メインメニューを開く

春一番(はるいちばん)は、1971年から、福岡風太阿部登らが中心になって、関西を中心としたミュージシャンを集めて、大阪天王寺公園野外音楽堂で5月のゴールデンウィークに開催した大規模な野外コンサート。フォークソングロックジャズなど、ジャンルにこだわらないコンサートとして親しまれている。

1979年まで続き、裏方スタッフが業界人となり、一時中断となったが、阪神・淡路大震災の起きた1995年から会場を変えて再開し、2006年からは「祝春一番」の名称で現在に至っている。コンサートを続ける理由を福岡風太は「死んだからや、渡[1]が。それだけや」[2]と語っている。

目次

歴史編集

1971-79年編集

1971年の発足当初は、コンサートを運営する事務所すらなく、大阪・なんば元町にあったコーヒーハウス「ディラン」(店主・大塚まさじ)に友部正人伊藤銀次石田長生永井洋西岡恭蔵、詩人の片桐ユズルらが集まり、福岡風太が中心となって宴会を兼ねたミーティングのなかで打ち合わせや作業をすすめていった。これに加えて、はっぴいえんど岡林信康との交流がすすみ、東京で山下洋輔のマネージャーをやっていた阿部登が大阪に帰ってきて、企画がすすんでいった。[3][4]。1971年5月、名古屋に住んでいた当時20歳のいとうたかおが第1回「春一番」にスタッフとして参加し、以後、大阪に移り住む[5]

1971年8月の第3回全日本フォークジャンボリー[6]の盛り上がりの後を受けた1972年の第2回「春一番」は前回を上回る集客数となる。1972年から、第2回「春一番」のライブ・レコードが制作されるようになり、コンサートの存在が知られるようになった[7]

春一番を毎年続けていくうちに、毎回出演するミュージシャンのなかからレコーディングをしたり、ツアーを組み、本格的なプロの活動をする人が増えていった。 スタッフも、ミュージシャンや音楽イベントのマネージャー、PA、照明などを生活の糧とするようになった[8]

音楽を本業とするスタッフが増えていくなかで多忙になるなど諸般の事情を考慮して、1979年を最後に春一番を中断することにした。

大震災/1995年以後編集

1995年大阪城野外音楽堂で、16年振りの復活「春一番‘95」が5月4日5月5日の2日間にわたって、開催された。

再開2回目の1996年5月の春一番は、イベント名称を「祝春一番」に改め[9]、会場を服部緑地野外音楽堂に移して、開催。これまで、2日間だった日程を3日間に拡大。

1996年以後、同様の3日間日程だったが、2004年以降、さらに、4日間に拡大。2006年からは、イベント名称を再び「祝春一番」に改称。2009年以降は、5日間の開催となっている。

第2回より舞台監督、プロデューサーであった阿部登2010年11月28日に逝去、2011年3月11日東日本大震災とそれに端を発する福島第一原子力発電所事故後の「祝春一番2011」(2011年4月30日5月1日5月3日5月4日5月5日開催)は、40周年記念にあたり、福岡風太は、スタッフブログで「あまりにもデカすぎる追悼コンサート」、「世界中から原子力発電所は無くならなあきません。」と(被災地に向けて)「自由に『心(キモチ)』を発信する」コンサートと位置づけた[10]

連動イベント編集

1973年、福岡風太の許可を得て、新宿ロフトで『春二番』というライヴが開催された。2006年3月13、14日には、第2回『春二番』ライヴを開催した[11]。2009年4月15日、「東京春一番2009」が福岡のプロデュースで下北沢のライブハウスでも開催されている。

テーマ曲編集

春一番コンサートのために西岡恭蔵がテーマ曲「春一番」を作曲。

主な出演者編集

95年以降の出演者編集

押尾コータロー大西ユカリと新世界矢野絢子、山中一平とオンドリャーズ(河内音頭)、郷土芸術江州音頭二代目桜川唯丸会(江州音頭)ら。

さらに、メジャーとなった、竹内まりや忌野清志郎近藤房之助ウルフルズ江口洋介CHAR中島らもも出演していたことは注目される。

ジャズ界からも、山下洋輔トリオ、金子マリとバックスバニー、坂田明ペギー葉山といったベテランも出演した。

参考文献編集

  • 「春一番復活」福岡風太 -雑誌『雲遊天下』第4号掲載(ビレッジプレス、1995年5月)
  • 『日本フォーク私的大全』- なぎら健壱(筑摩書房、1995年9月)
  • 『関西フォーク70’sあたり 僕が時代の風に吹かれた頃』- 中村よお(幻堂出版、2003年5月)
  • CD『春一番ライヴ 72』- オムニバス(ベルウッドレコード、2004年4月)ライナーノーツ
  • CD『春一番ライヴ 73』- オムニバス(ベルウッドレコード、2004年4月)ライナーノーツ
  • CD『春一番ライヴ 74』- オムニバス(ベルウッドレコード、2004年4月)ライナーノーツ
  • CD『春一番ライヴ 75-76』- オムニバス(ベルウッドレコード、2004年5月)ライナーノーツ
  • CD『春一番ライヴ 77-78』- オムニバス(ベルウッドレコード、2004年5月)ライナーノーツ
  • CD『春一番ライヴ 79』- オムニバス(ベルウッドレコード、2004年5月)ライナーノーツ
  • CDボックス『1972春一番』復刻版- 付録ブックレット(ブリッジ、2006年5月)
  • 「渡が死んだ日に“来年も春一をやろう”と俺は決めたんや」-福岡風太インタビュー(「祝春一番2006」『雲遊天下』増刊号、雲遊天下読者応援団+ビレッジプレス、2006年5月)

関連項目編集

外部リンク編集

編集

[ヘルプ]
  1. ^ 高田渡のこと。
  2. ^ 「渡が死んだ日に“来年も春一をやろう”と俺は決めたんや」-福岡風太インタビュー(「祝春一番2006」『雲遊天下』増刊号、雲遊天下読者応援団+ビレッジプレス、2006年5月)
  3. ^ ザ・ディランIIの項目を参照。
  4. ^ 「福岡風太と喫茶〈ディラン〉の時代」- 井口啓子の西日本ロック紀行 No. 147 (OOPS! コラム 2007年5月2日
  5. ^ いとうたかおホームページ パイオグラフィ掲載。
  6. ^ http://rooftop.cc/news/2019/03/09223000.php
  7. ^ 「悠春風春(ユーシュンフーシュン)」 - 福岡風太 「春二番」2006特集ページ参照。
  8. ^ 「春一番95」復活に向けてのスタッフ募集のよびかけ - 福岡風太(「春一番とは」春一番スタッフページに掲載)
  9. ^ 「オレとおマエの春一番」- 福岡風太(祝春一番2009ウェブサイト内「春一番とは」所収 2007年)
  10. ^ 祝春一番2011スタッフ日記
  11. ^ 前掲「悠春風春(ユーシュンフーシュン)」 - 福岡風太 「春二番」2006特集ページ参照。