河内カルメン』(かわちカルメン)は、今東光の小説。1964年から翌年にかけて『週刊アサヒ芸能』に連載され、1966年にはそれを原作とした映画が制作された。

本項では、テレビドラマについても記述する。

ストーリー編集

 河内の美しい娘露子は、母が不動院の良巌坊と不貞しているのを知り、大阪へ飛び出してキャバレー「ダダ」に勤め、知り合った勘造という中年男と同姓する。しかし鹿島洋子という金持ちの目にとまりファッションモデルになろうとする。高野誠二という男は、あのマダムは同性愛だと言い、露子は迫られて逃げ出す。幼馴染で初恋の人・彰と再会するが、彰は生駒山中で温泉を掘りだす野心にとりつかれ、斎藤長兵衛という金持ちに資金を出させ、露子とのセックスシーンを映画に撮影させる。だが長兵衛は香港へ行く途中の飛行機が落ちて死ぬ。実家へ帰った露子は、妹の仙子が今度は不動院と関係していることを知り、不動院と一緒に山へ登り、不動院は滝へ転落して死んでしまう。

映画版編集

河内カルメン
監督 鈴木清順
脚本 三木克巳
原作 今東光
出演者 野川由美子
伊藤るり子
音楽 小杉太一郎
撮影 峰重義
編集 鈴木晄
配給 日活
公開   1966年2月5日
上映時間 89分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

キャスト編集

同時上映編集

愛して愛して愛しちゃったのよ

テレビドラマ編集

河内カルメン
ジャンル テレビドラマ
原作 今東光
脚本 土井行夫
演出 荻野慶人
出演者 山田五十鈴
嵯峨美智子
製作
制作 よみうりテレビ
放送
放送国・地域  日本
放送期間1965年10月5日 - 1966年3月29日
放送時間火曜22:30 - 23:00
放送分30分
テレビドラマデータベース
テンプレートを表示

テレビドラマは1965年10月5日から1966年3月29日までよみうりテレビ制作・日本テレビ系列で放送された。放送時間は毎週火曜22:30 - 23:00(JST)。ナショナル魔法瓶工業の単独提供だが、YTV制作のエヴェレストヂャー単独提供番組は、1964年3月 - 10月放送の『(爆笑!)あらあら旅館』(火曜19:30 - 20:00)以来1年ぶり。

山田五十鈴嵯峨美智子の親子共演となった作品。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 原作:今東光
  • 脚本:土井行夫
  • 演出:荻野慶人
  • 制作:よみうりテレビ

その後のYTVエヴェレストヂャー提供枠編集

その他編集

  • 2008年刊の「読売テレビ50年社史」付属のDVDに、本作の一部が収録されている。なおこのDVDには、同じエヴェレストヂャー提供番組『ごりがん人生』『C調紳士録』も収録されている(VTRはキネコかは不明)。

原作編集

  • 『今東光名作選集 第3 (河内カルメン)』徳間書店, 1965
  • 『河内カルメン』徳間書店, 1977.6
  • 『河内カルメン』(徳間文庫) 1983.10
日本テレビ 火曜22時台後半枠
前番組 番組名 次番組
河内カルメン
【当番組までよみうりテレビ制作枠】
きょうのニュース
(22:30 - 22:35)
【NTV制作】
週刊平凡ニュース
(22:35 - 22:45)
【NTV制作、20分繰り下げ】
11PM
(22:45 - 0:00)
【下記参照】
【火・木のみYTV制作】
よみうりテレビ制作・日本テレビ系列 エヴェレストヂャー単独提供
あらあら旅館

爆笑! あらあら旅館

(火曜19:30 - 20:00)
※1年のブランク有り
河内カルメン
スターと飛び出せ歌合戦
(月曜19:30 - 20:00)
※3年半のブランク有り

※『11PM』はそれまで23:00 - 0:00枠で放送されていたが、1966年4月より開始時刻を15分繰り上げ、月 - 木は23:00 - 23:10に『きょうの出来事』、23:10 - 23:15に『スポーツニュース』(双方とも1時間繰り下げ)を内包した。しかしわずか半年で『11PM』は23:15開始に変更し、『きょうの出来事』『スポーツニュース』は放送枠不変のまま独立した。(参考:日本テレビ社史「大衆とともに25年・沿革史」465 - 469頁)

外部リンク編集