メインメニューを開く

東映不思議コメディーシリーズ > どきんちょ!ネムリン
東映不思議コメディーシリーズ
  題名 放映期間
1 ロボット8ちゃん 1981年10月-翌年09月
2 バッテンロボ丸 1982年10月-翌年09月
3 ペットントン 1983年10月-翌年08月
4 どきんちょ!ネムリン 1984年09月-翌年03月
5 勝手に!カミタマン 1985年04月-翌年03月
6 もりもりぼっくん 1986年04月-同年12月
7 おもいっきり探偵団
覇悪怒組
1987年01月-同年12月
8 じゃあまん探偵団
魔隣組
1988年01月-同年12月
9 魔法少女
ちゅうかなぱいぱい!
1989年01月-同年07月
10 魔法少女
ちゅうかないぱねま!
1989年07月-同年12月
11 美少女仮面
ポワトリン
1990年01月-同年12月
12 不思議少女
ナイルなトトメス
1991年01月-同年12月
13 うたう!大龍宮城 1992年01月-同年12月
14 有言実行三姉妹
シュシュトリアン
1993年01月-同年10月

どきんちょ!ネムリン』は、1984年9月2日から1985年3月31日までフジテレビ系で全31話が放送された特撮テレビ番組で、東映不思議コメディーシリーズの第4作目にあたる。

どきんちょ!ネムリン
ジャンル テレビドラマ
原作 石森章太郎
企画 前田和也(フジテレビ)
木村京太郎(読売広告社)
平山亨(東映)
脚本 浦沢義雄 ほか
監督 田中秀夫 ほか
出演者 東啓子
福原一臣
内田さゆり
飛高政幸
室井深雪
オープニング 「ぴんく、ピンク、PINK!」
エンディング 「睡眠エネルギー」
プロデューサー 遠藤龍之介(フジテレビ)
植田泰治・西村政行(東映)
制作 フジテレビ
放送
音声形式 モノラル / シネテープ
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1984年9月2日 - 1985年3月31日
放送時間 日曜9:00 - 9:30
放送枠 東映不思議コメディーシリーズ
放送分 30分
回数 31

特記事項:
東映不思議コメディーシリーズ」第4作

目次

あらすじ

ごく普通の小学生の少女、大岩マコがある晩に見た夢がきっかけで、8億年の眠りから覚めた「ネムリン」「ビビアン」「モンロー」の3人の妖精が大岩家に住み着いて、シュールな騒動を引き起こす。

概要

ペットントン』に続く異生物をメインキャラクターとした作品[1][2][3]。シリーズで初めて少女が主人公となっており[3]少女漫画を思わせる作風となっている[4]

ネムリンの造型は着ぐるみではなくパペット操演で表現され、前作では再現しきれなかった石森のキャラクターデザインに忠実な姿となっている[3]。当初は表情が硬かったが、徐々に改良され喜怒哀楽を表現できるようになっていった[5]

企画初期のタイトルは『ねむねむネムリン』[3]

登場キャラクター

妖精

ネムリン( - 室井深雪
8億年の眠りから覚めた前文明の妖精の女王。1日12時間眠る体質でよく居眠りをしている。基本的に男言葉で喋る。語尾に「チョ」を付けることも多い。
肌身離さず身に付けている角笛は、無生物を覚醒させ(無生物も意識を持っており、動かないのは眠っているから、と言う理論)、角からは何でも出現させ(無から作り出す事も、遠くの物を取り寄せる事も可)、おまじない石はどんな願いもかなえられる(ただし、絶対に望んだ形でかなえられる事はない)。16話や24話のように、夢の中での出来事を現実であるかのように回想して訓話のように話すことがある。
ビビアン(声 - 八奈見乗児、スーツアクター - 山崎清
ネムリンのお供。コウモリの妖精。女言葉で喋る。空は飛べない。ネムリンからはいつも苛められ、大岩家の家族に使われっぱなし。序盤は2頭身のぬいぐるみで登場し、ネムリンの角笛で覚醒する描写があったが、後半はほぼ等身大のままで登場していた。
モンロー(声 - 田中康郎、スーツアクター - 石塚信之
ネムリンのお供。大柄な岩の妖精で、怪力の持ち主。何でも食べてしまう。不幸をもたらす石を持っており、騒動を巻き起こす。必殺技は「モンロー超特急便」。「おら、しらねぇ」が口癖。序盤は2頭身のぬいぐるみで登場し、ネムリンの角笛で覚醒する描写があったが、後半はほぼ等身大のままで登場していた。後に中山と付き合うことになる。

大岩家

大岩マコ(内田さゆり
小学4年生の少女でO型。振られた相手の写真を燃やしたのがきっかけで、その晩の夢の中でネムリンを呼び覚ました。素直で純粋な女の子らしい性格で、大岩家では最年少でありながら一番の常識人であるため、マコが事件の発端となることは少ない。兄の友人である中山をはじめとする人々に好意を抱かれている。ネムリンとは寝る時も一緒で非常に仲が良い。寝相が悪く、それをビビアンに言いふらされてしまったこともある。兄である玉三郎の奇行には迷惑しているものの、多少は妹として気にかけている。
大岩玉三郎(飛高政幸
小学6年生の太っちょの少年で、マコの兄。身の程知らずというか変人で、アイドル志望で堀越学園(フィクションの中等部)入学を目指している(入学すれば即アイドルになれると思っている)。しかし堀越に入れるだけの学力や芸はなく、後半で入学試験を受けるものの不合格となった。女装癖持ち。「堀越へ入ろう~」などという怪しい自作の歌(正式なタイトルは『夢のサクセススクール』)を歌う。同曲はこおろぎ'73が歌ったものがレコード・CD化されている。
大岩サチコ(東啓子
30歳。玉三郎とマコの母親、専業主婦で常識人。しょっちゅう騒動を引き起こす息子を持つだけでも大変なのに、更に騒動を持ち込む居候が増えて気苦労が絶えない。しかし、ママ自身も変な妄想にふけったり、おかしな白昼夢をみたりする、相当な変わり者である。パパとはラブラブで夫婦仲は良いが、玉三郎のことで思い悩み、離婚してお見合いをする寸前まで行ってしまったこともある。
大岩ヨウスケ(福原一臣
35歳。大岩家の大黒柱で、ママの尻に敷かれ気味ではあるが、マコからは頼りにされている。常識外れな居候に癇癪を起こす事もあるが、ネムリン達には好意的。玉三郎のアイドルになりたいという夢に対しても、ママとは逆に一定の理解を示しているが、その為ママと意見が衝突する事もしばしばで、そのたびに婿養子であることを持ちだされて参っている。しかし夫婦仲は良好で、概ね「仲良し家族」である。

その他

中山(岩国誠)
玉三郎の親友。Yシャツとスーツに蝶ネクタイという格好が基本で眼鏡をかけており、読書熱心で聡明に見えるが頭は悪い。友達の妹であるマコに好意を抱いていて、アプローチをかけている。しかし後半では中山に惚れたモンローと両思いになり付き合うこととなった。
マサト(高木政人)
牛乳屋の青年。演じる高木はと前作ペットントンと前前作バッテンロボ丸スーツアクター
寝不足怪人イビキ(佐藤正宏
セミレギュラーのネムリンの敵ともいえる変な怪人。世界中を睡眠不足にする野望のため、邪魔なネムリンを倒そうとしている。虫歯菌のような姿で、毎回新しい発明品を作りネムリンに襲い掛かる。口からいびきを実体化(ガォーと書いたふきだしのカタマリ「イビキミサイル」や「イビキスペシャル・イビキ文字弾」と呼ぶ)したりする。テーマ曲まであり自ら歌う。
初登場となった第4話では、人間の夢に寄生して、宿主に酷いイビキをかかせて睡眠不足にする「寝不足寄生虫イビキ」という設定であった。
演じた佐藤は、一人で人形相手に立ちまわるのに苦労したという[6]
タイムスリップおじさん(奥村公延
セミレギュラー、常に時間の中を旅する初老のおじさん。登場当初はネムリンをシンデレラとして異世界に連れて行き、城の召使としてこき使おうとしたが、それ以降はマコの歌のレッスンの先生としてベートーベンを連れてきたりとネムリン達に協力的になった。中世ヨーロッパの王子様(ピエロ?)の様な姿で、専用のテーマ曲「タイムスリップおじさん」に乗って踊りながら登場する。「イナイイナイイナイ~イナイッ!」の呪文でかき消すようにタイムスリップする。

スタッフ

主題歌

劇中歌

  • 「ストップ・ザ・ネムリン」 歌 - 室井深雪 (20・24・25話)
  • 「夢のサクセススクール」 歌 - 飛高政幸 (20・23・26話) 歌 - こおろぎ'73(24話)
  • 「タイムスリップおじさん」 歌 - 山野さと子 (25話)
  • 「寝不足怪人イビキ」 歌 - 本間勇輔 セリフ - 佐藤正宏 (27話)
    • すべて作詞 - 浦沢義雄/作編曲 - 本間勇輔

放送日程

放送日 話数 サブタイトル ゲストキャラクター 脚本 監督
1984年09月02日 1 おはよう8億年の眠り 浦沢義雄 田中秀夫
1984年09月09日 2 起きろ玉三郎の脳みそ
1984年09月16日 3 不思議なブローチ
  • 中山(岩国誠)
  • 牛乳屋のマサト(高木政人
  • ハンバーガーショップ店員(吉村よう
  • (松山薫・金在勝利・秦映花・大久保芳和・砂子祐輝・大島和徳)
岡本明久
1984年09月23日 4 寝不足おじさん
1984年09月30日 5 アキカン怪物の大逆襲
  • 牛乳屋のマサト(高木政人)
  • マサトのガールフレンド(椎名千秋
  • アキカン怪物の声(丸山詠二
坂本太郎
1984年10月07日 6 ネクラな人は大嫌い!
1984年10月14日 7 必殺!イビキスプレー
  • 寝不足怪人イビキ(佐藤正宏)
  • 牛乳屋のマサト(高木政人)
  • 僧侶(たこ八郎
田中秀夫
1984年10月21日 8 恐怖のお見合い騒動!
  • マコのおばあちゃん(塩沢とき
  • 中山(岩国誠)
  • 牛乳屋のマサト(高木政人)
1984年10月28日 9 マコの(秘)スキャンダル 大井利夫
1984年11月04日 10 バス停くん田舎へ帰る
1984年11月11日 11 盗まれた魔法の角笛 坂本太郎
1984年11月18日 12 返してよ!オレの夢
1984年11月25日 13 男はつらいよ!玉三郎
  • 学生(山崎清・二役)
  • 中山(岩国誠)
  • 牛乳屋のマサト(高木政人)
  • 医者(石塚信之)
加藤盟
1984年12月02日 14 爆笑!タイムスリップ
  • タイムスリップおじさん(奥村公延)
1984年12月09日 15 戦え寝不足怪人イビキ
  • 寝不足怪人イビキ(佐藤正宏)
  • 牛乳屋のマサト(高木政人)
  • お巡りさん(井上智昭)
  • 僧侶(たこ八郎)
岡本明久
1984年12月16日 16 肉まん・アイス大戦争
1984年12月23日 17 サンタ・一発大勝負!!
  • サンタクロース(でんでん
  • タイムスリップおじさん(奥村公延)
田中秀夫
1984年12月30日 18 さすらいの除夜の鐘
1985年01月06日 19 激突!イビキミサイル 坂本太郎
1985年01月13日 20 モンローの純愛物語
1985年01月20日 21 アッパレ桃太郎
1985年01月27日 22 大逆転!パパとママ
1985年02月03日 23 受験生の敵!バーカ
  • 寝不足怪人イビキ(佐藤正宏)
  • バーカ(山崎清)
  • キョウコ(石田沙織)
  • 警官(井上智昭)
佐伯孚治
1985年02月10日 24 燃えろ!タコ焼きの青春
  • 中山(岩国誠)
  • キョウコ(石田沙織)
  • タコ(声・阿部渡
1985年02月17日 25 出た!ベートベン
  • タイムスリップおじさん(奥村公延)
  • ベートーベン(市川勇
  • リエ(鈴木明子)
  • 魚屋(山本緑)
  • (小山昌幸)
坂本太郎
1985年02月24日 26 アイドルDJ!玉三郎
  • 中山(岩国誠)
1985年03月03日 27 イビキのガイコツ作戦
  • 寝不足怪人イビキ(佐藤正宏)
  • ガイコツ(声・島田彰
大井利夫
1985年03月10日 28 決定!?街の大スター 寺田憲史
1985年03月17日 29 ママは恋のライバル 井上敏樹 坂本太郎
1985年03月24日 30 アイドル故郷へ帰る?!
  • タイムスリップおじさん(奥村公延)
  • 中山(岩国誠)
寺田憲史
1985年03月31日 31 さよなら愛の妖精

総集編

大竹真二(構成)

視聴率

  • 最高視聴率:18.2%「第24話」(東映不思議コメディーシリーズ歴代7位)

ビデオリサーチ調べ、関東地区

映像ソフト化

2008年7月21日発売の「石ノ森章太郎 生誕70周年 DVD-BOX」に第1話が収録され、初のソフト化となった。

コミカライズ

CS放送・ネット配信

CS放送
ネット配信

脚注

  1. ^ 全怪獣怪人 下 1990, p. 365.
  2. ^ 常識 2013, pp. 110、146.
  3. ^ a b c d 「ヒーローファイル どきんちょ!ネムリン」『甦る!石ノ森ヒーローファイル』Gakken〈Gakken Mook〉、2013年9月10日、83頁。ISBN 978-4-05-610166-9
  4. ^ 常識 2013, p. 111.
  5. ^ 常識 2013, p. 110.
  6. ^ 全怪獣怪人 下 1990, p. 399.

参考文献

フジテレビ 日曜朝9時 - 9時30分枠(1984年9月 - 1985年3月)
前番組 番組名 次番組
どきんちょ!ネムリン