河竹賞(かわたけしょう)は、日本演劇学会が主催する演劇研究の学術賞。正式名称は日本演劇学会河竹賞(にっぽんえんげきがっかいかわたけしょう)。

概要編集

日本演劇学会初代会長河竹繁俊を記念し、故人の遺志で創設された。演劇学会員の優れた年間業績に対して贈られる。会員の学会寄贈図書及び会員推薦図書論文などを候補とし、大会で確認された選考委員会が選考する。副賞(賞金)5万円。第37回(2005年)より受賞者は日本演劇学会大会で記念講演をおこなっていたが、第51回(2019年)より大会でのあいさつに変更された。第40回(2008年)より若手研究者激励のための河竹賞奨励賞が新設された。奨励賞副賞は3万円。2018年選考をより厳正化するため選考規定が学会総会で決定された(2019年一部改正)。

受賞者編集

第1回から第10回編集

第11回から第20回編集

  • 第11回 1979年(昭和54年)石井順三(芸能学会機関紙『芸能』を多年編集し、発行した功労)
  • 第12回 1980年(昭和55年)利倉幸一『続々歌舞伎年代記 呻』(演劇出版社
  • 第13回 1981年(昭和56年)松本伸子『明治演劇論史』(演劇出版社)
  • 第14回 1982年(昭和57年)渡辺保『忠臣蔵―もう一つの歴史感覚』(白水社)、『俳優の運命』(講談社
  • 第15回 1983年(昭和58年)笹山隆『ドラマと観客―観客反応の構造と戯曲の意味』(研究社出版)、義太夫年表刊行会『義太夫年表近世篇』全5巻(八木書店
  • 第16回 1984年(昭和59年)菅井幸雄『演劇創造の系譜』(青木書店
  • 第17回 1985年(昭和60年)毛利三彌『イプセンのリアリズム』(白鳳社
  • 第18回 1986年(昭和61年)守屋毅『近世芸能興行史の研究』(弘文堂
  • 第19回 1987年(昭和62年)横道萬里雄『能楽の研究』(岩波書店)
  • 第20回 1988年(昭和63年)藤波隆之『近代歌舞伎論の黎明―小宮豊隆と小山内薫』(学芸書林)

第21回から第30回編集

  • 第21回 1989年 (昭和64年・平成元年)須山章信・土田衛『歌舞伎絵尽し年表』(桜楓社
  • 第22回 1990年(平成2年)内山美樹子『浄瑠璃史の十八世紀』(勉誠社)、吉田節子『江戸歌舞伎法令集成』(桜楓社)
  • 第23回 1991年(平成3年)該当者なし
  • 第24回 1992年(平成4年)大岡欽治『関西新劇史』(東方出版)、人形舞台史研究会『人形浄瑠璃舞台史』(八木書店
  • 第25回 1993年(平成5年)須田悦生『若狭猿楽の研究』(三弥井書店)、和田修『金子一高日記』等の紹介の業績
  • 第26回 1994年(平成6年)白方勝『近松浄瑠璃の研究』(風間書房)、高島邦子『20世紀アメリカ演劇一アメリカ神話の解剖』(国書刊行会
  • 第27回 1995年(平成7年)松崎仁『歌舞伎・浄瑠璃・ことば』(八木書店)
  • 第28回 1996年(平成8年)野村喬『戯曲と舞台』(リブロポート)、鳥居フミ子『近世芸能の発掘』(勉誠社)
  • 第29回 1997年(平成9年)該当者なし
  • 第30回 1998年(平成10年)該当者なし

第31回から第40回編集

第41回から第50回編集

第51回から第60回編集

  • 第51回 2019年(平成31年・令和元年)古井戸秀夫『評伝鶴屋南北』(白水社)、奨励賞 大西由紀『日本語オペラの誕生──鷗外・逍遙から浅草オペラまで』(森話社
  • 第52回 2020年(令和2年)本賞は該当者無し、奨励賞 田村容子『男旦(おんながた)とモダンガール 二〇世紀中国における京劇の現代化』(中国文庫)、寺田詩麻『明治・大正 東京の歌舞伎興行 その「継続」の軌跡』(春風社
  • 第53回 2021年(令和3年)本賞は該当者無し、奨励賞 埋忠美沙『江戸の黙阿弥 善人を描く』(春風社)、桜木陽子『中国古典芸能論考-元代の楊貴妃の物語を中心として-』(汲古書院
  • 第54回 2022年(令和4年)本賞は該当者無し、奨励賞 岡田蕗子『岸田理生の劇世界』(大阪大学出版会)、須川渡『戦後日本のコミュニテイ・シアター 特別でない「私たち」の演劇』(春風社)

関連項目編集

外部リンク編集