新谷正義

日本の政治家

新谷 正義(しんたに まさよし、1975年3月8日 - )は、日本政治家医師自由民主党所属の衆議院議員(3期)、総務副大臣。元厚生労働政務官。自民党厚生関係団体委員長、厚生労働部会副部会長、国土交通部会副部会長、青年局次長、組織運動本部団体総局、運輸・交通関係団体委員会 副委員長を歴任。

新谷 正義
しんたに まさよし
生年月日 (1975-03-08) 1975年3月8日(45歳)
出生地 広島県東広島市
出身校 帝京大学医学部卒業
東京大学経済学部経営学科卒業
前職 医療法人晴生会理事長
現職 衆議院議員
所属政党 自由民主党竹下派
公式サイト 衆議院議員 新谷正義 公式ホームページ

選挙区比例北関東ブロック→)
比例中国ブロック→)
広島4区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月21日[1] - 現職
テンプレートを表示

来歴編集

広島県東広島市生まれ[2]あおい保育園に入園後、東広島市立川上小学校入学。その後、愛媛県松山市愛光学園に入学し同高等学校を経て帝京大学医学部、を卒業。

2001年3月、国家試験に合格して医師として日本赤十字医療センターにに入局し勤務。

2004年、東京大学経済学部の学士入学試験に合格。経済学の知識を学ぶ。その後、茨城県鹿嶋市に医療法人晴生会を設立。鹿嶋市や札幌市に病院を建設し病院長兼理事長として活動した[3]

2012年自由民主党が実施した参議院茨城県選挙区の公募に応募。最終審査まで残るも予備選で前茨城県副知事上月良祐に敗れた。

同年12月、第46回衆議院議員総選挙に自民党から比例北関東ブロック単独で出馬。比例順位33位と下位ながら自民党大勝の余波を受け初当選。

2014年12月、第47回衆議院議員総選挙に自民党から比例中国ブロック単独20位で出馬し、再選。

2017年10月、第48回衆議院議員総選挙には、不祥事により自民党を離党した中川俊直に代わって、広島4区から出馬し3選[4][5]

2018年10月、 第4次安倍改造内閣厚生労働政務官に就任[6]

政策編集

西日本豪雨への対応編集

  • 2018年7月西日本豪雨を受けて、「地域の皆さんが復旧・復興に全力で取り組めるよう、生活なりわいが元通りになるよう、未来に希望が持てるようバックアップしていく」とし、特定非常災害と激甚災害の早期指定に取り組んだ[7]
  • 東広島市等の土石流発生被害に対して、新谷は防災対策では砂防ダムの整備などのハードと市民の防災意識のソフトを一体として取組むことが重要と東広島市高垣広徳市長との対談で語っている[8]

地域医療の再生編集

  • 人口の高齢化に対して医療の需要が高まることに対して新谷は医師偏在の解消、地域医療や介護の確保に全力で取り組むとし「国民の安心安全な暮らしに欠かすことのできない地域医療はしっかりと守っていかなければなりません」と話している[9]
  • 2018年、「2040年を展望した社会保障働き方改革本部」に政務官として参加。(1)多様な就労・社会参加の環境整備、(2)健康寿命の延伸、(3)医療福祉サービス改革を挙げた[10]

子育て支援編集

  • 2019年10月に予定する障害福祉人材の処遇改善について「障害福祉サービス等報酬改定検討チーム」に主査として議論を始め、従来は処遇改善の対象職種を福祉・介護職員に限定していたものを、看護職員や相談支援専門員など現在は対象外の職種にも充てられる柔軟な運用を認められるようにとの考えを発表した[11]
  • 待機児童問題では「認可外施設を利用せざるを得ない方がいる。施設が基準に適合するよう支援していく」と説明。幼児教育・保育無償化の対象施設で保育の質を確保する計画を立てている[12]

新型コロナウイルス感染症対策編集

  • 2020年(令和2年)に流行した新型コロナウイルスの対策として、内科医として「正しい手洗い・うがい・マスクの使用を継続的に行ってほしい」と語る[13]

人物・エピソード編集

  • 趣味は音楽鑑賞、読書。愛読書は、ローマ人の物語、歴史小説など[14]
  • 。八本松病院などを経営する父の新谷幸義と医師の母正子の次男として生まれる[14]
  • 父親は医療法人・葵会の理事長を務める新谷幸義。なお、正義が理事長を務める晴生会、和乃会、薗宇友安会は葵会傘下の医療法人であり、自身も葵会理事である。

主な所属団体・議員連盟編集

  • 海洋国日本の災害医療の未来を考える議員連盟 副幹事

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 平成24年(2012年)12月21日中央選挙管理会告示第37号(平成二十四年十二月十六日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  2. ^ 新谷正義君_衆議院”. www.shugiin.go.jp. 2019年11月12日閲覧。
  3. ^ プロフィール - 衆議院議員 新谷正義 公式ホームページ”. www.shintani-m.jp. 2020年9月1日閲覧。
  4. ^ 中川俊直氏、出馬を断念 不倫問題で自民離党 - 朝日新聞デジタル 2017年10月1日
  5. ^ 広島-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  6. ^ 第4次安倍改造内閣 副大臣25人、政務官27人の顔ぶれ
  7. ^ 特別対談 被災地・東広島 復旧・復興への道”. www.jimo2.jp. 2020年6月23日閲覧。
  8. ^ 2018年8月9日the weekly pressnet
  9. ^ 政策 - 衆議院議員 新谷正義 公式ホームページ”. www.shintani-m.jp. 2019年11月12日閲覧。
  10. ^ 東薬工・樋口会長 イノベーションの適切な評価迫る 「生命・健康向上に貢献する根幹的産業でありたい」 | ニュース | ミクスOnline”. www.mixonline.jp. 2019年11月12日閲覧。
  11. ^ 介護職員の処遇改善加算 ベテランに重点配分へ |福祉新聞” (日本語). 福祉新聞. 2019年11月12日閲覧。
  12. ^ 悪質保育業者は排除/田村智子議員 無償化の課題指摘” (日本語). www.jcp.or.jp. 2019年11月12日閲覧。
  13. ^ “コロナ対策”. プレスネット. (2020年3月26日) 
  14. ^ a b プロフィール - 衆議院議員 新谷正義 公式ホームページ”. www.shintani-m.jp. 2020年9月1日閲覧。
  15. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク編集

公職
先代:
長谷川岳
寺田稔
  総務副大臣
熊田裕通と共同

2020年 -
次代:
現職
先代:
田畑裕明
大沼瑞穂
  厚生労働大臣政務官
上野宏史と共同

2018年 - 2019年
次代:
自見英子
小島敏文