メインメニューを開く

概要編集

古来より信仰を集めた霊山。山頂には延喜式記載の古社である尾張戸神社があり、尾張国造尾張氏の本貫地、また熱田神宮の奥の院として古来より信仰を集めた。また山内・山麓には尾張戸神社古墳・中社古墳・南社古墳・白鳥塚古墳など、東谷山古墳群上志段味古墳群と総称される尾張地区最大規模の古墳群が存在する。『尾張名所図会』によると、下水野村にあり、尾張戸の神を鎮まります、山なので古くは「尾張山」と呼ばれていたが、尾張の国名を表する「当国(當国)」の地名の由来から「当国(當国)山(とうごくやま)」と呼び替えるようなり、後にこれが転じて、現在の「東谷山」へと書き表す様になったとされる。

『東春日井郡誌』によるとヤマトタケル伝説があり、ヤマトタケルが伊吹山の賊を征伐に行く途中に蛇に足を噛まれ、傷口を川で洗っていたところ、一羽の白鳥が現れ、ヤマトタケルが尾張に連れて行ってくれと白鳥に頼み、東谷山の麓に着いたところで白鳥が死んだため、ヤマトタケルがその場所に白鳥の墓を建てたと伝わり、その場所が白鳥塚古墳であると言う。

南山麓には森林浴の森100選に選定されている愛知県森林公園丘陵地がある。名古屋市内で東山公園と同様に多くの自然が残る里山で、2010年4月には国の特別天然記念物であるニホンカモシカの生息が確認された[3]。山頂には三階建ての展望台が設けられている。

東谷山フルーツパーク編集

南西山麓には東谷山フルーツパークがある。

遊歩道編集

  • 東谷山散策道(山頂までは東谷山フルーツパークの第一駐車場付近から約750 m、所要時間約30分)
  • 尾張戸神社表参道(西側からの山頂の尾張戸神社への表参道がある。所要時間約30分)
  • 林道(北西側から山頂に至る林道がある[2][4][5]。)

ギャラリー編集

地理編集

周辺の主な山編集

画像 名称 標高
(m)
三角点等級
基準点名[1]
東谷山からの
方角と距離(km)
備考
  小牧山 85.86  二等
「小牧山」
 西北西 13.3 小牧城
  本宮山 292.84  一等
「尾本宮山」
 北西 11.0 尾張三山
大縣神社
  三国山 700.98  三等
「三国峠」
 東 6.8 愛知県と岐阜県との県境
  東谷山 198.29  二等
「上志段見村」
  0 尾張戸神社
東谷山フルーツパーク
  猿投山 628.92  一等
「猿投山」
 東南東 11.8 東海自然歩道
猿投グリーンロード

源流の河川編集

  • 庄内川が北側を流れ、その支流の源流の山であり、伊勢湾へ流れる。
  • 愛知用水のトンネルが東山腹を貫く。
  • 大久手池、大村池、大広見池などの多数の溜池が周辺にある。

脚注編集

関連書籍編集

  • 日本山岳会東海支部『改訂版 愛知県の山』山と溪谷社〈新・分県登山ガイド 改訂版〉、2010年2月22日。ISBN 978-4635023726
  • 『新・こんなに楽しい愛知の130山』あつた勤労者山岳会、風媒社、2003年12月。ISBN 4833101076

関連項目編集

外部リンク編集