メインメニューを開く

春花 きらら(はるはな きらら、3月21日生)は、元宝塚歌劇団花組の娘役。

千葉県茂原市麹町学園女子高校出身。身長163cm。愛称は「まいこ」、「きらら[1]。血液型はA型[2]

目次

略歴編集

2003年4月、91期生として、宝塚音楽学校入学。同期には野々すみ花(元宙組トップ娘役)、愛加あゆ(元雪組トップ娘役)、鳳真由稀鳥まりや音波みのり藤咲えりらがいる。

2005年3月、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は47人中32位[3]。花組公演『マラケシュ・紅の墓標』/『エンター・ザ・レビュー』で初舞台[1]。その後花組に配属。

2013年7月より、同期生の鳳真由とともにTAKARAZUKA SKY STAGEの第2期スカイ・ナビゲーターズを務める[4]

同年、『愛と革命の詩 -アンドレア・シェニエ-』の東京公演の途中で、花野じゅりあの休演により、コワニー伯爵夫人役の代役を務めた。[5]

2014年11月16日、『エリザベート -愛と死の輪舞-』の東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。

2016年、汐月しゅう花奈澪都月みあ五條まりなと「こすぷれ歌劇団」を結成し、サンリオピューロランドで4月からお披露目公演を開催[6]

主な出演編集

舞台編集

宝塚歌劇団所属時代編集

宝塚歌劇団退団後編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 阪急コミュニケーションズ出版、宝塚生徒名鑑「宝塚おとめ 2013年度版」 Archived 2013年5月10日, at the Wayback Machine.28ページに掲載
  2. ^ 阪急コミュニケーションズ出版、宝塚ガイドブック「ザ・タカラヅカⅤ(ファイブ)花組特集」117ページに掲載
  3. ^ 監修:小林公一、阪急コミュニケーションズ出版「宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)」2014年4月1日、117ページに掲載。ISBN 9784484146010
  4. ^ スカイ・ナビゲーターズ 第2期生”. TAKARAZUKA SKY STAGE. 2013年6月12日閲覧。
  5. ^ 『愛と革命の詩 -アンドレア・シェニエ-』主な配役”. 宝塚歌劇団. 2013年12月24日閲覧。
  6. ^ a b 宝塚OG新ユニット「こすぷれ歌劇団」がピューロランドでお披露目公演”. ステージナタリー (2016年2月29日). 2016年3月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集