メインメニューを開く

江里口 匡史(えりぐち まさし、1988年12月17日 - )は、日本の元陸上競技選手で、専門は短距離走熊本県菊池市出身。熊本県立鹿本高等学校早稲田大学スポーツ科学部卒業。大阪ガス所属。

江里口 匡史
Masashi ERIGUCHI
Portal:陸上競技
Masashi Eriguchi - Flickr - Kentaro Iemoto@Tokyo (1).jpg
選手情報
フルネーム 江里口 匡史
国籍 日本の旗 日本
種目 短距離走
所属 大阪ガス(2011年 - 現在)
大学 早稲田大学(2007年 - 2011年)
生年月日 (1988-12-17) 1988年12月17日(30歳)
生誕地 熊本県菊池市
身長 170cm
体重 61kg
自己ベスト 100m:10秒07(2009年)
200m:20秒80(2012年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

経歴編集

鹿本高校時代の2006年10月第61回国民体育大会少年男子100mで優勝[1]。2007年に早稲田大学入学、1年目から日本インカレ100mで優勝を果たすなど活躍を見せた。その後故障に見舞われた時期があり、オリンピックへ出場はしていない[2]。2008年9月27日の早慶対抗競技会では、4×200mリレーの1走を務めて1分22秒67の日本新記録を樹立した[3]。大学3年に進級した後、2009年6月28日の第93回日本選手権男子100m決勝で、10秒14のタイムで初優勝を飾った。この結果、世界選手権の代表に選出された。また、同日行われた同レースの準決勝で、日本歴代4位となる10秒07をマークした[4]。8月の世界選手権では100mで2次予選に進出し8着、4×100mリレーには塚原直貴高平慎士藤光謙司と出場し4位に入った。

2010年、3月ドーハで開催された世界室内選手権60mでは準決勝7着となった。6月6日の第94回日本選手権100m決勝では10秒26の記録で塚原を抑えて連覇を果たした。9月の第79回日本インカレ100mで優勝し、吉岡隆徳以来77年ぶり2人目となる同種目大会4連覇を飾った[5]

2011年、大阪ガスに入社[6]。指導を仰ぐ朝原宣治コーチによると自己管理[7] とプラス思考[8] を長所とする選手であり、織田記念静岡国際に出場する中で足首のケガを原因とする調整の遅れが伝えられていたが、6月の第95回日本選手権100mでは貫禄を見せて大会3連覇を飾った[9]。10月、山口国体でロンドンオリンピック参加標準記録Aを上回る10秒14の記録で優勝。

2012年6月9日、日本選手権100mで4連覇を達成し、ロンドンオリンピック出場が決定した[10]。初出場となった8月のオリンピックでは100mと4×100mリレーに出場。100mは予選2組6着で予選敗退に終わったが[11]、4×100mリレーは2走を務め、予選を38秒07の日本歴代2位の記録で突破した[12]。しかし、決勝では予選よりタイムを落として4位に終わった[13][14]。9月の全日本実業団選手権では100mを初制覇[15]。10月の国民体育大会では成年100mで2連覇を達成した[16]

2013年、5連覇をかけた6月の日本選手権100mでは予選敗退に終わった[17]。2連覇がかかっていた9月の全日本実業団選手権100mでは2位、3連覇がかかっていた10月の国民体育大会成年100mでは3位に終わった[18]

2014年、5月のワールドリレーズ日本代表に選出され、男子チームの主将を務めた[19]。4×200mリレーに出場して2走を務めたが、3走の高平慎士とのバトンパスがうまくいかず予選敗退に終わった[20]

主な成績編集

大会 場所 種目 結果 記録 風速 備考
2005 インターハイ 千葉市 100m 7位 11秒05
2005 インターハイ 千葉市 200m 予選5組5着 22秒17
2005 国民体育大会 岡山市 100m 8位 10秒74 +2.0 少年男子A
2006 アジアジュニア選手権 マカオ 100m 予選棄権 DNS
2006 インターハイ 大阪市 100m 準決勝3組5着 10秒77 -0.8
2006 インターハイ 大阪市 200m 準決勝3組6着 21秒95 -0.9
2006 国民体育大会 神戸市 100m 1位 10秒37 +1.5 少年男子A
2007 関東インカレ(1部) 新宿区 100m 2位 10秒46 +0.2
2007 関東インカレ(1部) 新宿区 200m 準決勝1組5着 22秒05 -3.7
2007 関東インカレ(1部) 新宿区 4×100mR 3位 39秒63 2走
2007 日本インカレ 新宿区 100m 1位 10秒48 -0.5
2007 日本インカレ 新宿区 4×100mR 2位 39秒64 2走
2007 日本選手権 大阪市 100m 5位 10秒53 -0.3
2007 ユニバーシアード バンコクタイ 100m 1次予選棄権 DNS
2007 ユニバーシアード バンコク(タイ) 4×100mR 予選2組2着 39秒98 4走、予選のみ出場
2008 関東インカレ(1部) 新宿区 100m 準決勝2組7着 10秒86 -0.2
2008 関東インカレ(1部) 新宿区 4×100mR 1位 39秒46 2走
2008 日本選手権 川崎市 100m 7位 10秒61 -0.3
2008 日本インカレ 新宿区 100m 1位 10秒34 +0.6
2008 日本インカレ 新宿区 4×100mR 1位 39秒19 2走
2008 国民体育大会 大分市 200m 2位 20秒91 +0.6 成年男子
2009 関東インカレ(1部) 新宿区 100m 2位 10秒42 +0.4
2009 関東インカレ(1部) 新宿区 200m 準決勝1組5着 21秒20 +0.5
2009 関東インカレ(1部) 新宿区 4×100mR 1位 38秒97 1走
2009 日本選手権 広島市 100m 1位 10秒14 +1.9
2009 ユニバーシアード ベオグラードセルビア 100m 3位 10秒33 -0.7
2009 ユニバーシアード ベオグラード(セルビア) 4×100mR 予選失格 DQ 1走
2009 世界選手権 ベルリンドイツ 100m 2次予選1組8着 10秒45 -0.7
2009 世界選手権 ベルリン(ドイツ) 4×100mR 4位 38秒30 1走
2009 日本インカレ 新宿区 100m 1位 10秒13 +1.2
2009 日本インカレ 新宿区 4×100mR 1位 39秒32 1走
2009 アジア選手権 広州中国 100m 予選1組6着 10秒82 -1.0
2009 アジア選手権 広州(中国) 4×100mR 1位 39秒01 1走
2010 世界室内選手権 ドーハカタール 60m 準決勝1組7着 6秒77
2010 大阪グランプリ 大阪市 100m 4位 10秒38 0.0
2010 関東インカレ(1部) 新宿区 100m 1位 10秒38 -0.4
2010 関東インカレ(1部) 新宿区 200m 3位 21秒06 -0.5
2010 関東インカレ(1部) 新宿区 4×100mR 2位 39秒54 2走
2010 日本選手権 丸亀市 100m 1位 10秒26 0.0
2010 日本インカレ 新宿区 100m 1位 10秒62 -3.4
2010 日本インカレ 新宿区 4×100mR 3位 39秒63 2走
2010 国民体育大会 千葉市 100m 2位 10秒34 +1.7 成年男子
2010 アジア大会 広州(中国) 100m 準決勝2組3着 10秒56 +0.9
2010 アジア大会 広州(中国) 4×100mR 予選2組5着 47秒14 1走
2011 織田記念陸上 広島市 100m 1位 10秒22 +2.2 B
2011 関西実業団選手権 鳴門市 200m 1位 21秒12 -1.0
2011 日本選手権 熊谷市 100m 1位 10秒38 -0.5
2011 アジア選手権 神戸市 100m 2位 10秒28 +1.8
2011 アジア選手権 神戸市 4×100mR 1位 39秒18 2走
2011 全日本実業団選手権 鳴門市 200m 予選5組1着 20秒88 +0.6 決勝棄権
2011 国民体育大会 山口市 100m 1位 10秒14 +1.8 成年男子
2012 織田記念陸上 広島市 100m 2位 10秒29 0.0 A
2012 静岡国際陸上 袋井市 200m 3位 20秒80 +1.0 自己ベスト
2012 静岡国際陸上 袋井市 4×100mR 1位 38秒69 日本A1走
2012 ゴールデンGP川崎 川崎市 4×100mR 3位 39秒03 日本A1走
2012 関西実業団選手権 尼崎市 100m 1位 10秒21 0.0
2012 関西実業団選手権 尼崎市 200m 1位 21秒27 -1.3
2012 日本選手権 大阪市 100m 1位 10秒29 0.0 4連覇
2012 オリンピック ロンドンイギリス 100m 予選2組6着 10秒30 +0.7
2012 オリンピック ロンドン(イギリス) 4×100mR 4位 38秒35 2走 (USA失格、5位→4位に順位繰上げ)
2012 全日本実業団選手権 福岡市 100m 1位 10秒44 +2.4
2012 国民体育大会 岐阜市 100m 1位 10秒29 +0.6 成年男子
2013 織田記念陸上 広島市 100m 3位 10秒15 +2.7 A
2013 ゴールデンGP東京 新宿区 100m 6位 10秒50 -1.2
2013 関西実業団選手権 尼崎市 100m 1位 10秒51 -0.8
2013 日本選手権 調布市 100m 予選1組6着 10秒42 +0.3
2013 全日本実業団選手権 熊谷市 100m 2位 10秒30 +1.3
2013 全日本実業団選手権 熊谷市 200m 8位 50秒75 -0.7
2013 国民体育大会 調布市 100m 3位 10秒50 -1.7
2014 アジア室内選手権 杭州中国 60m 4位 6秒73
2014 織田記念陸上 広島市 100m 7位 12秒34 +0.7 A
2014 関西実業団選手権 大阪市 100m 1位 10秒34 -0.2
2014 関西実業団選手権 大阪市 200m 予選1組1着 21秒04 +0.6 決勝棄権
2014 ワールドリレーズ ナッソーバハマ 4×200mR 予選2組4着 1分23秒87 2走
2014 日本選手権 福島市 100m 6位 10秒37 +0.6
2014 実業団・学生対抗陸上 小田原市 100m 2位 10秒51 0.0
2016 全日本実業団選手権 大阪市 4×100mR 4位 40秒48 4走
2016 国民体育大会 北上市 100m 予選4組8着 11秒09 +0.6
2016 国民体育大会 北上市 4×100mR 予選4組6着 41秒65 4走
2017 全日本実業団選手権 大阪市 100m 予選5組8着 10秒88 0.0

記録編集

種目 記録 年月日 場所 備考
60m 6秒73 2014年2月15日   杭州 室内
100m 10秒07(+1.9) 2009年6月28日   広島 日本歴代8位タイ
200m 20秒80(+1.0) 2012年5月3日   袋井
4×100mR 38秒07 2012年8月10日   ロンドン 二走
4×200m 1分22秒67 2008年9月27日   横浜 日本記録、早稲田大学1走

脚注・出典編集

  1. ^ 早稲田ウィークリー / 日本短距離界の期待の新星 読売新聞. 2011年4月9日閲覧
  2. ^ 「(スポーツ人物館 広州アジア大会編)江里口匡史 100メートル9秒台、いつかは」 朝日新聞2010年9月16日、スポーツ1面、13ページ
  3. ^ 800メートルリレーで早大が日本新/陸上”. 日刊スポーツ (2008年9月27日). 2014年10月13日閲覧。
  4. ^ 「陸上:男子短距離 目覚めた20歳新星 早大・江里口、初の世界選手権切符」 毎日新聞2009年6月30日東京夕刊、運動面、7ページ
  5. ^ 「陸上・日本学生対校選手権第2日 江里口V4 77年ぶり2人目」 読売新聞2010年9月12日東京朝刊、スポーツD面、29ページ
  6. ^ 竹田竜世 (2011-04-28). 短距離のホープ・江里口、大阪ガス入社 朝原さん門下に asahi.com. 2011年6月23日閲覧
  7. ^ 佐藤謙治 「[KANSAI新鮮力](1)陸上男子短距離 江里口匡史」 『読売新聞』2011年5月9日大阪夕刊、夕二面、2ページ
  8. ^ 佐藤謙治 「江里口「朝原コーチ目標」 100メートル代表 大阪ガス入社/陸上」 『読売新聞』2011年4月23日大阪朝刊、スポーツB面、25ページ
  9. ^ 江里口、けが乗り越え3連覇=陸上日本選手権 時事通信社 (2011-06-12). 2011年6月23日閲覧
  10. ^ 江里口 0.01秒差で逃げ切り4連覇にホッ スポーツニッポン (2012-06-10). 2012年6月10日閲覧
  11. ^ 江里口、無念の6着”. MSN産経ニュース (2012年8月4日). 2014年10月13日閲覧。
  12. ^ ロケット山県400リレー日本2位記録/陸上”. 日刊スポーツ (2012年8月12日). 2014年10月13日閲覧。
  13. ^ 日本5位!400リレーメダル逃す/陸上”. 日刊スポーツ (2012年8月12日). 2014年10月13日閲覧。
  14. ^ USA代表チーム失格に伴う順位繰上げ(5位→4位)確定 [1] [2] [3]
  15. ^ 陸上:男子100、江里口が初V…全日本実業団”. 毎日新聞 (2012年9月23日). 2014年10月13日閲覧。
  16. ^ 陸上100、江里口が連覇 女子は福島V3 国体8日目”. 朝日新聞 (2012年10月6日). 2014年10月13日閲覧。
  17. ^ 江里口予選落ち「結果受け止める」/陸上”. 日刊スポーツ (2013年6月7日). 2014年10月13日閲覧。
  18. ^ 【国体】陸上成年男子100 江里口、V3逃す”. 熊本日日新聞 (2013年10月6日). 2014年10月13日閲覧。
  19. ^ 江里口ら出発 世界陸上の出場権獲得狙う”. 日刊スポーツ (2014年5月19日). 2014年10月13日閲覧。
  20. ^ 江里口、高平へのバトンパスをミス「勉強しないと」/陸上”. サンケイスポーツ (2014年5月25日). 2014年10月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

記録
先代:
早稲田大学
穴井伸也、田村和宏、佐藤真太郎、中川博文
男子4×200mリレー
日本記録保持者

早稲田大学
江里口匡史、楊井佑輝緒、木原博、木村慎太郎

2008年9月27日 - 2013年9月22日
次代:
早稲田大学
木村賢太、竹下裕希、愛敬彰太郎、永沼賢治
受賞
前年:
室伏広治
山崎勇喜
日本陸連アスレティック・アワード
優秀選手賞

世界選手権4×100mリレー日本代表
江里口匡史塚原直貴高平慎士藤光謙司
(同時受賞者)
尾崎好美渕瀬真寿美中村友梨香佐藤敦之加納由理

2009年
次年:
村上幸史
海老原有希
前年:
森岡紘一朗
赤羽有紀子
日本陸連アスレティック・アワード
優秀選手賞

ロンドンオリンピック4×100mリレー日本代表
山縣亮太江里口匡史、高平慎士、飯塚翔太
(同時受賞者)中本健太郎

2012年
次年:
木﨑良子
新谷仁美
山本聖途
前年:
なし
(2009年に新人賞新設)
日本陸連アスレティック・アワード
新人賞

(同時受賞者)戸邉直人、渕瀬真寿美
2009年
次年:
飯塚翔太
佐藤友佳
功績
1人目:
飯島秀雄
(金メダル)
1965 ブダペスト
ユニバーシアード男子100m
日本人メダリスト

(銅メダル)
2009 ベオグラード
3人目:
山縣亮太
(銀メダル)
2013 カザニ