斐陀国造(ひだのくにのみやつこ・ひだこくぞう)は斐陀国を支配した国造。斐太国造・飛騨国造とも。

斐陀国造
No image available.svg
本姓 斐陀氏
家祖 大八椅命
種別 神別天神
出身地 大倭国
主な根拠地 斐陀(のちの飛騨国
著名な人物 #人物参照
支流、分家 三野前国造牟義都国造[1]
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

表記編集

先代旧事本紀』「国造本紀」に斐陀国造と表記される他、斐太国造飛騨国造とも表記される。

祖先編集

氏族編集

斐陀氏(ひだうじ、国造)で、肥田宿禰とも。「国造本紀」などの史料に従えば、斐陀国造は物部氏尾張氏などと同系とされるが、そもそも天孫族の物部氏と海神族の尾張氏は全くの別族であり、またその本姓は祖神祭祀の系統や周辺国造族との関係からも、その実態は賀茂氏(天神)と同系であったとされる[2]

本拠編集

国造の本拠は宮川流域の古川盆地高山盆地、現在の岐阜県飛騨市古川町から高山市国府町のある高山市北部にかけての地域であったとされる。特に古墳の分布度から古川盆地南部の国府町広瀬・三日町付近に中心域が置かれたと推定されている[3]

支配領域編集

国造の支配領域は当時斐陀国と呼ばれた地域で、のちの飛騨国一帯。現在の岐阜県高山市飛騨市下呂市白川村にあたる。

氏神編集

岐阜県高山市に鎮座する飛騨国一宮飛騨一宮水無神社。祭神の水無神は大年神少名毘古那神天火明命の別名とする説がある。また罔象女神と見る説もある[4]

関連神社編集

編集

  • 三日町大塚古墳(みっかまちおおづかこふん)
    高山市国府町にある全長90mの前方後円墳で、最古級のバチ型古墳であるため、国造初祖の墳墓と推定される。
  • 亀塚古墳(かめづかこふん)
    高山市国府町にある全長62mの円墳で、鉄器が出土したが現存しない。
  • 鴻峠口古墳(こうとうげぐちこふん)
    高山市国府町にある全長73mの前方後円墳で、横穴式石室を持つ。

子孫編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 宝賀寿男「両面宿儺と飛騨国造」『古樹紀之房間』、2010年。
  2. ^ 宝賀寿男両面宿儺と飛騨国造」『古樹紀之房間』、2010年。
  3. ^ 宝賀寿男「両面宿儺と飛騨国造」『古樹紀之房間』、2010年。
  4. ^ 宝賀寿男「両面宿儺と飛騨国造」『古樹紀之房間』、2010年。
  5. ^ 宝賀寿男「両面宿儺と飛騨国造」『古樹紀之房間』、2010年。

参考文献編集

関連項目編集