森岡 賢(もりおか けん、1967年3月15日 - 2016年6月3日[1])は、日本ミュージシャン音楽プロデューサーキーボーディスト

森岡 賢
生誕 (1967-03-15) 1967年3月15日
出身地 日本の旗 日本東京都港区
死没 (2016-06-03) 2016年6月3日(満49歳没)
ジャンル ポップ・ミュージック
シンセポップ
EBO
ニューエイジ
職業 作曲家
編曲家
音楽プロデューサー
キーボーディスト
担当楽器 キーボード
活動期間 1982年 - 2016年
共同作業者 SOFT BALLET
KA.F.KA
minus(-)

東京都港区出身。血液型はB型。東邦音楽大学附属東邦高等学校ピアノ科卒業後、東邦音楽大学音楽学部作曲学科中退。SOFT BALLETの一員として活躍し、1995年に一時活動終了するが、2002年に再結成。再び活動終了した2003年以降はソロで活動していた。また、作曲家編曲家としてアーティストへの楽曲提供やプロデュースも行っていた。

目次

経歴編集

  • 1982年より - キーボードプレイヤーとして活動開始。三上博史ZABADAK戸川純BUCK-TICK遊佐未森、Urban Dance等のライブ、レコーディングに参加。CM音楽、ゲーム音楽やアレンジも手掛ける。
  • 1985年 - SOFT BALLETの前身となるバンド、volage(ヴォラージュ)を結成(メンバーは遠藤遼一藤井麻輝 他)
  • 1987年 - GRANNY TAKES A TRIP(メンバーは森岡の他、田中裕千、河村智康、名村武) としてシングル「愛しすぎたから」でメジャーデビュー
  • 1989年 - SOFT BALLETとしてアルバム『EARTH BORN』でメジャーデビュー
  • 1994年 - 初のソロアルバム『Questions』リリース
  • 1995年 - SOFT BALLET「終了」
  • 1996年 - 以降、プロデューサー、サポートミュージシャンとして活動
  • 1998年 - ソロアーティスト「KEN MORIOKA A」としてシングル「FAT」でデビュー
  • 1999年 - シングル「ZERO」、「Plastic Flower」に続きアルバム『JAPANESE』をリリース
  • 2000年 - 「KEN MORIOKA」名義でシングル「Birth」リリース
  • 2001年 - アルバム『ELECTRONICA』リリース、続けて「森岡 賢」名義でアルバム『fantasia』リリース
  • 2002年 - SOFT BALLETが活動再開
  • 2003年 - SOFT BALLET再び「終了」
  • 2004年 - レーベル『ELECTRIC DISC』を立ち上げ、シングル『Always Need Your Love』をリリース
  • 2005年 - 吉本興業ミュージックマネジメント運営のインディーズレーベル「Fate Records」 よりアルバム『Jade』リリース
  • 2008年 - 出口雅之と共にジェントルマン テイク ポラロイドを結成、アルバム『Orfeu』(2009年12月)を発売
  • 2008年 - I'veのボーカリスト・MELLのワンマンライブツアー『FIRST LIVE TOUR 2008 SCOPE』名古屋・大阪・東京公演に参加
  • 2013年 - 土屋昌巳らとKA.F.KAを結成
  • 2014年 - 藤井麻輝と共に新ユニットminus(-)を結成、アルバム『D』をリリース。
  • 2015年 - 5月9日、KA.F.KA アルバム『Fantome † Noir』リリース。12月9日、minus(-) アルバム『G』リリース。
  • 2016年 - 6月3日、心不全により死去。49歳没[1]

概要・人物・エピソード編集

父は作曲家編曲家の森岡賢一郎、姉は現代美術家森岡寿里、弟はギタリストの森岡慶(詳細は森岡賢一郎の項目を参照)

5歳よりピアノを始める。自らの意志ではなく両親に習わされていた為、嫌々レッスンに通っていた。むしろ当時の夢はプロレスラー野球選手になることだったと語っている[2]。後に父親のシンセサイザーで遊び始めたのがきっかけで、作曲や音作りに興味を持つようになる。

父親が業界人だった関係で、幼少期から家に小柳ルミ子天地真理などが出入りするような環境で育った。そのため業界人に対しても物怖じしなくなったが、例外として憧れとコンプレックスを感じたのが土屋昌巳YMOだった。[2]

小学校、中学校といじめに遭い引き篭もりがちになるが、テクノを好んで聴いていたことから、高校時代に新宿ディスコ「ツバキハウス」に出入りするようになる。此処で藤井麻輝遠藤遼一と知り合う。中学時代に初めてデモテープを制作する。後年これを電話で藤井麻輝に聴かせたことがきっかけで、彼との本格的な交流が始まる。

モデルをしていた雑誌「JUNE」を通じてISSAYと出逢ったことがきっかけで、プロミュージシャンとしての活動を開始。ちなみに遠藤遼一と藤井麻輝も同誌モデル経験者である。1980年代のテクノシーンやいわゆるニュー・ウェイヴに強く影響を受けており、SOFT BALLETではポップでキャッチーな楽曲を製作することが多く、ことに1991年の『EGO DANCE』以降、ビクター(インビテーションレーベル)所属時代については、全てのシングルリリース曲のA面を担当するなど、SOFT BALLETの市場開拓に際しては森岡が主要な役割を担った。

ソロデビューアルバム『JAPANESE』ではSOFT BALLETに通ずるテクノポップなサウンドの他にもロックアンビエントハウスなど多彩な音楽性を取り入れたが、『ELECTRONICA』、『fantasia』の2作ではクラブミュージックシーンを意識した文字通りエレクトロニカを主体としていた。SOFT BALLETの復活〜終了を経てからは再び様々な音楽性を発揮している。

音楽性からはデペッシュ・モードの影響が強いと言われるが、実際に一番影響を受けたミュージシャンは元祖ニューロマンティックヴィサージ(Visage)であると公言している。

SOFT BALLET結成当初はステージ上で微動だにせずシンセサイザーを弾いていた。後に三上博史のツアーサポートを務めたことが、パフォーマンスに開眼するきっかけとなった[2]。シンセサイザーだけでなく、楽曲によってはギターも演奏する。

コンサート初体験は、幼稚園の頃に観たトム・ジョーンズ

遅刻魔で知られており、SOFT BALLET時代には藤井にしばしば説教を受けた。

SOFT BALLET時代は、ミュージシャンとしての自分と素の自分とのジレンマに苦しんでいた時期があった。売れれば売れるほど苦痛になっていき、ステージ上とメディアに出ている時以外は廃人のような状態だったと語っている。当時、まだ学生だった及川光博がたまたま電車内で、ジャージ姿に黒髪混じりの汚いブロンドで手にはコンビニの袋という出で立ちの森岡を目撃している。この時、森岡のファンである及川は握手を求めながらも「仕事してないとこんな風になっちゃうんだな。僕はちゃんと仕事しよう」と思ったという。[3]

パフォーマーとしてのイメージが強く定着しているが、演奏することそのものにも改めて興味があり、ステージ上ではピアノを使用することもある。また2007年から2008年にかけて参加した布袋寅泰のツアーでは、打ち込みを使用していない。これは自身のキャリア上でほぼ初の試みである[4]

晩年は主にソロ活動を中心に多方面で活動していた。

ディスコグラフィ編集

SOFT BALLETminus(-) に関しては、それぞれ該当する欄を参照。

森岡賢ソロ作品編集

シングル編集

  • FAT (1998年11月11日 POCH-1746)
    • FAT / Believe Myself / FAT -BLACK MIX-
  • ZERO (1999年4月7日 POCH-1765)
    • ZERO / No more / ZERO [Instrumental] / ZERO [drum mix]
  • Plastic Flower (1999年6月2日 POCH-1791)
    • Plastic Flower / JAZZ / Plastic Flower -Audio Active Remix-
  • Birth (2000年12月20日 UPCH-5033)
    • Introduction / BIRTH (2000th Birthday mix) / LOVE (INFINITY) / SAINT (Innocent Voice mix)
  • Always Need Your Love (2004年10月20日 VDP-9)
    • Love Criminal / Always Need Your Love / Dust (Loveless) / Broken Musk (White Stone Mix) / Always Need Your Love (Inst. Mix)
  • NEW GROOMING (2005年3月10日 OPWA-3007)
    • New Grooming / Adam / After Noon (午後の君と僕) / Brand New Grooming

アルバム編集

  • Questions (1994年12月16日 POCH-1803)
    1. R or J
    2. ARU ASA
    3. LET IT BE
    4. K.A
    5. SUMO
    6. MIZU TO ABURA
    7. WHO
    8. THE SADNESS OF THINGS
  • JAPANESE (1999年7月7日 VICL-628)
    1. PLEASE
    2. FAT
    3. EDGE OF DANCE
    4. ZERO
    5. WANT
    6. 裸のブランチ
    7. WATER
    8. HELP
    9. NENMATSU
    10. PLASTIC FLOWER
    11. EXIT
    12. NAKED THINGS
    13. START
  • ELECTRONICA (2001年1月24日 UPCH-1051)
    1. HEAVEN / IN TO THE FUTURE
    2. PULSE / ELECTRO DISCO
    3. RAW
    4. WAKE UP (Alternative Mix)
    5. BIRTH
    6. ECONOMIC MONSTER
    7. 2002 (Manifacture United Mix)
    8. CHILDS
  • fantasia (2001年4月25日 UPCH-1059)
    1. Fine day
    2. Air
    3. Cruise
    4. Mad Japanese
    5. Gene
    6. The Way
    7. What are you saying?
    8. Electro Disco
    9. Into the Sky
  • Jade (2005年9月7日 POCH-1803)
    1. Sorry I Can't Kill You
    2. EROTICO
    3. Always Need Your Love
    4. LINDA
    5. PULSE [ELECTRO DISCO]
    6. Crucified
    7. No! Body
    8. Jade [New Grooming]
  • Modern Racer (2008年7月19日 MROK-0001) ※ライブ会場限定
    1. Foxy No5
    2. Sexy Racer
    3. Spoil
    4. Scramble-eggs
    5. Still
    6. いつか きっと
    7. ModernChanges
    8. Talk.Talk (Bonus Track)

映像作品編集

  • NORMAL (VHS:1999年7月7日 POVH-1082 / DVD:2001年4月25日 UPBH-1024)
    • PLASTIC FLOWER / ZERO / FAT / START / HEAVEN

ジェントルマン テイク ポラロイド編集

アルバム編集

  • Orfeu (2009年12月9日 ZQPT-1003)
    1. 悲しみのオルフェ
    2. 灼熱の華
    3. THE GAME
    4. Oh Wonder!
    5. サヨナラ
    6. FAKE
    7. BREAK
    8. 愛と情熱のベースボールブギ
    9. RADIO CITY
    10. 名もなき風

ZIZ x KEN.MORIOKA編集

シングル編集

  • Salon du Détester (2012年12月29日 ZIZO-0007)
    • SUPERBSAW / SPIEGEL WELT / FREAKQUENCY / SIGN / SUPERBSAW-Instrumental- / SPIEGEL WELT-Instrumental-

その他参加作品編集

  • KAIKANフレーズ ORIGINAL SOUND TRACK』の全作曲、プロデュースを担当。
    • MISSILE / Speed Spot / Honey Dawn / Melted Chocolate / WIPE DOPE UP! / Boost Valley / Love Note-petitchat ver. / MISSILE-Big Satan var. / Meleted Chocolate-vodu elect ver. / WIPE DOPE UP!-good-bye J ver. / Love Note
  • MELLの5thシングル『RIDEBACK』の3曲目、「RIDEBACK」のリミックスを担当。
  • MELLの2ndアルバム『MIRAGE』に「Princess bloom」「Teleportation guy」「MY PRECIOUS」の3曲を提供。
  • 及川光博のアルバム『ヒカリモノ』に「メリーゴーラウンド」、『RAINBOW-MAN』に「Most Beautiful Night」を提供。
  • スピリチュアルセラピストHIBIKI輝のディレクションプロデュースによるコンピレーションヒーリングピアノアルバム「Gratuitous Love〜光のピアノ〜」にDIEと共に参加。(2010年)「Diving Magic」「Soul Mate」の2曲を提供。
  • 『記憶の音楽Gb Sound Track』に「Gb main theme」及び他3曲(「Mad Japanese」「Cruise」「The Way」)を提供。
  • 攻殻機動隊 トリビュート 〜カテゴリー:テクノ・スタイル VER 2.0.0〜 に「Broken Mask」を提供。
  • Kayaのシングル「TABOO」の作曲を担当。
  • 濱田マリのアルバム『フツーの人』の「透き夜」の作曲を担当。
  • JAPANトリビュートアルバム『LIFE IN TOKYO』に参加(「Fall In Love With Me」)
  • I'veのコンピレーションリミックスアルバム『master groove circle2』に参加、「SCOPE」のリミックスを担当。
  • ディースリー・パブリッシャーのゲーム『ドリームクラブZERO』にて作中の楽曲「JEWEL」「Happy&Pride」の編曲で参加。
  • 古代祐三のアルバム『ザ・スキーム サウンドトラック』に「THE EMPEROR WAS STEPPED IN VICE」「THE FORCE ROTTED AWAY」「I'LL SAVE YOU ALL MY JUSTICE」の編曲で参加
  • LOSALIOSのアルバム『世界地図は血の跡』にALBANIAN RABBITS(Drums.中村達也、Bass.浅井健一、Keyboard&Arrange.森岡賢)として参加
  • 布袋寅泰のライブ(95年)に参加。2007年にはアルバム『AMBIVALENT』に参加。同アルバムのツアーにも参加。
  • BUCK-TICKのアルバム『SEVENTH HEAVEN』『或いはアナーキー』にキーボード演奏で参加。
  • 遊佐未森の「0の丘∞の空」など初期の複数の楽曲に参加

プロデュース編集

出典編集

  1. ^ a b 森岡賢、逝去 BARKS 2016年6月7日閲覧
  2. ^ a b c 森岡賢さんインタビュー Vol.1 -”. Guitar Labo - Yahoo!オークション. 2011年3月11日閲覧。
  3. ^ 森岡賢さんインタビュー Vol.2 -”. Guitar Labo - Yahoo!オークション. 2011年3月11日閲覧。
  4. ^ DVD 「HOTEI and The WANDERERS FUNKY PUNKY TOUR 2007-2008」 収録のインタビューより。

外部リンク編集