メインメニューを開く

瑞穂賞(みずほしょう)は、ホッカイドウ競馬が施行している地方競馬重賞競走である。東京スポーツ新聞社中部支社より優勝杯の提供を受けており、名称は2010年度より「中京スポーツ杯 瑞穂賞」と表記している[注 1]

瑞穂賞
開催国 日本の旗 日本
主催者 北海道
競馬場 門別競馬場
創設 1968年9月2日
2016年の情報
距離 ダート1800m
格付け H2
賞金 1着賞金300万円
出走条件 サラブレッド系3歳以上(地方全国交流)
負担重量 別定
出典 [1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

1968年に創設されたサラブレッド系旧4歳(現3歳)以上の馬による重賞競走。アラブ系(アングロアラブ)競走馬も出走が可能なほか地方交流競走にも指定されており、他地区所属馬も出走が可能。

従来は開催日程に左右され、開催地や距離が数年でたびたび変わる状態が続いていたほか施行時期も長らく5月開催で定着していたが、開催競馬場が集約されたことにより固定化が進んでいる。また日程も2001年より赤レンガ記念(H2)と入れ替わって秋季開催に移行した。

2001年からスタリオンシリーズ競走として施行されている。

2001年から2006年までは、ホッカイドウ競馬で唯一のハンデキャップ競走として施行された。

第30回から第33回まで、オースミダイナーが4連覇。実に10歳-13歳での4連覇であった。

競走条件・賞金等(2016年)編集

条件
サラブレッド系3歳以上、地方全国交流
負担重量[1]
別定。ホッカイドウ競馬所属馬の負担重量は、番組賞金2000万円超58kg、2000万円以下57kg、800万円以下56kg、400万円以下55kg、300万円以下54kg(3歳2kg減、牝馬2kg、南半球産3歳2kg減)。他地区所属馬は別に定められている。
賞金等
賞金額は1着300万円、2着60万円、3着45万円、4着30万円、5着15万円[2]
ケープブランコの翌年度の配合権利が、優勝馬馬主への副賞となっている。

歴代優勝馬編集

優勝馬の馬齢は2000年まで旧表記、2001年以降は現表記。

Rはコースレコード。

回数 施行日 開催地 距離 頭数 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 1968年9月2日 岩見沢 1400m 9頭 ホマレバーク 牡7 北海道 1:48.2 菊地義男 堂山大企知
第2回 1969年9月23日 岩見沢 1900m 5頭 ハツヒノデ 牡6 北海道 2:11.7 小島正二 浜口忠雄
第3回 1970年8月30日 岩見沢 1500m 6頭 ハツヒノデ 牡7 北海道 1:37.1 小島正二 石本義孝
第4回 1971年5月23日 岩見沢 1500m 10頭 オーナーズジョイ 牡6 北海道 1:36.2 三上茂 佐藤二郎
第5回 1972年5月21日 岩見沢 1500m 6頭 マツノアロー 牡7 北海道 1:34.9 佐々木一夫 佐藤二郎
第6回 1973年5月20日 岩見沢 1500m 8頭 ケーシー 牡7 北海道 1:35:2 三上茂 桑原義光
第7回 1974年5月19日 岩見沢 1500m 10頭 ブリツトフアイア 牡6 北海道 1:35:4 伊藤隆志 鈴木権四郎
第8回 1975年5月18日 帯広 1800m 7頭 マルサンフアイヤ 牡6 北海道 1:54:3 三上茂 戸野塚郁郎
第9回 1976年8月29日 岩見沢 1900m 7頭 オカザキジヨウ 牡8 北海道 2:02:7 田部和則 織田伊佐男
第10回 1977年5月15日 岩見沢 1900m 9頭 ホクメイ 騸5 北海道 2:02:3 伊藤靖則 佐藤二郎
第11回 1978年5月21日 岩見沢 1900m 9頭 メジロマツバラ 牡6 北海道 2:04:4 田部和則 大友茂
第12回 1979年5月20日 岩見沢 1900m 8頭 メジロサガミ 牡7 北海道 2:04:4 松田路博 後條雄作
第13回 1980年5月18日 帯広 1800m 10頭 テイゴールド 牡8 北海道 1:55:1 伊藤隆志 戸島牛太郎
第14回 1981年5月17日 岩見沢 1600m 9頭 コトノアサブキ 牡7 北海道 1:40:6 山下信雄 黒川武
第15回 1982年5月16日 岩見沢 1600m 9頭 コトノアサブキ 牡8 北海道 1:42:6 佐々木一夫 黒川武
第16回 1983年5月22日 岩見沢 1600m 7頭 シバフイルドー 牝9 北海道 1:40:8 角川秀樹 中村光春
第17回 1984年5月6日 帯広 1800m 11頭 シバフイルドー 牝10 北海道 1:56:9 角川秀樹 若松平
第18回 1985年5月5日 岩見沢 1600m 11頭 マツドマツクス 牡7 北海道 1:46:2 原孝明 佐藤二郎
第19回 1986年5月5日 岩見沢 1600m 7頭 マツドマツクス 牡8 北海道 1:43:9 佐々木一夫 佐藤二郎
第20回 1987年5月5日 函館 1600m 12頭 カネヤマキング 牡7 北海道 1:43:4 佐々木一夫 黒川武
第21回 1988年5月5日 帯広 1600m 12頭 グリーンタイセイ 牡6 北海道 1:43:6 高岡秀行 石本孝博
第22回 1989年5月4日 帯広 1800m 10頭 ホロトウルフ 牡6 北海道 1:59:2 佐々木一夫 黒川武
第23回 1990年5月10日 帯広 1800m 7頭 ベストンダンデイ 牡5 北海道 1:57:2 松本隆宏 鈴木英二
第24回 1991年5月9日 帯広 1800m 7頭 ミリオンダラー 牡5 北海道 1:47:7 米川昇 久保旭
第25回 1992年4月29日 帯広 1800m 11頭 ブラックホラー 牡7 北海道 1:59:1 廣森久雄 桑原義光
第26回 1993年5月5日 帯広 1800m 12頭 エクセルワイザー 牡7 北海道 1:53:9 小野望 後條雄作
第27回 1994年5月5日 岩見沢 1600m 12頭 ヤマトオウジ 牡9 北海道 1:41:9 千葉津代士 林正夫
第28回 1995年5月4日 岩見沢 1500m 12頭 ササノコバン 牡7 北海道 1:35:0 國信満 堂山芳則
第29回 1996年5月6日 岩見沢 1500m 11頭 ササノコバン 牡8 北海道 1:34:7 國信満 堂山芳則
第30回 1997年4月29日 札幌 1700m 12頭 オースミダイナー 牡10 北海道 1:47:3 藤倉寛幸 若松平
第31回 1998年5月5日 札幌 1700m 11頭 オースミダイナー 牡11 北海道 1:46:8 藤倉寛幸 若松平
第32回 1999年5月3日 門別 1700m 12頭 オースミダイナー 牡12 北海道 1:49:1 藤倉寛幸 若松平
第33回 2000年5月4日 札幌 1700m 14頭 オースミダイナー 牡13 北海道 1:45:9 藤倉寛幸 若松平
第34回 2001年9月19日 旭川 1600m 10頭 ヤマノジェネラス 牝4 北海道 1:41:5 齋藤正弘 米川伸也
第35回 2002年10月31日 門別 1800m 10頭 ツギタテヒカリ 牡5 北海道 1:54:3 齋藤正弘 米川伸也
第36回 2003年10月2日 門別 1800m 7頭 タイクラッシャー 牡7 北海道 1:54:9 服部茂史 林正夫
第37回 2004年10月14日 門別 1800m 12頭 スローンフォル 牡6 北海道 1:58:2 五十嵐冬樹 桑原義光
第38回 2005年10月13日 旭川 2100m 12頭 バンブーボカ 牡5 北海道 2:18:5 宮崎光行 林和弘
第39回 2006年9月28日 旭川 2100m 6頭 サンマルアンサー 牝5 北海道 2:16:4 佐々木国明 柳澤好美
第40回 2007年9月13日 旭川 2100m 10頭 ギルガメッシュ 牡4 北海道 2:17:2 井上俊彦 角川秀樹
第41回 2008年10月9日 旭川 2100m 10頭 コンテ 牡5 北海道 2:17:8 五十嵐冬樹 角川秀樹
第42回 2009年10月21日 門別 1800m 14頭 コパノカチドキ 牡6 北海道 1:56:7 桑村真明 角川秀樹
第43回 2010年10月19日 門別 1800m 14頭 カゼノコウテイ 牡7 北海道 1:53:7 坂下秀樹 山田和久
第44回 2011年10月19日 門別 1800m 12頭 リフレックス 牡6 北海道 1:54:5 井上俊彦 原孝明
第45回 2012年10月18日 門別 1800m 12頭 リアライズノユメ 牝4 北海道 1:52:8 坂下秀樹 佐久間雅貴
第46回 2013年10月17日 門別 1800m 11頭 バルーン 牡6 北海道 R1:51:4 井上俊彦 林和弘
第47回 2014年10月15日 門別 1800m 9頭 ウルトラカイザー 牡6 北海道 1:52:3 井上俊彦 林和弘
第48回 2015年10月14日 門別 1800m 11頭 グランプリブラッド 牡6 北海道 1:55:7 服部茂史 田中淳司
第49回 2016年10月12日 門別 1800m 10頭 オヤコダカ 牡4 北海道 1:54:9 石川倭 米川昇
第50回 2017年10月11日 門別 1800m 7頭 ドラゴンエアル 牡6 北海道 1:54:8 服部茂史 田中淳司
第51回 2018年10月17日 門別 1800m 5頭 スーパーステション 牡4 北海道 1:53:3 阿部龍 角川秀樹

脚注編集

  1. ^ 以前は北海道文化放送が優勝杯を提供し「UHB杯 瑞穂賞」と表記していたが、北海道文化放送の優勝杯はフローラルカップへ移った。

出典編集

  1. ^ a b キャンペーン”. SPAT4プレミアムポイント. 2016年10月10日閲覧。
  2. ^ 門別競馬出走馬一覧表平成28年度第13回門別競馬第5日10月12日(水) (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2016年10月10日閲覧。

各回競走結果の出典編集

参考文献編集

  • 道新スポーツ編『北の蹄音 ホッカイドウ競馬四十年史』北海道新聞社、1989年
  • 『2013ホッカイドウ競馬ガイド』北海道軽種馬振興公社(門別競馬場・各場外発売所で無料配布)