滝川英治

日本の俳優

滝川 英治(たきがわ えいじ、1979年3月24日 - )は、日本の俳優である。大阪府枚方市出身。身長186cm、体重79kg。血液型A型。B98cm・W82cm・H96cm・S28.5cm。[1]甲南大学法学部卒業。

たきがわ えいじ
滝川 英治
本名 滝川 英治
生年月日 (1979-03-24) 1979年3月24日(41歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府枚方市
身長 186 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
著名な家族 目黒陽子(姉)
主な作品
リポビタンD』CM
ミュージカル・テニスの王子様』(手塚国光)
舞台 弱虫ペダル』(福富寿一)
テンプレートを表示

所属事務所はプランニングメイ松竹エンタテインメント(2008年4月〜2011年6月30日)、ワイズクリエーション(2011年7月11日〜2012年)と数度変遷。2017年9月現在はえりオフィスに所属。

人物・略歴編集

  • 趣味は音楽・映画鑑賞・将棋・料理・バスケットボール・スポーツなど。
  • 特技はスキー・ビリヤード。語学力は英検2級。全米エクササイズ&スポーツトレーナー 協会(NESTA)公認 パーソナルトレーナーの資格を持つ。
  • 目黒陽子は実姉[2]。また、滝川クリステルは従姉にあたる。
  • 2002年から2007年3月の5年間に渡り、ファイト・一発!でお馴染みの大正製薬リポビタンD』の広告にケイン・コスギのパートナーとして起用されていた。
  • 雑誌のインタビューによると、一度仮面ライダーシリーズの仮面ライダーのオーディションを受けたが最終審査で落選。しかし翌年、プロデューサーから連絡があり、その審査での印象が残っており、レギュラー出演が決まった。

転倒事故編集

  • 2017年9月15日、ドラマ『弱虫ペダル Season2』(BSスカパー!)の撮影中、自転車に乗っていて転倒、全身を強く打ち負傷した[3]。同月18日、脊髄損傷と診断されたことが発表された[4]。ドラマは予定通り放送されたが、10月に出演が予定されていた舞台「Live Musical『SHOW BY ROCK!!』-深淵のCrossAmbivalence-」は降板した[4]
  • 2017年12月8日、事故後初めて本人の言葉によるブログ更新を行う[5]。当初は自らの状態について詳しく語ることをしていなかったが、2018年2月25日更新のブログにおいて、脊髄損傷と闘うため、ケガ、後遺症、リハビリについて公表していくことを明らかにした[6][7]。事故直後は首から下が全く動かない状態で、その後も血圧低下、めまい、頭痛、高熱などの後遺症に苦しめられ、精神的にも「999年分泣いた」というほどの状態に追い込まれたものの、1か月ほど後から左親指が微かに動きだし、左腕は徐々に動かせる範囲が大きくなり、右腕も2017年末ごろから感覚が戻り始め、2018年3月3日のブログ更新の時点では5本の指の感覚まで回復した。しかし指はまだ動かせず、この時のブログも口を使って書いていることを明らかにしている[8][9]。5月3日、約1か月ぶりに更新したブログにおいてタイトルとタイトル画を一新。同年の元日にマジックペンを口にくわえて書いた「感謝」の文字をタイトルに使用した[10][11]
  • 2018年10月18日、本人のブログにて退院したことを発表[12]。10月20日放送のドキュメンタリー番組『それでも、前へ』(BSスカパー!)に自ら取材を依頼して出演。心境、苦悩や葛藤などを語った[13]
  • 2019年1月25日スタートの『PARA SPORTS NEWS アスリートプライド』(BSスカパー!)でMCを務め、仕事復帰[14]
  • 2019年8月に検査入院[15]。10月16日、退院を報告した[16]
  • 2019年12月20日、エッセイ集『歩』(主婦と生活社)を刊行[17]。2020年1月11日、同著の発売記念お渡し会を開催[18]。この日、俳優引退を決意[19][20]

スポーツマンNo.1決定戦編集

  • 最強の男は誰だ!壮絶筋肉バトル!!スポーツマンNo.1決定戦の第14回大会に初参戦。QUICK MUSCLEで初挑戦で104回の記録を残し、POWER FORCEでは2回戦進出を決めるも、総合10位で脱落を喫する。
  • 第16回大会ではMONSTER BOXで自己記録を2段更新する15段を記録するもQUICK MUSCLEで自己記録を下回り、総合9位で脱落を喫する。
芸能人サバイバルバトル
大会 放送日 総合順位
第14回大会 2005年4月8日 10位
第16回大会 2006年3月29日 9位

最強スポーツ男子頂上決戦編集

  • 究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦の第2回大会に参戦。ハードアンカーとザ・フェンスで5位、モンスターボックスではスポマンの記録を上回る16段を記録するも、パワーウォール1回戦でKENZOと当たってしまい、初戦敗退に終わってしまい総合9位で脱落を喫してしまった。
  • 第3回大会ではパワーウォール 3位、MONSTER BOX 16段、ザ・フェンス 5位、ハードアンカー 3位と安定した活躍を見せ、ハードアンカー終了時暫定総合3位につけていたが、最終種目進出人数が2人に変更された為、ショットガンタッチの挑戦は幻に終わった。
最強スポーツ男子頂上決戦
大会 放送日 総合順位
第2回大会 2013年4月11日 9位
第3回大会 2013年12月29日 3位

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

ラジオ編集

CM編集

  • TOKAIネットワーククラブ 「お客様安心係、東海太郎」(2004年3月 - 2005年5月)
  • 大正製薬リポビタンD」(2002年4月 - 2007年3月)
  • 丸井 「ビサルノ」
  • 洋服の青山
  • スポーツクラブ 「シーマック」(関西エリア)

舞台編集

DVD編集

  • TREASURE OF AGE(2004年2月25日、マーベラスエンターテイメント)
  • 妄想少女オタク系(2008年4月16日) - 塚本英美 役

インターネットドラマ編集

  • ネット版 仮面ライダー裏キバ 魔界城の女王(2008年) - ドッガ(声) / 力 役

バラエティー番組編集

〜他多数

著書編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ えりオフィス 公式プロフィール
  2. ^ “姉貴”. 滝川英治オフィシャルブログ. (2013年12月18日). http://ameblo.jp/takigawa-eiji/entry-11731748269.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter 
  3. ^ “滝川英治が撮影中に転倒し重傷「弱虫ペダル2」撮影中”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年9月15日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/15/kiji/20170915s00041000458000c.html 2017年9月16日閲覧。 
  4. ^ a b “自転車転倒の滝川英治 脊髄損傷の診断 治療に専念…10月舞台は降板”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年9月18日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/18/kiji/20170918s00041000376000c.html 2017年9月18日閲覧。 
  5. ^ 皆様ご無沙汰しております。”. 滝川英治オフィシャルブログ「味」by Ameba. サイバーエージェント (2017年12月8日). 2018年3月3日閲覧。
  6. ^ 今の気持ち”. 滝川英治オフィシャルブログ「味」by Ameba. サイバーエージェント (2018年2月25日). 2018年3月3日閲覧。
  7. ^ “滝川英治「脊髄損傷した人間の現実」知ってほしい ドラマ撮影中に転倒「明るい未来を…必ず掴みます!」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年2月26日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/26/kiji/20180226s00041000187000c.html 2018年3月3日閲覧。 
  8. ^ ゼロからスタート!”. 滝川英治オフィシャルブログ「味」by Ameba. サイバーエージェント (2018年3月3日). 2018年3月3日閲覧。
  9. ^ “脊髄損傷と闘う滝川英治 口を使ってブログ執筆「999年分泣いた」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年3月3日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/03/03/kiji/20180303s00041000163000c.html 2018年3月3日閲覧。 
  10. ^ “脊髄損傷と闘う滝クリいとこ俳優 口で書いた「感謝」の文字をブログタイトルに”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年5月3日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/05/03/0011222816.shtml 2018年5月3日閲覧。 
  11. ^ 黄跡~ヒノヒカリ”. 滝川英治オフィシャルブログ「感謝」Powered by Ameba. サイバーエージェント (2018年5月3日). 2018年5月3日閲覧。
  12. ^ 新たなステージへ”. 滝川英治オフィシャルブログ「感謝」Powered by Ameba. サイバーエージェント (2018年10月18日). 2018年10月19日閲覧。
  13. ^ a b “脊髄損傷の滝川英治 涙のテレビ初告白 事故は撮了前日だった 自ら取材依頼「今のオレを撮って」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年10月20日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/20/kiji/20181020s00041000433000c.html 2018年10月20日閲覧。 
  14. ^ “滝川英治が新番組アスリートプライドMCで復帰「この番組は、僕の夢への第一歩」”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年1月22日). https://natalie.mu/stage/news/316958 2019年10月17日閲覧。 
  15. ^ “滝川英治、ブログで入院を報告「前向きな入院ですので」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年8月31日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190831/geo19083105000003-n1.html 2019年10月17日閲覧。 
  16. ^ “滝川英治が退院報告「肉体的にも精神的にも万全」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年10月17日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201910170000097.html 2019年10月17日閲覧。 
  17. ^ “滝クリいとこの滝川英治 「口で執筆」したエッセーを発売…17年に脊椎損傷”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2019年11月19日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/11/19/0012891303.shtml 2019年11月19日閲覧。 
  18. ^ “滝川英治「ありのまま書いた」初エッセイ発売 いとこ滝クリにも「是非読んで」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年1月11日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/01/11/kiji/20200111s00041000241000c.html 2020年1月11日閲覧。 
  19. ^ “滝川英治「俳優引退」を決意、脊髄損傷から2年半かけて見つけた“新しい道””. 週刊女性PRIME (主婦と生活社). (2020年3月8日). https://www.jprime.jp/articles/-/17317 2020年3月8日閲覧。 
  20. ^ 笑わない男”. 滝川英治オフィシャルブログ「感謝」 (2020年3月3日). 2020年3月8日閲覧。
  21. ^ “ドラマ「弱虫ペダル」に小越勇輝、鈴木拡樹、馬場良馬ら舞台版キャスト多数”. ステージナタリー. (2016年6月9日). http://natalie.mu/stage/news/190195 2016年6月9日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集