式ホーム2面2線と駅裏側に副本線や留置線など4本、駅舎横網走側に貨物ホームと2本の引込み線、釧路側にストックヤードと2本の引込み線、そこから釧路側へ留置線が右の陸橋先まで伸びている。また、本線を挟んで駅裏側にも留置線が1本、陸橋まで伸びている。その外側には水色屋根の車庫があって、かつては本線からの分岐後すぐの所に、この駅に配属されていた弟子屈駅-緑駅間の釧北峠(釧北トンネル)越え補機用蒸気機関車のための転車台が置かれていたが、DLの配属に切り替えられて既に埋められ、白い円弧状の跡だけが残されている。他に網走側本線分岐手前には小さな水色屋根の保線用モーターカーの車庫が置かれている。
駅裏の釧路側にある車庫への分岐付近に、昭和8年から昭和20年頃まで馬力線の殖民軌道弟子屈線の停留所が置かれ、裏の摩周湖外輪山の裾野を回りこむように東の虹別へ連絡していて、一般貨物の他、途中の原生林から伐採された木材を駅へ運搬していた。その後この軌道跡は殆んど一般道や林道に転用された。青い屋根の木工場脇から国道241号を横切って右上に向かう道路がかつての軌道ルート。 国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成
 
駅前の様子(2005年1月)

弟子屈町の中心駅になっており街なみがつづく。商店街には土産物店も並んでいる。駅前広場中央には摩周湖をイメージしたモニュメントが設置されており、夏期夜間は「摩周湖ブルー」にライトアップされる[15]。駅横には源泉掛け流し足湯「ぽっぽゆ」があるほか、駅舎内には飲用の温泉が引かれている[15]

その他編集

映画『遥かなる山の呼び声』(主演 高倉健 倍賞千恵子 山田洋次監督 1980年3月15日公開)のクライマックスシーンで、網走刑務所に送られる前の田島耕作(高倉)に逢いに来た、風見民子(倍賞)と虻田太郎(ハナ肇)が乗り込んだ列車の車窓から見える駅でもある。

隣の駅編集

北海道旅客鉄道(JR北海道)
釧網本線
快速「しれとこ摩周号」・普通
美留和駅 (B65) - 摩周駅 (B64) - *南弟子屈駅 (B63) - 磯分内駅 (B62)
*打消線は廃駅

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c 宮脇俊三原田勝正 著、二見康生 編 『北海道630駅』小学館〈JR・私鉄各駅停車〉、1993年6月20日、149頁。ISBN 4-09-395401-1 
  2. ^ a b c 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、924頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  3. ^ 大蔵省印刷局編「鉄道省告示 第149号」『官報』第783号、国立国会図書館デジタルコレクション、1929年8月8日。
  4. ^ a b c d e 太田幸夫 (2004-02-29). 北海道の駅 878ものがたり ~駅名のルーツ探求~ (1 ed.). 札幌市: 富士コンテム. pp. 129-130. ISBN 4-89391-549-5 
  5. ^ 『鉄道百年の歩み』 p. 85
  6. ^ a b 『鉄道百年の歩み』 p. 87
  7. ^ 『鉄道百年の歩み』 p. 101
  8. ^ 『鉄道百年の歩み』 pp. 111 - 112
  9. ^ 『鉄道百年の歩み』 p. 113
  10. ^ “「摩周駅」よろしく 旧名「弟子屈」改め”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1990年11月21日)
  11. ^ a b c d e f 「摩周駅」で観光客増へ」『地方議会人 : 議員研修誌』第21巻第8号、中央文化社、1991年1月、 68頁、 doi:10.11501/27643902023年1月18日閲覧。
  12. ^ 『鉄道百年の歩み』 p. 125
  13. ^ 『北海道 釧網本線』 p. 84
  14. ^ 相賀徹夫 編著,宮脇俊三・原田勝正 共編(1983)『国鉄全線 各駅停車 - 1 北海道690駅』小学館
  15. ^ a b 『北海道鉄道駅大図鑑』 p. 301
  16. ^ 摩周駅前”. NAVITIME. 2019年11月14日閲覧。

JR北海道編集

  1. ^ 釧網線(東釧路・網走間), (日本語) (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区) (北海道旅客鉄道), (2017年12月8日), オリジナルの2017年12月9日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20171209102545/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/senku/pdf/senku/08.pdf 2017年12月10日閲覧。 
  2. ^ 釧網線(東釧路・網走間), (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために) (北海道旅客鉄道株式会社): p. 3, (2018年7月2日), オリジナルの2018年8月19日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180818153329/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/region/pdf/senku/08.pdf 2018年8月19日閲覧。 
  3. ^ 釧網線(東釧路・網走間) (PDF)”. 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために). 北海道旅客鉄道. p. 3 (2019年10月18日). 2019年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月18日閲覧。
  4. ^ 釧網線(東釧路・網走間) (PDF)”. 地域交通を持続的に維持するために > 輸送密度200人以上2,000人未満の線区(「黄色」8線区). 北海道旅客鉄道. p. 3 (2020年10月30日). 2020年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月2日閲覧。
  5. ^ 駅別乗車人員 特定日調査(平日)に基づく”. 北海道旅客鉄道. 2022年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月14日閲覧。
  6. ^ 駅別乗車人員 特定日調査(平日)に基づく”. 北海道旅客鉄道. 2022年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月3日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集