メインメニューを開く

渡邉 光男(わたなべ みつお、1948年9月27日[1] - )は元フジテレビ社員で日本テレビ番組プロデューサー演出家実業家である。

出身は東京都、所属事務所は株式会社渡邉光男計画。

人物・経歴編集

  • 1948年三人兄姉の末っ子として東京都に生まれる[2]
  • 1971年日本大学芸術学部放送学科卒業、在学中よりテレビ番組の制作に携わり卒業後にフジテレビに入社。フジテレビ第二制作局へ配属、フジテレビ系列会社であったワイドプロモーションにも所属し、夜のヒットスタジオのAD・FDを担当する。FD当時、司会の芳村や年上のゲスト歌手らからは「ナベちゃん」、同じく司会の古舘や年下のゲスト歌手らからは「ナベさん」「渡邉プロデューサー」と呼ばれた。
  • 1977年に当時アイドルだった麻丘めぐみと電撃結婚、一女をもうける。この模様は、ワイドショーのみならず、担当していた『夜のヒットスタジオ』でも1977年6月27日に放送された。1983年に協議離婚、一女は麻丘が親権をもった。
  • 異動により一時期『夜のヒットスタジオ』の現場を離れるが、1987年にプロデューサーだった上司の疋田拓が人事異動で制作現場を離れることにより、7月から再びドリフ大爆笑で演出をしていた森正行とWプロデューサーとして夜ヒットの担当となり疋田の後を継いだ。
  • 夜ヒット終了後も定期的にスペシャル番組を担当、また当時のトレンディードラマの制作にもプロジェクトプロデューサーとして携わった。
  • 1996年にフジテレビニューヨーク支局へ移動、移動後もニューヨークでの「夜ヒットinニューヨーク」というスペシャル番組を制作し司会担当だった明石家さんまから番組中に「プロデューサーの渡邉っていうのがニューヨーク勤務になったちゅうーて、「日本からみんなを呼んでここで夜ヒットやれ」ってなってみんなここへ来ることになったです」とエピソードを披露された[3]
  • 2000年に帰国、事業局に配属になったが2008年にフジテレビを退社しイベント関係や番組制作会社の「株式会社渡邉光男計画」を設立し代表CEOとなり以後も番組演出など番組プロデューサーとなる[4]

夜のヒットスタジオ編集

  • 夜ヒット担当時代は、疋田担当時代の独特のカメラ割りや大量のスモークの演出は引き継ぐものの、斬新かつ実験的な演出は減り、バリライトなどの照明や電飾セットを目一杯派手にさせ、番組のメインセットを覆い隠すセットを多用していた。この頃から、スタジオライブ(4スタライブ)や総集編を頻繁に行うようになった。
  • 番組のキャスティングでは、バーニングプロダクション所属だった小泉今日子郷ひろみを始め、松田聖子薬師丸ひろ子CHAGE&ASKAをマンスリーゲストに起用など、度々出演させた。特に田原俊彦は番組最終回のトリに抜擢させた。後にフジテレビNEXT「TOSHI's SHOW 80's」の演出担当し、番組では田原と対談した。「男²」や夜ヒットにおいて構成担当していた木崎徹が、ロック・ニューミュージック系アーティストとの人脈が深かったこともあり、意向を汲み、久保田利伸米米CLUBなどのアーティストを起用させた[5]。その一方で、演歌歌手のキャスティングを狭めたためか、1990年12月の「夜のヒットスタジオ大感謝祭スペシャル」において、沢田研二は「一時ヒットスタジオはほとんど演歌だったのが、(演歌歌手が)1人しか出なくなったのが間違いだった」と発言したことに対して、五木ひろしは、「演歌を縮小させたのが番組がなくなる原因だった」「番組を作るプロデューサーが一番理解していなかった」と暗に渡邊を批判した。生前の美空ひばりも、沢田と同様の意見を述べていた[6]
  • 当時テレビ出演は殆どしなかった松山千春矢沢永吉を番組に出演させた。また、世界各地(ロンドン・ザルツブルク・パリ・香港)からの衛星完全生中継、さらに1000回記念番組の総合演出も担当した[7]
  • 司会者のキャスティングでは、実力よりも話題性を取り入れ、男2人のニューヨークスタイルの司会を意識して柴俊夫、当時歯に衣着せぬ毒舌ぶりや奔放なキャラクターで注目を浴びていた加賀まりこを司会者として起用させた。
  • 服部克久との交友も深かったためか、担当期間には特別指揮やアレンジも度々担当した。1990年3月21日の放送で、工藤静香くちびるから媚薬」や小泉今日子見逃してくれよ!」披露時には、国際花と緑の博覧会の音楽担当で滞在していた大阪の関西テレビのスタジオを結んでピアノ伴奏を行った。SUPERでは、克久の息子である服部隆之を指揮に抜擢した。

主な担当番組編集

夜のヒットスタジオ海外完全衛星生中継

  • 夜のヒットスタジオ IN LONDON(1988年2月3日)
  • 夜のヒットスタジオ in ザルクブルク(1988年11月30日)
  • 夜のヒットスタジオ in PARIS(1989年3月29日)
  • 夜のヒットスタジオ in 香港(1990年4月25日)
  • 夜のヒットスタジオ in ニューヨーク(1996年12月25日)※レギュラー放送終了後の特番

夜のヒットスタジオスペシャル版 ※レギュラー放送終了後の特番としての放送

  • 夜のヒットスタジオ大感謝祭スペシャル - 年末総決算スペシャル -(1990年12月26日)
  • 夜のヒットスタジオ大感謝祭スペシャル - 青春時代篇 -(1991年4月3日)
  • 島原救済緊急特別番組・夜のヒットスタジオスペシャル(1991年7月3日)
  • 夜のヒットスタジオ RETURNS SPECIAL(1993年3月31日)
  • '94夜のヒットスタジオ「超豪華!秋スペシャル」(1994年10月12日)
  • '94夜のヒットスタジオ「超X'masデラックス」(1994年12月24日)
  • '95夜のヒットスタジオ「グレートアーティスト・超豪華!春のスペシャル」(1995年4月5日)
  • '96夜のヒットスタジオ「桜満開!超デラックス」(1996年4月3日)
  • '96夜のヒットスタジオ超X'masDELUXE in N・Y(ニューヨーク)(1996年12月25日)

特別番組編集

  • FNS888スペシャル!夏休み!まつりだ!ワッショイ!(1996年8月8日)

ドラマ編集

  • しゃぼん玉(1991年) - プロジェクトプロデューサー
  • 振り返れば奴がいる(1993年) - プロジェクトプロデューサー
  • 悪女Ⅱ サンテミリオン殺人事件(主演:中森明菜)(1993年1月4日放送) - 原案 / プロデューサー

関連項目編集

脚注・出典編集

  1. ^ '93芸能界紳士録・芸能手帳(発行:連合通信社・音楽専科社)放送局頁フジテレビ 85頁。
  2. ^ 株式会社渡邉光男のホームページ
  3. ^ 夕刊フジ(発行:産経新聞社)1997年1月12日号「完全復活なるか夜ヒット!」8頁。
  4. ^ 株式会社渡邉光男計画のホームページ
  5. ^ Musicman-NET「Musicman's RELAY 第60回 木崎徹 4.『夜のヒットスタジオ』の復活劇」(2019年9月14日閲覧)。
  6. ^ 1986年8月24日「テレビくん、どうも!」発言より。
  7. ^ アサヒ芸能(発行:徳間書店)1988年11月9日号「特集!人気番組を支えるひと・夜のヒットスタジオを躍進させるプロデューサー」56頁。