メインメニューを開く

尾張丘陵(おわりきゅうりょう)とは、愛知県中西部(旧尾張国東部)、濃尾平野東側にある丘陵

概要編集

北部は海抜200メートル前後で、木曽川南側の犬山市から南東方向へ、小牧市春日井市などを経て、豊田市瀬戸市境の猿投山南西麓へ続く。ここからは南西方向へ、海抜約100メートル以下のなだらかな丘陵として、長久手市日進市豊明市名古屋市東部などを経て続き、知多半島北部の東海市大府市知多丘陵に連なる。

東側には尾張・三河国境である境川が流れ、その東側は西三河平野となる。

名古屋市東郊のベッドタウンとして開発が進んでいる。

学園都市編集

豊田市瀬戸市を始め「知の拠点あいち」など、産学官連携による共同研究開発拠点や学術研究拠点の整備が進められている。 また、日進市長久手市などのように大学が集中している名古屋市の北郊から東郊の丘陵地域(犬山市岡崎市)にかけて、多くの学園都市が形成されている。


関連項目編集