小島敏文

日本の政治家

小島 敏文(こじま としふみ、1950年9月7日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(4期)、復興副大臣

小島 敏文
こじま としふみ
Kojima Toshifumi (2019).png
厚生労働大臣政務官の就任に際して公表された肖像写真
生年月日 (1950-09-07) 1950年9月7日(72歳)
出生地 広島県世羅郡世羅町
出身校 大東文化大学経済学部経営学
前職 広島県議会議員
所属政党 自由民主党岸田派
公式サイト 小島敏文 ホームページ

選挙区 比例中国ブロック広島6区
当選回数 4回
在任期間 2012年12月16日 - 現職

選挙区 三原市・世羅郡選挙区
当選回数 7回
在任期間 1983年4月30日 - 2009年7月23日
テンプレートを表示

広島県議会議員(7期)、厚生労働大臣政務官を歴任した。EM菌議員連盟に所属する。

来歴編集

広島県世羅郡世羅町生まれ。広島県立世羅高等学校を経て、大東文化大学経済学部経営学科卒業。1973年中山正暉衆議院議員秘書となり、1980年からは宮澤喜一衆議院議員秘書を務める[1]

1983年広島県議会議員に初当選し、以後7期連続当選。2002年には広島県議会副議長に就任[1]

2009年7月23日、広島県議会議員を辞職し[2]、同年8月の第45回衆議院議員総選挙広島6区にから自由民主党公認で出馬したが、国民新党亀井静香に67,479票差で敗れた。

2012年第46回衆議院議員総選挙では、再び亀井(日本未来の党)と対決。12,331票差で敗れたが、比例中国ブロックで復活し、初当選。2014年第47回衆議院議員総選挙では、再び亀井に敗れるも、比例復活で再選[3]

2017年第48回衆議院議員総選挙では、佐藤公治に敗れるも、比例復活で3選。

2019年9月第4次安倍第2次改造内閣厚生労働大臣政務官に就任[4]

2021年第49回衆議院議員総選挙では前回より佐藤との票差を詰めるも破れ、比例復活で4選。

2022年8月に発足した第2次岸田改造内閣において、復興副大臣に就任した。

政策編集

所属団体・議員連盟編集

著書編集

  • 『地域新生のフロンティア ~元気な定住地域確立への道~ 』(大学教育出版、2005年8月)
  • 『みどり資源活用のフロンティア ~中山間地域新生への考察と実践方策の提言~』 (大学教育出版、2007年7月)

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集

公職
先代
冨樫博之
新妻秀規
渡辺猛之
  復興副大臣
竹谷とし子
石井浩郎と共同

2022年 -
次代
現職
先代
新谷正義
  厚生労働大臣政務官
自見英子と共同

2019年 - 2020年
次代
 大隈和英
小鑓隆史