滝田栄

日本の俳優・司会者

滝田 栄(たきた さかえ、1950年12月5日 - )は、日本俳優司会者千葉県印西市出身[1]。21世紀に入ってからは仏像彫刻家としての活動が多い[2]

たきた さかえ
滝田 栄
本名 同じ
生年月日 (1950-12-05) 1950年12月5日(73歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県印西市
身長 185cm
職業 俳優司会者
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1975年 -
活動内容 1973年劇団四季入団
1975年:『ジーザス・クライスト・スーパースター
1979年:『草燃える
1982年:『料理バンザイ!
1983年:『徳川家康
1987年:『レ・ミゼラブル
1991年:『必殺仕事人・激突!
公式サイト 滝田栄公式ウェブサイト
主な作品
テレビドラマ
草燃える
なっちゃんの写真館
徳川家康
必殺シリーズ
八代将軍吉宗

バラエティー番組など
料理バンザイ!
テンプレートを表示

来歴・人物 編集

実家は代々、関東一帯の米を利根川から船で江戸城に納める「米庄」であった[1]。第24代横綱は祖父の弟にあたる[1]成田高等学校を経て、中央大学文学部仏文科(夜間部)中退[1]

役者になったきっかけは大学1年のとき。70年安保で、ほとんど授業はなく、暇で銀座をブラブラしていてテアトル銀座で、たまたま『アラビアのロレンス』を観て感動したこと。友人にそれを話したら「君は俳優になるべき。君は文学座だ」「作文の試験には杉村春子さんの芝居に感動して役者を目指しました、と書いたら合格するから」と言われ、「俺、観たことねぇよ」と言ったら、「とにかく書け」と言われ、その通りにしたら文学座に合格したという[1]

文学座の養成所を経て入団した劇団四季では、『王様の耳はロバの耳』の王様役、『ジーザス・クライスト・スーパースター』のイスカリオテのユダ役などで有名になる。

1979年大河ドラマ草燃える』で、架空の人物ではあるものの、作品で重要な役柄である伊東祐之役に抜擢される[3]。当時の滝田は劇団四季で出演していた児童向けミュージカルに飽き足らず、「大人の芝居」ができることを喜んだと後年述べている[4]。伊東祐之は最終回で琵琶法師となって平曲を弾き語る場面があり、滝田は琵琶を習って吹き替えなしでこの場面を演じた[4]

1980年には連続テレビ小説なっちゃんの写真館』で、主人公の夫役を演じる[5]

1981年劇団四季を退団、デビュー当時は加藤剛に瓜二つといわれ、業界の関係者からもよく顔を確認しないと分からない程だった。

1983年、大河ドラマ『徳川家康』で主役の徳川家康を演じる[6]。これにより、全国的な知名度を上げた。また、舞台の『レ・ミゼラブル』では14年にわたって主役を務めた[7]

山歩き(成田高校山岳部出身)・武道・料理と多芸多趣味なことでも知られる。大の料理好きが高じて『料理バンザイ!』の司会を放送開始から最終回まで20年に渡って務めた。また抜刀術(戸山流)の有段者であり、時代劇の場面では試し斬りを披露することもある。

1992年に母と死別したことを契機に、2年後の1994年に供養のため、プロの仏師に学んで初めて観音菩薩像を彫った[2]。以後、父や兄の死に際しても仏像を彫り、アフガニスタン戦争の時には3年かけて等身大の不動明王を彫っている[2]東日本大震災後には像高130cmの地蔵菩薩像を彫り、宮城県気仙沼市に安置されている[7]

『レ・ミゼラブル』の公演終了直後、「お釈迦様を人生かけて学んでみようと思った」という理由で約2年インドに滞在していた[7]

『料理バンザイ!』は一社提供スポンサーだった雪印乳業(現:雪印メグミルク)による2000年集団食中毒事件及び2002年に発覚した子会社・雪印食品によるBSE関連補助金詐欺事件の影響により終了[8]。滝田は、集団食中毒事件の折、「私も寝てないんだ[9]」と記者を前に口にした当時の雪印乳業社長・石川哲郎にその真意をただしたという[8]。雪印側関係者が実際に原因究明のために不眠の努力を重ねており、その後、北海道の工場で氷柱の落下のために7時間機械が停止したことが原因とわかったとき、滝田は「氷柱一つ」で企業が解体を余儀なくされたことに強い印象を受けた[8]

前記のように学生時代から山歩きが趣味で、八ヶ岳に親近感を抱くようになり、結婚式も諏訪大社で挙げた[8]。1980年代から八ヶ岳山麓(長野県諏訪郡原村)に居を構え、就学までの子育てもそこでおこなった[8]。2020年12月に地元で施設メガファーム計画の再考を求める市民団体の共同代表に就任した[8]。2020年代には原村で土地を借り、農耕も手がけていると述べている[8]

親族 編集

兄・詔生(つぐお)は成田高校陸上部の元監督で、マラソン増田明美ハンマー投室伏広治らを育てた名監督であった[1]。この縁もあって、増田は滝田の大ファンである。その兄をガンで亡くしてからは肉類は一切食べないという。ただし、植物性のものしか食べないわけではなく、「生中継 ふるさと一番!」に出演した際はシシャモハモ等を食べていた。

出演作品 編集

テレビドラマ 編集

映画 編集

舞台 編集

バラエティ 編集

紀行番組 編集

CM 編集

著作 編集

脚注 編集

出典 編集

  1. ^ a b c d e f 週刊文春』2000年8月5日号 p.88 - 90「新・家の履歴書」
  2. ^ a b c "俳優・滝田栄(4)母の死を機に仏像を彫る". 産経新聞. 2017年1月12日. 2022年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年2月1日閲覧
  3. ^ 春日太一『大河ドラマの黄金時代』NHK出版〈NHK出版新書〉、2021年2月10日、pp.236 - 237
  4. ^ a b 春日太一 (2014年9月15日). “滝田栄の大河ドラマの琵琶法師役 最終回は自分で琵琶弾いた (1/2ページ)”. NEWSポストセブン. 2022年8月24日閲覧。
  5. ^ 春日太一 (2014年9月15日). “滝田栄の大河ドラマの琵琶法師役 最終回は自分で琵琶弾いた (2/2ページ)”. NEWSポストセブン. 2022年8月24日閲覧。
  6. ^ 津川雅彦 阿部サダヲ 風間俊介……ボスも好青年も 歴代大河の家康
  7. ^ a b c “願いを込めた仏像130体展覧 俳優 滝田栄さん特別講演も”. シティライフ外房版. (2013年10月11日). https://www.cl-shop.com/citylife/sotobo/2013/10/11/3227/ 2022年8月24日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f g "SDG7s最初の一歩 #6 八ケ岳で出会った〝怒れるサムライ〟 経済重視いつまでやるの?". withnews. 2021年1月8日. 2021年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月7日閲覧
  9. ^ 雪印乳業食中毒事件|NHK放送史(動画・静止画) - 日本放送協会(NHKアーカイブス)
  10. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『徳川家康』- NHKアーカイブス

外部リンク 編集