メインメニューを開く

熊本港(くまもとこう 英語・Kumamoto Port)は、熊本県熊本市西区新港[注釈 1]にある港湾施設である。熊本都市圏の海の玄関口として機能しており、くまもと海の駅[2]でもある。熊本県の中央部を貫いて、有明海に流れこむ白川緑川に挟まれた熊飽海岸の地先に、人工島形式[3]により熊本都市圏と直結した物流港湾として整備されている。港湾施設は全て人工島上にある。今まで有明海の浅瀬のために大型船は入港出来なかったが、2013年(平成25年)には、国により岸壁と合わせた係留施設総延長が240mとなり、クルーズ客船等の大型船の着岸が可能になった。

熊本港
【熊本災害関連】001135546 国交省サイトより.jpg
熊本港での荷役風景
所在地
日本の旗 日本
所在地 熊本県熊本市西区新港
座標 北緯32度45分48.5秒 東経130度35分24.7秒 / 北緯32.763472度 東経130.590194度 / 32.763472; 130.590194座標: 北緯32度45分48.5秒 東経130度35分24.7秒 / 北緯32.763472度 東経130.590194度 / 32.763472; 130.590194
詳細
開港 1993年
管理者 熊本県
種類 重要港湾
統計
貨物取扱量 3,725,805トン[1]
旅客数 938,222人[1]
公式サイト 公式ウェブサイト
熊本県地図
沖新漁港近くから熊本港を見る
島原港に就航中のオーシャンアロー
フェリーターミナル
広大な埋め立て地
2004年9月

目次

歴史編集

  • 1880年明治13年) - 超軟弱地盤(層厚40m)や大潮位差(4.5m)など、港を建設するうえでは全国的にも希な厳しい自然条件から、港の建設が断念され、約40km離れた熊本県宇土郡三角町(現在の熊本県宇城市三角町)に、1887年(明治20年)三角港を開港させた。
  • 1971年昭和46年) - 熊本新港建設調査チーム発足
  • 1974年(昭和49年) - 新規港湾計画、重要港湾の指定
  • 1975年(昭和50年) - 都市計画道路(熊本港線)計画決定
  • 1979年(昭和54年) - 熊本港大橋工事に着手
  • 1982年(昭和57年) - -3m物揚場工事着工
  • 1986年(昭和61年) - 第1期埋立着手
  • 1987年(昭和62年) - 熊本港大橋、-3m物揚場完成、港湾計画 改訂(縮小)
  • 1992年平成4年) - 第2期埋立免許、熊本港大橋・-3m物揚場供用開始
  • 1993年(平成5年) - 熊本港開港。フェリー関連施設供用開始、熊本 - 島原間フェリー就航
  • 1995年(平成7年) - 熊本FAZ[4]計画承認、700トン級岸壁(水深-4.5m)第1 ,2バース供用開始
  • 1996年(平成8年) - 熊本 - 茂木 - 長崎間の高速船就航
  • 1997年(平成9年) - 熊本 - 本渡間の高速旅客船就航
  • 1998年(平成10年) - 熊本 - 島原間の高速フェリー就航、2,000トン級岸壁(水深-5.5m)第1,2バース供用開始
  • 1999年(平成11年) - コンテナ国際定期航路開設(釜山港間)、熊本港物流センター供用開始、2,000トン級岸壁(水深-5.5m)第3バース供用開始、5,000トン級岸壁(水深-7.5m)第1バース供用開始
  • 2000年(平成12年) - 港湾計画改訂(平成20年代前半目標)
  • 2001年(平成13年) - 関税法上の開港指定
  • 2002年(平成14年) - 港湾計画の軽易な変更
  • 2003年(平成15年) - 港湾計画の軽易な変更、熊本港緑地供用開始、臨海用地第1期分譲開始、漁船船溜まり供用開始
  • 2004年(平成16年) - 指定保税地域の指定
  • 2006年(平成18年) - 臨海用地リース制度導入
  • 2009年(平成21年)3月31日 - 熊本フェリーの本渡港への路線が、利用者減少や燃料費の大幅上昇で運航を続けることが困難になり、運航休止。
  • 2012年(平成24年) - 静岡県清水港で使われていた中古のガントリークレーンを購入。現地での塗装を終え、陸揚げされた。熊本港の外国貿易コンテナの取り扱いは、2010年までの5年間で、3471~5112TEU(20フィートコンテナ換算)で推移[5]
  • 2012年(平成24年) - 熊本港と韓国釜山港を結ぶ国際定期コンテナ船が、12月14日より、週1便から週2便に増便された[6]
  • 2013年(平成25年) - 国が岸壁からつながる長さ110mの係留施設を整備しており、2013年8月末の完成後は、岸壁と合わせた総延長が240mとなり、大型クルーズ客船の着岸が可能になる[7]
  • 2013年(平成25年)9月27日 - 3万トン級の大型クルーズ客船が入港できるようになり、「にっぽん丸」(約2万2千トン、乗客定員最大524人)が、熊本港から境港に停泊し、出雲大社島根ワイナリーなどを訪ねるクルーズツアーを開催[8][9]
  • 2013年(平成25年)10月18日 - 日本クルーズ客船の「ぱしふぃっくびいなす」(約2万6千トン、乗客定員最大696人)が、『秋の日本一周探訪クルーズ』として熊本港に初寄港し、日本一周クルーズを開催[10][11]
  • 2013年(平成25年)10月26日 - 「第33回全国豊かな海づくり大会~くまもと~」が開幕。大会式典などに臨席するため、天皇皇后両陛下が14年ぶりに熊本県を訪問。熊本港で稚魚を地元の漁業後継者に手渡された[12][13]
  • 2014年(平成26年)5月26日 - 2013年の熊本港コンテナ取扱量(20フィート換算、空コンテナ含む)は、前年比39.5%増の7,022個で、過去最高となる。ガントリークレーンの整備や、釜山港との定期貨物航路が週2便に増便されたことなどが奏功し、大半を占める国際コンテナ量も31.7%増の6,626個と、過去最高となった。内訳は、輸出(再利用資材、ゴム製品、金属くずなど)が、13.2%増の2,136個(中国・45.7%、大韓民国・25.0%、アメリカ・14.2%)、輸入(木製品、肥飼料染料塗料合成樹脂・化学工業品)が、73.6%増の2,771個(中国・42.3%、大韓民国・27.4%、インドネシア・8.9%)。取扱量は年々増加傾向にあり、熊本県LIXIL有明工場やブリヂストン熊本工場、マルキン商事など、熊本港の大口利用企業10社への感謝状贈呈もあった[14]

港湾の概要編集

主な港湾施設編集

航路編集

熊本港利用状況編集

  • フェリー・旅客船利用者数:950,106人(2012年・平成24年)[17]
  • 自動車航送:274,582台(2012年・平成24年)[18]
  • 海上出入貨物総計 : 3,860,220t(2012年・平成24年)[19]
  • 入港船舶 : 6,151隻(2012年・平成24年)[20]
  • 総トン数 : 6,728,128t(2012年・平成24年)[21]

イベント編集

  • 干潟フェスタ:毎年5〜6月の大潮に近い日に行われる。熊本大学を中心に、干潟フェスタ実行委員会、熊本大学拠点研究、国土交通省九州地方整備局、熊本県熊本市NPOなどで共催し、毎年開催している[22][23]
  • 熊本港フェスティバル:毎年、海の日(7月の第三月曜日)前後に行われる[24]
  • 熊本港みなとまつり - 熊本港親水緑地広場[25]

熊本港へのアクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 人工島の熊本港全体が新港○丁目となっており、熊本旅客ターミナルビルは新港1丁目1番[1]、くまもと海の駅は新港1丁目2番[2]、分譲・リース用地は新港1丁目4番[3]、新港2丁目[4]など。

出典編集

  1. ^ a b 平成27年熊本港統計データ (PDF)”. 熊本県. 2018年7月27日閲覧。
  2. ^ くまもと海の駅
  3. ^ ボーリング調査結果 (PDF)
  4. ^ くまもとファズ
  5. ^ 熊本が選ばれる理由 優れた交通利便性 / 熊本市企業立地ガイド - 2012年10月29日閲覧
  6. ^ 国際定期コンテナ船、週2便に増便へ 熊本港 - くまにちコム/熊本日日新聞・2012年11月30日閲覧
  7. ^ 熊本港から初クルーズツアー 9月に出雲大社へ - くまにちコム/熊本日日新聞・2013年1月25日閲覧
  8. ^ 豪華客船にっぽん丸クルーズで航く神々のふるさと 出雲クルーズ 3日間
  9. ^ 経済効果に期待「にっぽん丸」初出港の熊本港 - くまにちコム/熊本日日新聞・2013年9月28日閲覧
  10. ^ 幸山政史市長ページ - 幸山政史Facebookページ・2012年9月12日閲覧
  11. ^ 豪華!「ぱしふぃっくびいなす」熊本港に寄港 - くまにちコム/熊本日日新聞・2013年10月18日閲覧
  12. ^ 天皇、皇后両陛下 14年ぶりのご来熊 - くまにちコム/熊本日日新聞・2013年10月26日閲覧
  13. ^ 両陛下、水俣を初訪問 水俣病患者らと懇談 - くまにちコム/熊本日日新聞・2013年10月27日閲覧
  14. ^ 熊本港コンテナ取扱が過去最高 13年、4割増 - くまにちコム/熊本日日新聞・2014年5月26日閲覧
  15. ^ 国際コンテナ定期航路
  16. ^ コンテナ定期航路のご案内 - 熊本県庁
  17. ^ 平成24年熊本県管理港湾統計データ (PDF)
  18. ^ 平成24年熊本港統計データ (PDF) - 熊本県庁港湾課
  19. ^ 平成24年熊本港統計データ (PDF) - 熊本県庁港湾課
  20. ^ 平成24年熊本港統計データ (PDF) - 熊本県庁港湾課
  21. ^ 平成24年熊本港統計データ (PDF) - 熊本県庁港湾課
  22. ^ 第14回干潟フェスタ「干潟で遊ぼう、ワクワク探検隊!!」 - 熊本大学
  23. ^ 第13回干潟フェスタが開催されました - 熊本市西区総務企画課
  24. ^ 熊本港フェスティバルの中止について - 熊本市西区総務企画課
  25. ^ 中島校区夏祭り納涼花火大会実行委員会 (PDF)
  26. ^ 熊本港シャトルバス - 九州産交バス
  27. ^ 熊本港シャトルバス - 九州産交バス

外部リンク編集